果たしてバットは重い方が飛ぶのか!?【結論:半分正解です】

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

・今度バットを買おうと思ってるけど、重い方がよく飛ぶって聞くな…。だけど実際はどうなのかよく分からないから、野球経験者の方にこの辺を教えていただきたいです。

 

今回の記事ではこのような疑問に答えていきます。

 

本記事で分かること

  • 「バットは重い方が飛ぶ」とは一概には言えないということ。
  • バットの重さよりもスイングスピードが重要であるということ。
  • バットの重くしすぎはあまりよくないということ。

 

世間的にバットは重い方が飛ぶという風潮がありますが、実際にはそうだと一概には言えないです。

 

記事の本筋に入る前に、私自身のポジションを明確にしておきますね。

 

信頼性の担保

  • 草野球歴9年
  • ポジションは主にピッチャー、ショート、セカンド。
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で130記事以上を執筆。

 

今回の記事では、バットは重い方が飛ぶのかどうかについて解説しつつ、記事の後半ではバットをあまり重くしすぎるとよくない話にまで深堀していきます。

 

それでは、記事の最後までお付き合い下さい。

 

スポンサードリンク
目次

バットは果たして重い方が飛ぶのか!?

バットは果たして重い方が飛ぶのか

 

結論から言うと、飛距離はのびます。

 

ボールを遠くに飛ばすためには、バットの重さ、長さ、スイングスピードの3つの指標が大きく関係してきます。(厳密には他にもある)

 

そして、この3つの要素が共に大きくなることで飛距離もその分のびていきます。

 

しかし、ここで注意が必要です。

 

先ほど、「飛距離はのびる」と言ったものの、必ずではないです。

 

詳しく解説していきます。

 

バットが重くなればスイングスピードは落ちる

 

バットを重くすればいいってものではないです。

 

というのも、普通に考えるとバットの重さが増えれば増えるほどスイングスピードは下がりますよね。

 

元々、パワーに自信があってバットの重さを増やしても変わらないと言うならそんなことはないですが、大半はスイングスピードが落ちます。

 

つまり、スイングスピードが落ちることで「結局バットを重くする前とあまり飛距離が変わらない」という悲しい現実を目の当たりにする可能性が非常に高くなります。

 


なので、バットを重くしたからと言って一概に飛距離がのびるとは言えないです。

 

意外とバットは少し軽めの方が飛ぶ

 

不思議なことに、軽いバットの方が飛距離をのばしやすいということはよくある話です。

 

なぜなら、スイングスピードが重い時よりもはやくなるからです。

 

なので、わざわざバットを重くしなくても、スイングスピードが落ちない軽めのバットでボールを芯で捉えられたら飛距離はのびます。

 

実際に、重めのバットと軽めのバットで飛距離がどれくらい違うのかを試した動画があるので、見てみましょう。

 

 

この動画でも言っている通り、軽いバットでもスイングがしやすい、かつ、しっかりとボールを捉えられたら飛距離はのびていくことがわかるでしょう。

 


もしかしたら、この時点であなたの既成概念がぶっ壊れたかもしれませんね(笑)

 

バット性能や素材も飛距離に大きく関係している

 

最近のバットはとても優秀なんですよ。

 

先ほど、飛距離に大きく関係する3要素を挙げさせていただきました。

 

しかし、ここにひとつ付け加えたいと思います。

 

それは、バットの性能です。

 

「いやいや、そんなことないだろ」

 

「お前何言ってんだよ」

 

そう思われる方もいるかもしれませんが、これは事実です。

 

バットの種類によって性能はそれぞれ違いますし、もちろん飛距離も大きく異なってきます。

 

具体的なおすすめのバットは「【2020年】軟式バットの選び方ロードマップ【初心者から上級者まで】」で解説しているのですが、少しネタバレしますね。

 

本記事を読むあなたは、飛距離を追い求めていることでしょう。

 

そんなあなたには、ミズノが出しているビヨンドマックスギガキングがいいでしょう。

 

打球部がウレタンで作られているので、打った感じはボールとバットの間にクッションがあるんじゃないかってぐらい柔らかいです。

 

この打感は少し賛否両論あるのですが、飛距離に関しては本物ですね。

 

小柄な小学生でもあそこまで飛ばせるので、チートバットと言っても過言ではないですね(笑)

 

いずれにせよ、飛距離を追い求めるならビヨンドマックスギガキング一択でしょう。

 

ぜひ手に取ってみたい方は、下記からどうぞ。(ネットの方が安価でお得です。)

 

 

スポンサードリンク

バットを重くしすぎるのはあまりよくない話【限度がある】

バットの重くしすぎはよくない

 

このタイトルの通りです。

 

バットを重くしすぎると、いいことはないです。

 

「振りにくい」、「身体痛める」、「手の皮むける」って感じで悪いことしかないです。

 

私も一時期飛距離を求めて重めのバットを使っていましたが、身体を痛めてすぐに断念しました。

 

つまり、自分の身体に合わない質量のバットを使うと、負担が大きいです。

 

これが負傷の原因になったりするので、バットの重すぎには注意しないとですね。

 

【事例】マスコットバットで素振りのし過ぎは身体を痛める

 

あなたはマスコットバットって知っていますか?

 

プロ野球だとネクストバッターズサークルで振ってたりするバットですね。

 

マスコットバットは、元々素振り用のバットで少し重めに作られています。

 

マスコットバットを素振りで振ることで、野球筋を鍛えたり、スイングスピードの向上が期待できます。

 

しかし、これもやりすぎはよくないですね。

 

私のように、重いバットを振って身体を痛めるということになりかねないですからね。

 

気をつけましょう。

 

自分の本来のバッティングスタイルを見失う

 

これは、意外とよくある話です。

 

というのもバットが重いと本来のスイングができなくなります。

 

それは、スイングスピードが下がるなど色んな要因が重なって起きることです。

 

しかし、人間は順応する生き物であるということは周知の事実だと思います。

 

そして、同じくバットの重みに対してもスイングしているうちに徐々に順応していきます。

 

良い方に順応していけばよいですが、問題なのは悪い方に順応した時ですよね。

 

そうなると、本来のバッティングスタイルを見失ってしまうということに繋がります。

 

また、これはマスコットバットにも言えます。

 

つまり、マスコットバットの振り過ぎで変なくせがついてしまい、本来のバッティングスタイルを見失うという危険性も大いにあります。

 

なので、マスコットバットを振る際も極端に数をこなすのではなく、適度にやることが大事です。

 

バットは重ければいいってものでは無いということを十分に意識していかなければいけません。

 

自分にとって適切なバットの選び方

 

1番早いのは、実際にバットを振ってみることですね。

 

また、大手のスポーツ用品店だとバットを試打させていただけるので、そこを利用するのもありです。

 

加えて、当サイトでは軟式バットの選び方についての記事を書いています。

 

>>【2020年】軟式バットの選び方ロードマップ【初心者から上級者まで】

 

 

この記事を読むだけで自分にどのバットがあっているか、そしてどんなバットを選ぶべきかがすぐに分かるので、悩んでいる方は今すぐにでも読んでおきたい記事ですね。

 

バット選びというものは非常に重要で、あなたの野球生活を左右させると言っても過言ではないです。

 

なので、バット選びをミスってしまうと野球成績にも影響してきます。

 

実際にバットを振ってみて「これだ!」と思えるものに出会うことが1番なので、本記事を通してそのための知識をつけていくのがいいですね。

 

また当サイト(プロ野球観戦の巣)では、現在野球をされているあなたにとって、有益な情報がつまっているので、ひとつ残らず吸収していきましょう。

 

本記事が、あなたの野球スキルを上げる1つのきっかけになれば嬉しいです。

 

果たしてバットは重い方が飛ぶのか!?:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • バットを重くすると飛距離はのびるのは事実である。(スイングスピードを下げないことが前提)
  • バットを重くしすぎると身体に負担が大きくなるため、リスクはある。
  • 本来のバッティングスタイルを見失う危険性もある。
  • 結論、少し軽めのバットを使うのが飛距離をのばす近道であったりする。

 

一見バットが重いと飛距離はその分のびていきそうな気がします。

 

それは正解なのですが、あくまで理論上の話で実際はそんなことないです。

 

具体的には、バットが重くなればなるほどスイングスピードというのは下がっていきます。

 

「バットは重い方が飛ぶ」という話は、スイングスピードが変わらないという仮定があっての理論であることを理解しておかないといけません。

 

しかし、ここで絶望するのははやいです。

 

最近は、バットの性能が年々向上しています。

 

特に、ミズノが出しているビヨンドマックスギガキングはそこまで重さを感じることなくふることができ、飛距離ものばせます。

 

バットが重すぎず、飛距離をのばしたいというあなたのニーズに答えられるので、ぜひ手に取ってみてください。(店舗よりネットの方が安価でお得です)

 

 

試打レビューも執筆しているので、詳しく知りたい方は下記からどうぞ。

 

【試打】ビヨンドマックスギガキングの評価【マジで神バットすぎる】

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球ライフをお送りください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる