2022年プロ野球公式戦の視聴方法チェック

2020年阪神タイガースのレギュラー争いは熾烈!【開幕スタメンも予想してます】

争いを表している。
  • URLをコピーしました!
お悩みくん

・2020年シーズンの阪神タイガース開幕スタメンはどんな感じなんだろう?
・阪神タイガースの野手陣のレギュラー争いはどんな感じになるのだろう?



今回の記事では、上記の悩みを解決していきます。




2020年シーズン開幕まで1ヶ月を切りました。

*開幕が延期する場合もあり、これについては下記の記事で解説しています。

そうなると、どの選手が定位置のレギュラーを握るのか気になるところですよね。




記事の内容に入る前に、この記事を書いている私は阪神ファン歴13年になり、阪神タイガースの選手については熟知しています。




また、本ブログでも阪神の情報を中心に、6ヶ月ほど情報発信しているので、信頼性は多少なりともあるはず。




そこで、今回の記事では阪神の確定位置のレギュラー争いについて解説しつつ、記事の後半では、2020年シーズンの開幕スタメンについても解説していきます。



スポンサードリンク
目次

2020年阪神タイガース野手陣の各定位置レギュラー争い

争いを表している。



2020年3月1日現在、春季キャンプが終わってオープン戦が本格的に始まりました。




2020年阪神タイガースの春季キャンプについては、下記の記事で解説しているので、合わせてお読みください。







オープン戦が本格化するのと同時に、各守備位置のレギュラー争いが激しくなっていきますよね。




では、ここで各守備位置のレギュラー争いについて、2020年3月1日現在の情報を元に解説していきます。




捕手のレギュラー争い



阪神タイガースの捕手陣のメンバーについては下記のとおりです。



・梅野隆太郎

・坂本誠志郎

・原口文仁

・片山雄哉



阪神の捕手陣に関していうと、二番手以降のキャッチャーが欲しいところですね。




この中で言えば、坂本&原口両選手の一騎討ちになるという感じですね。




しかし、個人的には片山選手も気になるところですね。




守備はまだまだですが、打撃に関してはセンスを感じるので、打の捕手として最前線で戦っていくのもありですね。




一塁手のレギュラー争い



阪神タイガースの一塁手のレギュラー争いのメンバーについては下記のとおりです。



・ジャスティン・ボーア

・大山悠輔

・陽川尚将

・ジェフリー・マルテ



上記のメンバーが、一塁手を争う選手たちになります。




矢野監督的にはボーア選手を使うみたいなことを言われているので、ボーア選手が一歩リードですかね。




また、大山&マルテ&陽川の3選手は他の守備位置でも守ることができるので、ここはよっぽどのことがない限り、ボーア選手になる感じですね。



二塁手のレギュラー争い



阪神タイガースの二塁手のメンバーについては下記のとおりです。



・糸原健斗

・植田海

・上本博紀



二塁手争いに関しては、結構激しい争いになりそうですよね。




いい意味で、甲乙つけがたい選手たちの争いになるので、予想は少し難しいところはありますね。




ちなみに去年は、糸原選手がレギュラーで出て、上本選手は代打、植田選手が守備固めの出場が多かったですね。




果たして、去年通りになるのか、それとも今年はまた違うのか、楽しみですね。



遊撃手のレギュラー争い



阪神タイガースの遊撃手のメンバーについては下記のとおりです。



・木浪聖也

・北条史也

・糸原健斗

・熊谷敬宥



以上の4選手で、遊撃手のレギュラー争いが繰り広げられます。




ここの守備位置も結構、激しい争いになりますね。




去年に関しては、北条選手が花粉症で不調だったこともあって、木浪選手が遊撃手のレギュラーを取っていました。




基本的には、北条選手か木浪選手の争いになると私は予想しています。



三塁手のレギュラー争い



阪神タイガースの三塁手のメンバーは、下記の通りになります。



・大山悠輔

・ジェフリー・マルテ

・陽川尚将




現時点の話を言うと、三塁手は大山&マルテ選手の争いになりますね。




しかし、マルテ選手は外国人枠との兼ね合いもあるので、三塁手確約とはまだいかない状況ではありますが、打撃は2019年シーズンよりも進化しているので、十分レギュラーはあり得ますね。




また、大山選手も2019年シーズンとは違う打撃フォームで臨んでいて、より引っ張るようになった印象ですね。




大山選手のこのモデルチェンジに関してはいい傾向だと思っているので、これを続けていって欲しいですね。




三塁手に関しても、開幕してみないとわからないところが多い守備位置になりますね。




外野手のレギュラー争い



阪神タイガースの外野手のメンバーに関しては下記の通りです。



ライト:糸井嘉男

センター:近本光司、植田海、熊谷敬宥、島田海吏

レフト:福留孝介、高山俊、ジェリー・サンズ




外野手に関しては、ライトは糸井選手でセンターは近本選手でほぼ決まりだと思います。




問題はレフトですね。レフトは去年だと福留選手が6割、高山選手が4割という感じで出場していました。




そこに新外国人サンズ選手が入ることで、レフトがより争いが激しくなりましたね。




これは、矢野監督がホントに悩む守備位置になると思いますね。




理由としては、高山選手が春季キャンプでMVPを取るなどして、より成長していることや、サンズ選手も日本の配球に対応できることなどが挙げられますね。









いずれにせよ、外野手の定位置争いも開幕してみないとわからないところが多いですね。




2020年阪神タイガース野手陣の各定位置レギュラー予想について

応援を表している。



先ほど、各守備位置で解説したメンバーを踏まえた上で誰がレギュラーを取るのか予想してみたいと思います。




具体的には、各守備位置で一人ずつレギュラーを選んでいく感じで、守備位置によっては2人の選手を併用するという感じにもなったりします。




以上を踏まえた上で、レギュラメンバーの予想をしていきます。



捕手のレギュラー予想について



キャッチャーに関しては、ほぼ梅野選手で決定だと思います。




休養日を設けるとしたら、そこに坂本選手が入る感じですかね。




梅野選手は2年連続でゴールデングラブ賞を受賞しており、打撃もチャンスに強いバッティングが持ち味なので、レギュラーには変わりないと思います。



二塁手のレギュラー予想について



二塁手に関しては、2年連続で全試合フル出場している糸原選手がレギュラー有力ですね。




また二番手候補を挙げるのなら、上本選手になりますね。




上本選手はバッティングは非凡なものを持っているので、レギュラーになってもおかしくないのですが、怪我をよくする印象がなかなか痛いですね。




そうなると、万能型の糸原選手の方が二塁手のレギュラーになるのではないかと予想できますね。



遊撃手のレギュラー予想について



遊撃手は誰か一人がレギュラーになるのではなくて、2人の選手で併用になると思います。




その2人とは、木浪選手と北條選手の2人ですね。




右ピッチャーの場合は木浪選手で、左ピッチャーの時は北條選手という感じですね。




本当はどちらか秀でた選手を使いたいところですが、今の時点ではどっこいどっこいって感じですからね。




なので、この守備位置のレギュラー予想は結構難しいですね。



三塁手のレギュラー予想について



三塁手のレギュラー予想に関しても、結構難しいんですよね。




先ほど、三塁手のメンバー解説の時に大山選手とマルテ選手の一騎打ちと言いましたよね。




この2人の争いが濃厚なのですが、ここから一人に絞るのがホント難しい。




なので、三塁手の争いも遊撃手同様に2人の併用になると思います。




しかし、ここでは相手ピッチャーに合わせての併用ではなくて、調子のいい選手を使っていくことになると思います。



外野手のレギュラー予想について



外野手のレギュラー予想については、下記の通りです。



・ライト:糸井嘉男

・センター:近本光司

・レフト:高山俊orジェリー・サンズ




先ほども言った通り、問題はレフトですよね。




レフトは有力候補が多いので、高山選手とサンズ選手の併用になるのではないかと思っています。




そして、福留選手は代打の切り札としてスタンバイする感じですね。




こうすることで、世代交代をスムーズに行えると思うので、この案を採用させていただきました。




また、もしサンズ選手が不調になることがあれば、即座に高山選手に変えるのがいいでしょう。




高山選手は2019年あたりから、打撃はもちろん守備も上手くなっているので、今の調子が続けばレギュラーを与えてもいいかと思います。









個人的には、レフトは高山選手でいって欲しいと思います。




スポンサードリンク

【オマケ】2020年阪神タイガース開幕スタメン予想をしてみた



上記は、2020年阪神タイガースの開幕スタメン予想したものです。




2019年は貧打に泣かされたので、2020年の予想スタメンを組む際に、現有戦力でより強力な打線になるように心がけました。




賛否両論はあると思いますが、現時点で考えた結果、上記のようになりました。




特にレフトをサンズ選手にするか高山選手にするか悩みましたが、どちらが一発あるかを考えたら、サンズ選手の方があると思ったので、5番レフトで入れさせていただきました。




下位打線も、本来は梅野選手を8番におきたかったのですが、そうなると6番の怖さがなくなるので、梅野選手を6番に置かせていただきました。




ということで、今回私が予想したスタメン予想も参考にしていただきながら、開幕まで盛り上がってもらえたら嬉しいです。



まとめ:開幕スタメン予想については外しても許してね❤️

スポンサードリンク

今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

今回の記事の重要POINT
  • ポイントは、遊撃手とレフト争い。
  • 予想は、遊撃手とレフト共に併用起用になると考えられる
  • 開幕スタメンに関しては上記の通りで、打撃重視で組むのがベスト
    (外国人選手3人起用する)



記事の後半では、2020年シーズンの開幕スタメンを予想させていただきました。




補足しておきたいのですが、あくまで個人の予想になるので、確実に当たるものではないです。




なので、外れても怒らないでくださいね(保険をかける🙇‍♂️)




それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。




楽しい野球観戦ライフをお送りください。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる