【あるある】バッティングセンターのバットが重いと感じる時の対処法

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

この間バッティングセンターに行ってきたんだけど、バットが重すぎて振ることが出来なかったよ。こういう時どうしたらいいのか野球経験者の方に聞きたいです💦

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事で分かること

  • バッティングセンターのバットが重い時の対処法
  • なぜ、バッティングセンターのバットが重いとダメなのか
  • 自分に合うバットの選ぶ時のコツ

 

バッティングセンターで練習をしていると、意外とバットが重すぎるという問題に直面しますよね。

 

本記事では、このような悩みを解決していきますので、最後まで目を離さずお読みください。

 

記事の本筋に入る前に、私のポジションを明らかにしておきます。

 

信頼性の担保

  • 草野球歴9年
  • ポジションは主にピッチャー、ショート、セカンド。
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で130記事以上を執筆。

 

今回の記事では、バッティングセンターのバットが重い時の対処法について解説しつつ、記事の後半ではなぜバッティングセンターのバットが重いとダメなのかについても深堀していきます。

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

バッティングセンターのバットが重いと感じる時の対処法

バッティングセンターのバットが重いと感じる時の対処法

 

結論から言うと、バットが重いと感じるのは2つのケースがあります。

 

具体的には、下記の通り。

 

・バットを正確に選べていない

・バッティングセンターに自分にあうバットが置いていない

 

上記の2つが、バットが重いと感じてしまうケースになります。

 

それでは、2つのケースごとに対処法を解説していきます。

 

バットを正確に選べていない時の対処法

 

結論を言うと、打席に入る前に素振りをしてみるといいです。

 

このケースに直面してしまう人によくあるのが、打席に入る前に素振りをしていないことです。

 

加えて、バットの重さを考えずに何となくバットを選んでしまうという方もこのケースに該当しますね。

 

なので、このような人は一度打席に入る前に素振りをすることをおすすめします。

 

ちなみにどれくらいのバットが良さげなのかと言うと、「少しバットが軽いかな」というぐらいがちょうどいいと思います。

 

私もこれを基準にバットを選んでいるので、この選び方で的外れなバットを選んでしまうということはほとんどないでしょう。

 

バッティングセンターに自分に合うバットが置いていない時

 

この場合は、マイバットを持っていくのがいいでしょう。

 

この記事を読んでいる人の中には、マイバットをバッティングセンターに持参している人もいるかと思います。

 

マイバットを使うことで普段と変わらずバッティング練習ができるので、自分のルーティンを崩したくないという人にはいいですね。

 

しかし、注意点があります。

 

それは、マイバットを使いすぎるとバットの劣化が早くなることです。

 

バッティングセンターのボールは少し硬く作られています。

 

また、ボールの回転数も多くなる傾向にあるので、バットへの衝撃が大きくなりがちです。

 

そのため、マイバットを使いすぎるとバットがへこんだりしてしまうので、それが嫌な方は避けた方がいいかなと思います。

 

なので、マイバットを使うにしてもほどほどにしておくのがいいでしょう。

 

もしマイバットを使うなら練習用のものを使う

 

バッティングセンターでマイバットを使うなら、練習用のバットを別で用意しておくといいです。

 

また、練習用のバットを選ぶ際には試合で使うバットと似た形状のものを選ぶといいでしょう。

 

高価なバットだと同じものを2本買うのは経済的にもきついと思うので、重さや長さが似ているもので、かつ、コストが低いものを選ぶのがいいです。

 

練習用のバットに関しては、品ぞろえが豊富でコスパの良いバットが多く売っているスポーツゼビオで購入するのがいいでしょう。

 

スポーツ用品【スーパースポーツゼビオ】

 

 

ネットなら手軽で簡単に購入が出来るので、手間を省きたい人はこちらから購入することをオススメします。

 

【アドバイス】バットを短く持って打つのは効果的

 

マイバットではなく、今置いてあるバットで何とかしたいという方はバットを短く持ちましょう。

 

バットを短く持つことで重いバットでも少ない力でスイングができます。

 

また、スイングスピードもその分早くなるのでボールをとらえやすくもなります。

 

なので、今あるバッティングセンターのバットで何とかしたいという方は、バットを短く持って練習してみましょう。

 

バットを短く持つと自然とボールをじっくり見る時間が長くなるので、いい練習になりますよ。

 

その際、頭の中で「芯でとらえる」という意識を持つといいでしょう。

 

【最終手段】バッティングセンターを変えてもいい

 

これは、最終手段ですね。

 

上記の2つのケースで対処法を解説してきましたが、どれもあまり効果がないのであれば店ごと変えてしまうのもありですね。

 

時間は有限なので、くよくよする前にスパッと変えちゃうのがいいです。

 

バッティングセンターを変えることで自分に合ったバットに出会える可能性もありますし、前より練習しやすい環境である可能性も高まります。

 

不便な環境で練習するよりも、快適な環境で練習するようにしましょう。

 

その方が、その後の野球技術の伸びが断然違いますからね。

 

時には思い切った選択をするのも大いにありです。

 

スポンサードリンク

なぜバッティングセンターのバットは重いといけないのか!?

なぜバッティングセンターのバットは思いといけないのか

 

ここまで、バッティングセンターのバットが重い時の対処法を解説してきましたが、これにはわけがあります。

 

というのも、重いバットを振り続けるのは非常にリスクがあるからです。

 

そこで、ここではなぜバッティングセンターのバットが重いといけないのかについて深堀していきます。

 

重すぎるバットを振ると身体を痛める

 

重いバットを振り続けると、身体に負担がきます。

 

具体的には「果たしてバットは重い方が飛ぶのか!?【結論:半分正解です】」で解説しているのですが、私の経験上腰を痛めてしまう原因になりやすいです。

 

身体を痛めてしまうと本末転倒なので、重いバットを振り続けるのはあまりおすすめしません。

 


私の二の舞にならないように気をつけてください。

 

バッディングの練習にならない

 

重いバットを振っても、バッティング練習にはならないです。

 

なぜなら、自分の満足のいくようなスイングができないからです。

 

そもそも、バッティング練習をするのに気持ちよくバットが振れないと意味ないですよ。

 

「重いバットを振ることはパワーをつけるのにはいい」という人もいますが、私はこの意見に賛同しないですね。

 

確かにパワーはつくかもしれませんが、案外パワーがついたと錯覚してるだけかもしれませんよ。

 

よくマスコットバットを振ったあとに試合用のバットを振ると、軽く感じると思います。

 

あれは、ただ単に重いものを持った後に軽いものをもつとすごく軽く感じるケースと同じパターンになります。

 

なので、実際にはそこまでパワーはついていないです。

 

となると、重いバットを振り続けるのはあまり効率的では無いですよね。

 

つまりここで言いたいことは、できるだけ重いバットでバッティング練習するのはやめましょうということ。

 

理由は、気持ちよくバットが振れないため練習にならないからです。

 

重いバットの振り過ぎで変なくせがつく

 

これも意外とよくあります。

 

重いバットに慣れるとそのバットに合ったバッティングフォームに自然となります。

 

これからその重いバットを持ち続けるならまだしも、そうでないなら注意が必要です。

 

なぜなら、その重いバットに適したバッティングフォームになるからです。

 

つまり、自分が持っているバット目線で言うと変なくせがついてしまうと言っていいでしょう。

 

こうなってしまうと、フォームをなおすのにけっこう時間がかかるんですよね。

 

なので、できるだけ自分が持っていて重いと感じるバットで練習するのはやめておきましょう。

 

また、逆もしかりということもここでは言っておきます。

 

軽すぎるバットも同様に変なくせがついてしまうので、頭に入れておきましょう。

 

結論、適度に軽いバットで練習しましょうということです。

 

【補足】重いバットを振ったからといってホームランボードに当たるわけではない

 

軽いバットでもホームランボードに当てることはできます。

 

スイングスピードもある程度あって、芯に当てることができるなら、ホームランボードまでボールを運べます。

 

何度も言うように、決して重いバットだから打球が飛ぶわけではないです。

 

これについては下記の記事で解説しているので、合わせて読んでおきましょう。

 

果たしてバットは重い方が飛ぶのか!?【結論:半分正解です】

>>果たしてバットは重い方が飛ぶのか!?【結論:半分正解です】

 

バッティングセンターでバットを選ぶ際は、重いバットではなく何度も言う通り、「少し軽いかな」ぐらいのバットを選ぶといいですね。

 

本記事を何度も読み返して、バッティングセンターの効率的に利用する方法を頭の中に叩き込んでいきましょう。

 

【あるある】バッティングセンターのバットが重いと感じる時の対処法:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • バッティングセンターのバットが重いと感じるケースは主に2パターン。(バットの選び方とそもそも合うバットが置いていない)
  • 対処法はそれぞれあるが、最悪利用するバッティングセンターを変えるのもあり。
  • 重いバットを振り続けるとメリットよりもデメリットの方が多いので、あまりおすすめしない。

 

バッティングセンターのバットが重いと普段通りにスイングできない時がありますよね。

 

こういう現象は意外とあって、私自身もこのような問題に直面することがあります。

 

この時の対策法を本記事では解説してきましたが、やはり無理して重いバットを振り続けるのはよくないかなと思います。

 

これについては「果たしてバットは重い方が飛ぶのか!?【結論:半分正解です】」で解説しているのですが、身体的にも技術的にもあまり良くないと考えています。

 

なので、最悪バッティングセンターを変えることを視野に入れるのもいいかなと思います。

 

せっかくバッティングセンターでお金を出して練習するのですから、快適なバッティング練習ができないと意味がないです。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

本記事を通して、あなたの悩みを少しでも解決出来たら嬉しいです。

 

という感じて今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球ライフをお送りください。

 

関連記事も合わせてどうぞ。

 

【2020年】軟式バットの選び方ロードマップ【初心者から上級者まで】

【試打】ハイパーマッハエアーの評価【アベレージor長距離どちらでもいけます】

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる