野球のリリーフピッチャーの意味とは!?【種類が多くあって、複雑です】

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

・プロ野球でよく聞くリリーフってどういう意味なの!?
・野球を見てて、セットアッパーとかワンポイントリリーフとか用語が多すぎてわからない!
・今、プロ野球のリリーフピッチャーで代表的な選手を教えてほしい



今回の記事では、上記の3つの悩みを解消していきます。




プロ野球を見ていると、わからない単語が多く飛び交って、何を言っているのかわからない時ありますよね。




その代表例が、リリーフの意味ですよね。




一言にリリーフと言っても、その中にさらに名前があったりするので、これがまた難しい。




今回はリリーフの意味やそのなかの用語の多さで悩んでいる方向けの記事になります。




信頼性の担保として、この記事を書いている私は、プロ野球観戦歴13年を超えていて、野球用語に関しては熟知しています。




そこで今回の記事では、プロ野球でよく聞くリリーフの意味について解説しつつ、記事の後半ではリリーフをさらに分類した際のそれぞれの用語の意味や、代表選手を紹介していきます。




それでは、最後までお付き合いください。




※音声ラジオで聴きたい方は下記からどうぞ。



スポンサードリンク
目次

野球のリリーフとはどういう意味!?

理由



あなたが仮にプロ野球をテレビで見ているときに、「リリーフ」という単語を聞いて意味がすぐに言えますか?




もしさらっと言えるのなら、あなたは正真正銘のプロ野球オタクですね。(わけわかめ)




その話は置いといて、意外とリリーフの意味がわからないという方が多いような印象を持っています。




Yahooの知恵袋を見ても、リリーフについて質問している方が多かったりもします。




リリーフの意味を簡単にいうと、先発ピッチャーの後に投げるピッチャーのことを指します。




リリーフの意味をいうのは簡単なのですが、問題なのはそのリリーフをさらに役割ごとに分けた時ですよね。




リリーフをさらに分けると、全部で5つありますからね。




これについては記事の後半で解説するので、閉じずについてきてくださいね。


プロ野球にリリーフという考えができたのは最近である【昔の投手はすごい】



実はリリーフという考えが広がったのは結構、最近だったりします。




例えば、現代のプロ野球では先発ピッチャーが通算で200勝すると、名球会入りといって偉大な選手として称賛されます。




しかし、一昔前は先発したピッチャーが、1回から9回まで投げ切るのが普通で、それを何度も繰り返していました。




その結果、金田正一氏はピッチャーとして通算400勝というとんでもない数字を残しました。




この記録に関しては、リリーフピッチャーという考えが広がった現代プロ野球において破られることはないでしょう。




話を戻すと、このリリーフピッチャーという考えが本格的になってきたのが、2005年あたりですね。




次で解説する、勝ちパターンというものができてからですね。



勝ちパターンというようなものもできるようになった



このリリーフという考えをさらに地位を上げて、広めていったのが勝ちパターンの確立ですね。




具体的には、2005年阪神タイガースが優勝したときに活躍したJFKという勝ちパターンですね。




これはどういう意味かというと、JFKはそれぞれ選手の頭文字(ジェフ・藤川・久保田)をとったもので、7回から順番に1人ずつ投げていきます。




このような勝ちパターンという考えが広まっていったことで、よりリリーフピッチャーが重要視されるようになりました。



野球のリリーフをさらに役割を分けると全部で5つある【図で解説します】

図を表している。



リリーフについての解説はまだこれだけでは終わらず、さらに分けていくと全部で5つあります。




図で表すと、下記のとおりです。



リリーフの説明



少し図がガタガタしてて申し訳ないのですが、リリーフをさらに分けていくとこのようになります。




それでは、この5つの役割についてそれぞれ深掘りしていきます。




抑え(クローザー)



抑えピッチャーは主に9回を投げていくピッチャーで、別名クローザーとも言われています。




しかし、9回に投げるというのは勝っている試合でなおかつ3点差以内の場面に限ります。




抑えピッチャーがどれだけ試合を締めることができたかを表す数字として、「セーブ」というものがあります。




先発投手でいう「勝ち」にあたるものなんですけど、抑えピッチャーにもおういうものがあります。




そして、セーブがつく条件が「3点差以内で勝っている試合」であるからです。




これが、抑えピッチャーの定義になります。




詳しくは下記の記事で解説しているので、合わせてお読みになると理解が深まります。







セットアッパー



セットアッパーとは、抑えピッチャーの前に投げる投手のことを言います。




投げる場面は、勝っている試合の7,8回や同点の場面ですね。




セットアッパーは結構しんどい場面で投げさせられることが多くて、抑えピッチャーほど役割や場面が固定されていないので、投げる試合も多くなります。




詳しい解説は下記の記事でしていますので、合わせて読んでいただくとより理解が深まります。








ワンポイント(ワンポイントリリーフ)



ワンポイント(ワンポイントリリーフ)とは、打者1人だけに対して投げるピッチャーの事です。




具体的には、左ピッチャーにワンポイントの役割の投手が多く、これについては左打者には左投手をぶつけるのがいいという理論から来ています。




ワンポイントの詳細については、別の記事で解説しているので、合わせてお読みになると理解が深まります。





敗戦処理



敗戦処理とは少し言葉が汚いですが、負け試合に登板する投手のことを言います。




投げる場面としては、この試合は負け試合だから早く試合を終わらせようというような場面ですね。




また、このような場面だとあまり緊張するような場面ではないので、2軍から上がってきた若手投手を試したり、故障した選手の調整登板と言ったような位置付けで投げさせることもあります。




加えて、このような場面でもしっかりと結果を残すことができれば、監督やコーチの信頼が厚くなり、勝ち試合での登板も期待できます。




なので、ピッチャーとしては例え負け試合でも決して手を抜ける場面ではないですよね。




また、敗戦処理についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事で詳しく解説しているので、合わせてお読みください。








ロングリリーフ



ロングリリーフとは、その名の通り、長いイニングを投げるリリーフピッチャーのことを言います。




ロングリリーフで使われる場面としては、先発ピッチャーが早い回で降りたときやアクシデントがあって登板しなければならない場面などが挙げられます。




ロングリリーフは結構、便利屋みたいな位置付けでとらえられていることが多く、先発も中継ぎ(リリーフ)もできると言ったような投手ではないとできない役割になってます。



スポンサードリンク

プロ野球のリリーフ投手において代表的な選手を挙げてみた

代表を表している。



最後に、日本プロ野球界でリリーフにおける代表的な選手を挙げていきます。




これは結構、悩みに悩み抜いたのですが、私が思う代表的なリリーフ投手は下記の4人ですね。




・藤川球児(阪神タイガース)

・山崎康晃(横浜DeNAベイスターズ)

・浅尾拓也(元中日ドラゴンズ)

・山口鉄也(元読売ジャイアンツ)




それでは、上記の4人の選手をそれぞれ解説していきます。



藤川球児(阪神タイガース)




リリーフ投手の地位を上げたJFKの勝ちパターンの一角を担っていた選手になります。



打者の手元で浮き上がるストレートが魅力で、「火の玉ストレート」とも言われています。




ちなみに、2020年現在も阪神タイガースの抑え投手として活躍しています。




山崎康晃(横浜DeNAベイスターズ)



横浜DeNAベイスターズの抑えでもあり、日本代表の抑えでもある選手になります。




ツーシームという打者の手元で落ちる球と150km/hを超える速球を武器にDeNAの抑えとしての地位を確立しています。




ツーシームの具体的な解説については、下記に記事で詳しく解説しています。





浅尾拓也(元中日ドラゴンズ)



2018年シーズンをもって引退した選手ですが、全盛期のストレートは先ほど紹介した藤川選手にも劣らないものでしたね。




また、顔もイケメンなので、女性ファンからもとても人気な選手でしたね。(この解説はいらないかも🤭)




山口鉄也(元読売ジャイアンツ)




山口選手の2017年に現役を引退した選手になるのですが、このピッチャーもなかなか打てない投手でしたね。




全盛期は、ジャイアンツでスコット鉄太郎(マシソン・山口・西村)という勝ちパターンの一角で活躍しました。




また、9年連続60試合以上登板というとんでもない記録も打ち立て、怪我をほとんどしない投手でもありました。



野球のリリーフピッチャーの意味とは!?:まとめ

スポンサードリンク

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

今回の記事の重要POINT
  • リリーフとは、先発の後に投げるピッチャーのことである。
  • リリーフの中にも、細かく分けると全部で5つある。
  • 一気に全部覚えるのではなく、一つずつ覚えていきましょう。



今回の記事を読んで、プロ野球でよく耳にするリリーフについてしっかりと意味を理解できたでしょうか。




この記事を読むことで、プロ野球観戦の際に「リリーフ」という単語が出てきても、戸惑うことはありませんね。




プロ野球界は日々進化しているので、もしかしたら、この先新たな役割のピッチャーが出てくるかもしれません。




そして、リリーフピッチャーの役割が数多くあるというのは、まさにプロ野球界が日々進化していることが、そのまま現れていますよね。




なので、プロ野球界が進化しているということは、見ているファンも進化し続けないといけない。




すなわち、常にアンテナを立てて情報を集めていくことが必要になりますね。




まだまだ言いたいことはありますが、少し話がずれてきているので、この辺で失礼させていただきます。




また次の記事でお会いしましょう。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる