【衝撃】バットにボールが当たらないたった3つの理由【対処法も解説】

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

この前、野球をしたんだけどバットにボールが当たらなくて困ってます。バットにボールを当てるためのコツがあれば、野球経験者の方に教えていただきたいです。

 

今回の記事ではこのような疑問に答えていきます。

 

本記事で分かること

  • バットにボールが当たらない3つの理由
  • バットにボールを当てる4つのコツ【応用編もあり】

 

少しネタバレをすると、現在バットにボールを当てられないとしてもなんの心配もありません。

 

野球をしている方はみんなここがスタートですし、私もこのような状況を経験しています。

 

本記事を最後まで読むことで、簡単にバットにボールを当てられるようになるので、ぜひ最後までご覧下さい。

 

記事の本筋に入る前に、私のポジションも明らかにしておきます。

 

信頼性の担保

  • 草野球歴9年
  • ポジションは主にピッチャー、ショート、セカンド。
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で130記事以上を執筆。

 

今回の記事では、バットにボールが当たらない理由を解説しつつ、記事の後半ではバットにボールが当たるようになるコツをあなたに伝授します。

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

バットにボールが当たらない3つの理由

バットにボールが当たらない3つの理由

 

具体的には、下記の通り。

 

・スイング時のバットとボールが離れている

・スイングスピードが遅い

・バットでボールを打つ瞬間に目をつぶってしまう

 

上記の3つの理由で、あなたはバットにボールを当てることができていません。

 

それでは、上記の3つをそれぞれ深掘りしていきます。

 

スイング時のバットとボールが離れている

 

バットでボールを打つためには、相手投手の投げるボールがどこにくるのかを予想して打たないといけません。

 

高めにボールがくるなら、バットを出す位置も高めに設定する必要があります。

 

また、同様に低めにボールが来るなら低めにバットが来るように振らないといけません。

 

しかし、上記のようにバットを振らなければいけないのは分かるけど、なかなかバットに当たらないと言う方が多いです。

 

なぜなら、自分がスイングしたときにくるバットの位置の予測と実際のスイング時のバットの位置にギャップがあるからです。

 

つまり、自分のイメージと実際スイングした時の動きと差があると言うことですね。

 

これを理解していないと、永遠にボールが当たらないです。

 

なので、まずはこのことを認識した上でバットにボールを当てるための解決策を考えていかないといけません。

 

スイングスピードが遅い

 

スイングスピードが遅いとボールをバットで捉えることは難しいです。

 

特に、速球はその分スイングスピードを上げていかないと前に飛ばないですし、当てることもままならないと思います。

 

自分のスイングスピードが早いか遅いかを確認するのに、バッティングセンターを利用するのはいいですね。

 

バッティングセンターは、様々な球速のボールを試すことができるので、スイングスピードを確認するのには絶好の機会と言っていいいですね。

 

バッティングセンターの関連記事も書いているので、合わせてどうぞ。

 

>>【あるある】バッティングセンターのバットが重いと感じる時の対処法

バットでボールを打つ瞬間に目をつぶってしまう

 

これは、野球初心者の方によく見られます。

 

私の場合は、ボールを打つときに目を逸らしたり顔がぶれたりしたことでなかなかボールを打ち返せませんでした。

 

そして、上記の2つと目をつぶってしまうことはほぼ同じと言っていいでしょう。

 

バットでボールを打つ際に目をつぶってしまうとボールを打つのは難しくなります。

 


というのも目をつぶっているわけですから、ボールは見えないですよね。

 

もちろん、ボールが見えていないと自分のスイングとボールの軌道を確認できないため、打つのはむずいです。

 

なので、バットでボールを打つ際に目をつぶってしまっているのなら、その点を意識しながら打席に入りましょう。

 

スポンサードリンク

バットにボールを当てるための4つのコツ

バットにボールを当てるための4つのコツ

 

具体的には、下記の通り。

 

・バットにボールが当たるまで目を離さない

・上から下に叩き下ろすようにスイングする

・軽めのバットでスイングする

・【応用編】相手投手の配球や変化球の曲がりを予測する

 

それでは、上記の4つをそれぞれ深堀していきます。

 

バットにボールが当たるまで目を離さない

 

これは、長くボールをみるということにつながります。

 

これができると、バットにボールが当たりやすくなります。

 

なぜなら、ボールがバットに当たるまでをしっかり目で追うからです。

 

この「目で追う」という動作が大事で、この記事を読んでいるあなたに今すぐ実践して欲しいですね。

 

本記事では「目で追う」という簡単な一言で済ませていますが、実際にはもっと奥が深いです。

 

本質から学びたいという方は、下記の動画が参考になると思います。

 

 

難しくてわからないという方は、ここでも言っている通り、まずはピッチャーのボールを「目で追う」ことから始めていきましょう。

 

上から下に叩き下ろすようにスイングする

 

イメージは、大根切りですね。

 

これをすることでバットの軌道イメージと実際の動きとのギャップを埋めることができます。

 

例えば、あなたは高めのボールと低めのボールどちらがボールを当てやすいですか?

 

もし、低めの方がバットに当てやすいという方は要注意かもです。

 

というのもこのような方が高めのボールを振ると、バットの軌道イメージと実際の動きにギャップができやすいです。

 

なぜなら、スイングの軌道が下から出るからですね。

 

このような方が高めのボールを打とうとしても、自分のイメージは高めのボール軌道にあっているはずなのに、実際は全然的外れなところをスイングしているということにもなりかねないです。

 

これを防ぐためには、正しいスイングの仕方を学んでいく必要があります。

 

ボールを空振りする大半のパターンが、ボールの下をバットが通っています。

 

なので、空振りしないためにはボール1個分上を振ることを意識すればいいです。

 

私はこれを「大根切り」と言っているのですが、これができるとボールとバットのギャップを埋めやすいです。

 

バットとボールのギャップを埋めるための本質論については、下記の動画が参考になるので、合わせて見ていきましょう。

 

 

軽めのバットでスイングする

 

これは、スイングスピード対策になります。

 

特に、速球などの早いボールに対応するためにはスイングスピードを改善しないといけません。

 

スイングスピードを改善する方法は様々あるのですが、私が推奨しているのはバットを軽くすることですね。

 

もちろん、バットを変えただけで野球はうまくなりません。

 

しっかりとした野球の下地があっての方法になります。

 

ですが、今まで重いバットを使っていた方が軽めのバットに変えることでスイングが変わるということはよくある話です。

 

それだけバット選びは重要であり、スイングスピードの改善にも即効性があります。

 

それでは、読んでいきましょう。

 

スイングスピードを上げるならジュラルミン製のバットがオススメ

 

ジュラルミン製のバットと聞いて、あなたはピンときますか?

 

簡単いうと、ボールを打った際に「カキーン」という音がなる金属バットですね。

 

ジュラルミン製のバットはコスパも良く、バットも軽いものが多いので、安定したスイングスピードを保つことができます。

 

初心者の方だとあまりバットにお金をかけたくないという人も多いと思うので、そのような方にはいいかと思います。

 

ジュラルミン製のバットを選ぶなら、品揃え豊富なスポーツゼビオで選ぶのがいいですね。

 

「ジュラルミン製 バット」と検索するといろいろと出てくるので、そこから選ぶといいです。

 

バットごとにそこまで差はないので、自分が気に入ったデザインや値段がやすいものを選ぶようにしましょう。

 

スポーツゼビオで購入する際は、下記からどうぞ。

 

>>スポーツ用品【スーパースポーツゼビオ】

 

もう少しバットに投資できるならローリングス・ハイパーマッハエアー!!

 

中には、もう少しお金を出していいバットを買いたいという方もいるかと思います。

 

そのような方にオススメなのが、ローリングスが出しているハイパーマッハエアーですね。

 

元々ハイパーマッハシリーズはバットの軽さを前面に出しているバットになります。

 

なので、重すぎてバットが振れないということはないです。

 

そして、最新作になるハイパーマッハエアーはその軽さに加えて、さらに性能upさせたバットになります。

 

ハイパーマッハエアーなら野球経験者はもちろんのこと、初心者の方でも十分に扱えるので、バットにお金をかけたいという方はこちらをどうぞ。

 

 

試打レビューもしているので、合わせてお読みください。

 

>>【試打】ハイパーマッハエアーの評価【アベレージor長距離どちらでもいけます】

 

【応用編】相手投手の配球や変化球の曲がりを予測する

 

これは、ある程度野球経験がある人向けの方法になります。

 

ここで一つ質問があります。

 

相手投手の投げるボールや投げるコースが、ある程度わかれば打てるようになると思いませんか?

 

この答えを言うと、もちろんyesです。

 

そして、バッティングに長けている人の大半は相手投手の配球を読むと言うことを行っています。(感覚で打っている人もいます。)

 

相手の配球を読めるようになるためには、多くのピッチャーと対戦する必要があります。

 

また、常に相手ピッチャーの癖やフォームを研究する勤勉さも必要となるでしょう。

 

一見、大変そうではあるもののここから相手ピッチャーの傾向がわかると、バッティングもだいぶ楽になります。

 

もう一つアドバイスをすると、相手ピッチャーのその日で一番いいボールを認識しておくのも大事ですね。

 

その日の一番いいボールは、その試合で何度もお目にかかる可能性が高いからです。

 

つまり、狙い球としては有効ですよね。

 

と言う感じで配球を学ぶといろいろとアイデアが浮かぶようになるので、その分ピッチャーの攻略も容易になります。

 

中上級者の方は、ぜひ試してみてください。

 

ゾーンを絞って打つのもあり

 

相手投手のボールではなく、コースで狙い球を絞るのもありですね。

 

つまり、インコースを狙うのかアウトコースを狙うのかと言った具合ですね。

 

どのようなボールが来るのかを予想できると、バッティングが簡単になると言うことは言いましたよね。

 

それと同様にコースを絞れるようになると、いとも簡単にボールを弾き返せるようになります。

 

この「コースを読む」と言うことも簡単にできるようなことではないですね。

 

相手ピッチャーと対戦する機会を多くすることや状況判断ができるようになることなど、必要となる要素は多いです。

 

しかし、練習試合でも試合でもなんでもそうですけど、打席に入るときに常に意識すればノウハウは蓄積されていきます。

 

このノウハウがコースの読みにつながったり、配球を読むことにつながるので余裕のある方はやってみても面白いと思いますよ。

 

それでは、まとめに入っていきます。

 

【衝撃】バットにボールが当たらないたった3つの理由:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • バットにボールが当たらない理由は大きく3つあり、その中でも自分のイメージと実際の動きとのギャップによるものが大きい。
  • バットにボールを当てるコツは、ボールを長く見ることやスイング軌道の修正などがある。
  • 野球経験がある方は、上記の方法に加えて配球を読むことができれば、ボールを当てる確率はグッと上がる。

 

野球をこれから始めようとしている方で最初にぶち当たるのが、「バットにボールが当たらない」ことだと思います。

 

これは、現在野球をしている方、そしてプロ野球で活躍している方も含めて、ほぼ全ての人が通る道ではないでしょうか!?

 

私も草野球経験がありますが、バットを振ってもまったくボールが当たらない時期はもちろんありました。

 

しかし、野球を継続していくうちにだんだんと慣れていきますし、バッティングセンターを利用すればボールの早さになれることも可能です。

 

本記事で紹介した内容は、上記に加えて+αの知識として頭に入れておくと、あなたの野球経験にプラスになるものばかりなので、ぜひ頭の中に叩き込んでおきましょう。

 

本記事があなたのバッティングスキルの向上につながれば嬉しいです。

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球ライフをお送りください。

 

関連記事も合わせてどうぞ。

 

果たしてバットは重い方が飛ぶのか!?【結論:半分正解です】

【あるある】バッティングセンターのバットが重いと感じる時の対処法

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる