【阪神】岩崎優の球種を徹底解析!!【虎の魔術師】

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

阪神タイガースの岩崎選手のファンです。一つ質問があって、岩崎投手が投げられる球種はなにがありますか!?プロ野球に詳しい方にぜひ教えていただきたいです。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事で分かること

  • 【阪神】岩崎優が投げることが出来る球種について
  • 【阪神】岩崎優が持つポーカーフェイスについて
  • 【阪神】岩崎優がなぜ少ない球種で抑えられるのかについて

 

現在、阪神タイガースのセットアッパーとして活躍している岩崎投手。

 

バッターの手元で浮き上がるストレートとブレーキの効いたチェンジアップが武器の左腕で、ポーカーフェイスが大きな特徴の投手です。

 

本記事では、岩崎投手の球種についてあらゆるところから深堀していこうと思います。

 

記事の本筋に入る前に私のポジションを明らかにしておきます。

 

信頼性の担保

  • 阪神ファン歴13年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で140記事以上を執筆
  • 月刊閲覧数は6000PV超(上位10%代)

 

今回の記事では、阪神岩崎投手の球種について解説しつつ、記事の後半では阪神岩崎投手がなぜ少ない球種で抑えられるのかも深堀していきます。

 

それでは、記事の最後までお付き合い下さい。

 

スポンサードリンク
目次

【阪神】岩崎優の球種について徹底解析

 

岩崎投手の持っている球種については、下記の通り。

 

・ストレート

・スライダー

・チェンジアップ

・フォーク

 

上記の変化球について、いまいちわからないという方もいるかと思います。

 

そのような方向けに変化球の特徴をまとめた記事があるので、合わせて読んでおきましょう。

 

【完全版】野球の変化球一覧まとめ【オリジナル変化球も徹底解説】

>>【完全版】野球の変化球一覧まとめ【オリジナル変化球も徹底解説】

 

それでは、岩崎投手の持っている球種について深掘りしていきます。

 

【阪神】岩崎のストレートは通称「ライジングストレート」と言われている

 

岩崎選手が投げるストレートは、他の選手と少し異なります。

 

具体的には、バッターの手元で浮き上がるようなストレートを投げ込みます。

 

また、球速表示以上の体感速度を感じるため、ストレートのスピン量はとても多いです。

 

文字だけでは少し想像しづらいと思うので、動画で確認してみましょう。

 

 

岩崎投手のストレートを見ると、球速以上のノビを感じるのがと思います。

 

岩崎選手の平均球速は140km/h台中盤ですが、スピンが効いていることで体感速度は150km/hを超えると言われています。

 

なので、ストレートの球速は平均的ですが、なかなか捉えづらいボールであることがわかりますね。

 

なぜ、ストレートが浮き上がるのか!?

 

これには、岩崎投手の投球フォームに秘密があります。

 

具体的には、下半身主導の粘りのある投球フォームでリリースポイントがより前に置けるところですね。

 

実際に見てみましょう。

 

 

控えめに言ってすごいですよね。

 

股関節痛くないんですかね!?

 

しかし、この投球フォームのおかげでストレートにスピンが効いて、なかなか捉えることができないストレートを投げることができます。

 

また、浮き上がるストレートといえば藤川球児選手が頭に思い浮かぶと思います。

 

しかし、リリースポイントや投球フォームなどを考慮すると、藤川選手とはまた違ったストレートということができますね。

 

このように、比較してみると新たな発見があったりするので、興味のある方はこれをやってみてください。

 

スライダーは曲がりがとても大きい

 

岩崎投手は、スライダーをカウント球と決め球の両軸で使用しています。

 

また、岩崎投手のスライダーは曲がりがとても大きいですね。

 

例えると、岩田投手のスライダーに近いかもです。

 

見てみましょう。

 

 

スライダーを見てみると分かる通り、曲がりが大きいですよね。

 

そして、決め球としても十分に扱えるので岩崎選手の持ち球の中でも武器になるボールと言えるでしょう。

 

決め球は基本的にチェンジアップ(たまにフォークを投げる)

 

岩崎選手の決め球は基本的には、チェンジアップになります。

 

このボールは岩崎選手のストレートがあってこその変化球になりますね。

 

スピンの効いたノビのあるストレートとブレーキの効いたチェンジアップのコンビネーションは、相手打者にとってはなかなか手を出しづらい。

 

また、決め球に関していうとフォークもたまに投げます。

 

しかし、数で言うと少なめなので野球観戦をしていてあまり見ることはないですね。

 

なので、基本的には決め球はチェンジアップという認識でいいでしょう。

 

少し、話が変わります。

 

選手の持ち球が分かると、野球観戦をしていて「どの変化球か分からない」ということがなくなります。

 

なので、余裕のある方は「選手の持ち球」を覚えておくといいですよ。

 

また、野球観戦についての方法論は当サイト(プロ野球観戦の巣)に解説記事があります。

 

下記にまとめておくので、ぜひ合わせて読んでおきましょう。

 

野球観戦の楽しみ方を徹底解説!!【野球観戦を初めて13年になります】

>>野球観戦の楽しみ方を徹底解説!!【野球観戦を初めて13年になります】

プロ野球がつまらないと言われる理由【野球観戦歴13年の立場から解説します】

>>プロ野球がつまらないと言われる理由【野球観戦歴13年の立場から解説します】

スポンサードリンク

【阪神】岩崎優はなぜ少ない球種で抑えることが出来るのか!?

 

ここからは、阪神タイガース・岩崎投手の球種について少し深掘りしていきます。

 

具体的には、なぜ少ない球種で抑えることができるのかについてです。

 

これについては、大きく3つの理由があります。

 

・そもそもストレートが特殊すぎるから

・チェンジアップが効果的だから

・何事にも動じないポーカーフェイス

 

それでは、上記の3つを深掘りしていきます。

 

そもそもストレートが特殊すぎるから

 

そもそもかどうかはわからないですが、岩崎投手のストレートは特殊です。

 

これについては先ほども書いた通り、岩崎投手の下半身主導の投球フォームに秘密があります。

 

さらに、それによってリリースポイントが前に置けるのは大きいですね。

 

上記からバッターの手元で浮き上がるストレートを投げることができます。

 

バッターからしたら、なかなか厄介なボールになりますね。

 

来たと思って振っても、実はバットの上をボールが通過していたなんてよくある話です。

 

それだけ岩崎選手のストレートにスピンが効いている証拠ですよね。

 

このボールを一回り目で捉えるのはなかなか難しいです。

 

チェンジアップが効果的だから

 

これも先ほどの復習ですね。

 

チェンジアップの腕の振りは、ストレートと同じ腕の振りになります。

 

そして、チェンジアップの特徴はバッターの手元でブレーキが掛かる変化球です。

 

そのため、岩崎選手のストレートはキレのあるノビのあるボールなので相性としては抜群。

 

ストレートだと思いきやチェンジアップという感じで相手打者のバッティングを崩すことができます。

 

これは、ストレートの調子が良ければ良いほど相手打者を抑える確率は上がりますね。

 

何事にも動じないポーカーフェイス

 

相手打者からしたら、ポーカーフェイスはなかなか厄介ですね。

 

なぜなら、何を考えているのかが読めないからです。

 

バッターとピッチャーの勝負に技術的な要素はもちろんあります。

 

しかし、それだけではありません。

 

そこには、心理戦があるのです。

 

そして、その心理戦を制するためにはピッチャーの表情をうかがうということをまずしなければなりません。

 

ですが、そこでポーカーフェイスだと相手の心理が読めないですよね。

 

なので、バッターは表情以外の部分で相手の心理を読み取らなければなりません。

 

心理というものを読み取るためには、表情が一番手っ取り早いです。

 

しかし、それができないとなるとバッターは苦しいですよね。

 

このような感じでポーカーフェイスは、野球において非常に重要な要素であると言えるでしょう。

 

岩崎選手には、このポーカーフェイスを個性として大事にしてもらいたいですね。

 

それでは、まとめに入ります。

 

【阪神】岩崎優の球種を徹底解析!!:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 岩崎投手の持っている球種は、ストレート、スライダー、チェンジアップ、フォークの4つである。
  • 岩崎投手のストレートはノビのあるストレトであることから「ライジングストレート」と呼ばれている。
  • 岩崎投手の決め球は基本的にはチェンジアップなどの落ちる系のボール。
  • どれも決め球になり得るので少ない球種でも効率よく抑えることができる。

 

岩崎投手の球種の数についてぶっちゃけたことを言うと少ないです。

 

しかし、一つ一つの球種がどれも精度が高く決め球にもなります。

 

先発時代は、球種の少なさもあり3巡目辺りで捉えられることが多くありました。

 

が、中継ぎでは自身の特徴を存分に活かしてセットアッパーにまで成長しています。

 

今後も阪神タイガースのセットアッパーとしていいピッチングを期待したいですね。

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

 

関連記事も合わせてどうぞ。

【阪神】ジャスティン・ボーアの評価は!?【バースの再来かも】

【阪神】金本元監督は無能だったのか!?【結論:評価が分かれます】

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる