2021年プロ野球公式戦の視聴方法 チェック

【悲報】オープン戦の無観客試合が決定へ…【公式戦も可能性あり】



こんにちは、本ブログの毎日更新がこの記事で9日目になりました、ヒロトニンです。




先日、下記のようなツイートをしました。








“【悲報】プロ野球オープン戦無観客試合に…。

これは妥当な判断ですかね😅

やはり、こんな状況だとイベントは開催できないですしね😭

自宅で静かにプロ野球観戦するのが1番ですかね☺️

#プロ野球#野球#オープン戦中止 #阪神タイガース https://t.co/p817RKJYsT”




これから行われる、オープン戦全72試合の無観客試合が決定いたしました。




現地で観戦を予定していた方はとても残念かと思いますが、今は危機的な状況でもあるので、仕方ない決断になりましたね。




ここでもツイートした通り、こういう時こそ自宅でプロ野球観戦するのが、1番安全で、現時点で1番楽しめる選択になります。




今回の記事では、プロ野球界の今後の動向を書きつつ、記事の後半ではこんな時こそ楽しめるプロ野球観戦の楽しみ方について解説していきます。





信頼性の担保として、プロ野球観戦を13年間続けており、あらゆる視聴の仕方を熟知しています。




また、プロ野球界の情報に関しては常にアンテナを張って情報収集しているので、この記事を読むことで、最新の情報を得ることができます。




それでは、記事の最後までお付き合いください。




スポンサードリンク
目次

【悲報】オープン戦の無観客試合が決定へ【今後の動きを説明します】

決定を表している。



昨日、プロ野球界に激震が走りました。




なんと、これから行われる全72試合のオープン戦が無観客試合となることが決定しました。



日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団は26日、東京都内で緊急代表者会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オープン戦は次回開催日の29日から3月15日までの残りすべて、計72試合を無観客で行うことを決めた。安倍晋三首相の「大規模イベントは今後2週間は自粛し、中止や延期、規模縮小などの措置を取るよう主催者に要請する」との表明などを受けての対応。NPBによると、プロ野球での無観客試合は公式戦、オープン戦を通じて初めて。
出典:時事ドットコム



今の日本の現状を考えたら、これは仕方ない決定ではあります。




もう一つ言うと、少し対応が遅かったのかなと思うぐらいですけどね。




まぁその話は置いといて、ここではオープン戦の無観客試合の決定がなされたプロ野球界が、今後どのように動いていくのかまとめます。




2/29~3/15のオープン戦全72試合が対象



先ほど、オープン戦の無観客試合が決定したとのことを書きましたが、期間としては2/29~3/15になります。




ちなみに、セ・リーグとパ・リーグの開幕が3/20になるので、オープン戦丸々が無観客試合になります。




私はプロ野球を見初めて約13年になるのですが、このような事態に直面した記憶はほとんどないですね。




毎年、当たり前のように開催してきたプロ野球がこのような動きになる程なので、今の日本の状況が危機的であることが分かりますね。




また、オープン戦の無観客試合が決まった全72試合の対戦カードは下記の通りです。




<無観客試合対象試合>
▼ 2月29日(土)
日-オ(札幌ドーム) 14:00
巨-ヤ(東京ドーム) 18:00
ロ-楽(ZOZOマリン) 13:00
中-広(ナゴヤドーム) 14:00
西-De(佐賀) 12:30
ソ-神(PayPayドーム) 13:00

▼ 3月1日(日)
日-オ(札幌ドーム) 13:00
巨-ヤ(東京ドーム) 14:00
ロ-楽(ZOZOマリン) 13:00
中-広(ナゴヤドーム) 14:00
西-De(長崎) 12:30
ソ-神 (PayPayドーム) 13:00

▼ 3月3日(火)
日-巨 (札幌ドーム) 18:00
楽-De (静岡) 13:00
中-西 (岡崎) 13:00
オ-ロ (京セラD大阪) 18:00
ソ-ヤ (タマスタ筑後) 13:00

▼ 3月4日(水)
日-巨 (札幌ドーム) 18:00
楽-De (静岡) 13:00
中-西 (岐阜) 13:00
神-広 (甲子園) 13:00
オ-ロ (京セラD大阪) 14:00
ソ-ヤ (PayPayドーム) 18:00

▼ 3月5日(木)
楽-De (静岡) 13:00
オ-ロ (姫路) 13:00
ソ-ヤ (PayPayドーム) 18:00

▼ 3月6日(金)
楽-中 (静岡) 13:00
神-日 (甲子園) 13:00
オ-巨 (京セラD大阪) 18:00
広-西 (マツダスタジアム) 13:00

▼ 3月7日(土)
ヤ-ロ (神宮) 13:00
楽-中 (静岡) 13:00
De-ソ (横浜) 13:00
神-日 (甲子園) 13:00
オ-巨 (京セラD大阪) 14:00
広-西 (マツダスタジアム) 13:00

▼ 3月8日(日)
ヤ-ロ (神宮) 13:00
楽-中 (静岡) 13:00
De-ソ (横浜) 13:00
神-巨 (甲子園) 13:00
オ-日 (京セラD大阪) 13:00
広-西 (福山) 13:00

▼ 3月10日(火)
ヤ-広 (神宮) 13:00
楽-西 (静岡) 13:00
De-神 (横浜) 13:00
ロ-日 (ZOZOマリン) 13:00
オ-中 (京セラD大阪) 13:00
ソ-巨 (長崎) 13:00

▼ 3月11日(水)
ヤ-神 (神宮) 13:00
楽-西 (静岡) 13:00
De-広 (横浜) 13:00
ロ-日 (ZOZOマリン) 13:00
オ-中 (京セラD大阪) 14:00
ソ-巨 (PayPayドーム) 18:00

▼ 3月13日(金)
日-De (札幌ドーム) 18:00
西-ヤ (メットライフ) 13:00
巨-楽 (東京ドーム) 18:00
中-ロ (ナゴヤドーム) 18:00
神-オ (京セラD大阪) 14:00
ソ-広 (PayPayドーム) 18:00

▼ 3月14日(土)
日-De (札幌ドーム) 14:00
西-ヤ (メットライフ) 13:00
巨-楽 (東京ドーム) 18:00
中-ロ (ナゴヤドーム) 14:00
オ-神 (京セラD大阪) 14:00
ソ-広 (PayPayドーム) 13:00

▼ 3月15日(日)
日-De (札幌ドーム) 13:00
西-ヤ (メットライフ) 13:00
巨-楽 (東京ドーム) 14:00
中-ロ (ナゴヤドーム) 14:00
オ-神 (京セラD大阪) 13:00
広-ソ (マツダスタジアム) 14:00

出典:BASEBALLKING



私としては、プロ野球が大観衆の前で安全に行うことができる日を待ちたいと思いますね。


チケットの払い戻しも各球団が対応



オープン戦のチケットをもうすでに買ったよという方もいらっしゃるかと思います。




そのような方のために、オープン戦の無観客試合が決定したことで、チケットの払い戻しの実施も行われることが決まりました。




自分のひいき球団が、果たしてチケットの払い戻しが行われているのかを確認する方法は、各球団の公式ホームページにいくと見られます。




また、Googleで「オープン戦 チケット払い戻し」とかで検索すると、ずらっと出てくるので、それで調べてみるのもありですね。




3/20の公式戦の開幕戦の延期の可能性も



これについてはなんとも言えないですが、もしこのままの状態なら可能性は高いですよね。




サッカーやラグビーでも開幕を延期にさせる策を行っているので、プロ野球もなくはないですよね。




3月20日のセ、パ両リーグ開幕については、12球団代表者と医療の専門家などを加えた対策委員会を立ち上げ、予定通りに開催できるか検討していく。委員会では監督、選手や球団関係者に感染者が出た場合の対策なども話し合う。 

出典:時事ドットコム



プロ野球でも医療の専門家を交えて話がされるとのことなので、その状況に最適な選択をしてほしいところ。




選手や球団、そして裏方さんたちをしっかりとサポートし、守っていけるような最善策をとっていただきたいですね。



スポンサードリンク

無観客試合の間のプロ野球観戦の楽しみ方について【自宅観戦をオススメします】

テレビ観戦



これについては下記の記事でも似たような紹介をさせていただきました。





その時の記事と少し被ってしまうところはありますが、そのアップデート版として捉えていただけたら嬉しいです。




具体的には3つの方法がありますね。それらについては下記の通りです。




・Twitterで試合の続報を見ながら楽しむ

・有料配信を使って楽しむ

・プロ野球速報アプリ等で楽しむ




それでは、上記の3つをそれぞれ深掘りしていきます。




Twitterで試合の続報を見ながら楽しむ




今の時代、Twitterを使っていないと言う方はあまりいないと思ったので、ここで紹介させていただきます。





具体的には、各球団の公式Twitterみたいなのがあるので、それをフォローしてもらうと、オープン戦の結果等の情報を手に入れられます。




また、Twitterだとファン同士でプロ野球についての議論や様々な意見が聞けたりするので、楽しいですよ。




有料配信サービスを使って楽しむ



私自身も、有料配信を使ってプロ野球を楽しんでいます。




これについては自分のひいき球団によって、使用する有料配信サービスが違うのでなんとも言えないですが、それを踏まえてオススメすると、DAZNがいいかなと思います。




DAZNについての詳細は別の記事で書いているので、詳しい情報を知りたい方は合わせてお読みください。









しかし、DAZNだとコスパが良いのですが、中継しない試合もあるので、悩みどころ。




そこで、「プロ野球の試合を完全生中継で見たい」、「漏れなく全て見たい」という方にはスカパープロ野球セットがオススメです。




スカパープロ野球セットについても、同様に別記事で書いているので合わせてお読みください。









上記の2つのサービスが、私自身オススメしているサービスになるので、これらを使いながらプロ野球を楽しみましょう。




プロ野球速報アプリ等で楽しむ



これについてはスポナビ・野球速報というアプリを使っています。





スポナビ・野球速報:試合速報、選手情報、プロ野球界のニュースがリアルタイムで入手できる





この試合速報アプリを用いることで、リアルタイムで試合を楽しめることができます。




動画じゃなくて、試合結果だけでもいいよという方には最適ではないかと思います。




まとめ:今後の情報によく耳を傾けるようにしてください。

スポンサードリンク

それでは、今回の記事の重要ポイントを再度まとめていきます。

今回の記事の重要POINT
  • 今後のオープン戦は、無観客試合になることに決定。
  • 開幕戦もコロナウイルスの影響を受けて、延期や無観客試合になる可能性もある
  • チケットの払い戻しについても行われ、各球団ホームページで情報を取得できる。
  • 当分は自宅観戦で安全に楽しむことが良き。




今回は普段はない異例の事態ということで、各業界がバタバタしていますね。




また、プロ野球界も同様にオープン戦の無観客試合の決定や場合によっては公式戦の延期も検討となるでしょう。




そんな時に大事なのは、しっかりと自分自身でアンテナを張りながら、情報収集をすることですね。




私自身もTwitterで、プロ野球界の情報を常に発信したりしているので、情報を受け取りたい方は、下記のリンクから入ると情報を受け取ることができます。




>>ヒロトニン@ベースボールライター




それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。




楽しい野球観戦ライフをお送りください。




よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる