2022年プロ野球公式戦の視聴方法チェック

【阪神】大山悠輔が待望の覚醒!!【虎の4番はキミだ!!】

お悩みくん

阪神ファンです。2020年、阪神の大山選手はキャリアハイの成績を残しましたが、これは覚醒といってもよろしいでしょうか。プロ野球に詳しい方に教えていただきたいです。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事でわかること

  • 【阪神】大山悠輔は果たして覚醒したのかどうかについて
  • 【阪神】大山悠輔が覚醒した3つの理由
  • 【阪神】大山悠輔にこれから期待すること

 

2020年シーズン、大山選手が見事キャリアハイの成績を残しました。

 

そこで、気になるのが大山選手のこの活躍が果たして真の覚醒であるのかどうか。

 

ファンの心理としては、気になるところですよね。

 

今回の記事では、この辺りにフォーカスしていこうと思います。

 

記事の本筋に入る前に私のポジションを明らかにしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • 阪神ファン歴13年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で170記事以上を執筆
  • 月刊閲覧数は30000PV超(上位3%代)

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

【阪神】大山悠輔が2020年に待望の覚醒を果たす

【阪神】大山悠輔が2020年に待望の覚醒を果たす

 

阪神ファンはこの時をどれほど待ったことか。

 

大山選手がついに覚醒を果たしました。

 

2020年シーズンの大山選手は、阪神の4番として相応しい働きぶりを見せました。

 

ここで、2020年までの年度別成績を見てみましょう。

 

大山選手の年度別成績

 

上記を見てみると、2020年の成績はキャリアハイであることがわかります。

 

特に新型コロナの影響で試合数が少なくなったにもかかわらず、本塁打数は前年よりも2倍。

 

そして、打点も同様に前年の数字を越すことができました。

 

阪神の4番としてプレッシャーが非常にある中で、ここまでの成績を残せたことは非常に大きいのではないかと思いますね。

 

特に、シーズン終盤まで巨人の4番である岡本選手と本塁打王争いを演じたことは、阪神ファンに多くの夢と希望を与えたように思います。

 

非常に素晴らしいシーズンでした。

 

【阪神】大山悠輔が覚醒した3つの理由

 

結論から言うと、大きく3つあります。

 

具体的には、下記の通り。

 

・右方向に長打が打てるようになったこと

・開幕スタメンの座を奪われた悔しさが合ったこと

・これまでの努力が点と点でつながってきたこと

 

この他にもいくつかありますが、代表的なものはこの3つ。

 

特に、開幕スタメンをマルテ選手に奪われたことは、本人としても非常に悔しかったようです。

 

これについては、金本氏と大山選手の対談で明かされていました。

 

スポーツニッポンの21年は、夢のマッチアップで明けた。本紙 評論家の金本知憲氏と、阪神の 大山悠輔内野手(26)によるスペシャル対談。16年のドラフト会議で1位指名し、誕生した師弟関係。テーマは「4番道」――。金本氏は「ここ一番で打て」「相手エースを打ってチームを勝たせろ」と心得を授けた。

昨年は開幕スタメンを逃したところから始まった。

 大山 開幕スタメンから外れたことよりも、開幕戦に出場できなかった。開幕スタメンに出られなかったのは、自粛明けの練習試合で全然打てなかったので悪いのは自分ですけど(※2)、開幕戦で代打ですら出られなかったのが一番悔しくて。その悔しさが去年1年ずっとありました。それがつながったとは思います。

 ――サード以外にもファースト、外野も経験した。

 大山 開幕に出られず“どうしたら試合に出られるか”を考えていたので。“サードだけやります”では出られない状況もあった。そういうところから打席数ももらえていましたし、その気持ちがあったからこそマルテがケガをしても打ち続けることができたと思います(※3)。

出典:【新春対談 金本前監督―阪神・大山(1)】「どこで打つか。勝利打点は一つでも多く、こだわりたい」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

 

金本氏との対談を読んでみても、開幕スタメンを外されたことによる悔しさは非常に強いと見て取れます。

 

直前の練習試合で少し調子を落としていた影響はあったものの、この悔しさが覚醒に繋がった大きな要因の1つでもあると思います。

 

【阪神】大山悠輔が4番に定着したことで生え抜きの4番が誕生!!

 

これまで4番に座ることが多かった大山選手ですが、他球団の4番と比較すると、まだまだ物足りない印象が否めませんでした。

 

しかし、これは阪神のこれまでの歴史を振り返ると仕方のないことだと思います。

 

生え抜きの4番となると、何十年も前の話になってしまいますからね(笑)

 

そのような負の連鎖を断ち切ろうとしたのが、2016年から3年間指揮した金本氏でした。

 

その金本氏が掲げた公約が「超変革」と呼ばれるものです。

 

具体的には、外様中心ではなく、若い生え抜き選手をどんどん育成していこうという動きのことです。

 

金本政権については、「【阪神】金本元監督は無能だったのか!?【結論:評価が分かれます】」でも解説した通り、評価は別れます。

 

が、個人的には金本政権を評価していて、金本氏が仮に監督になっていなければ、今のチームはないと思っています。

 

大山選手は、金本氏が「生え抜きの大砲を育成する」ことを理由に指名した選手ですから、今思うと大山選手をドラフト1位で指名したことは正解であった言えますね。(当時は不評だった)

 

そして、現在大山選手はキャリアハイの成績を残し、チームの4番として押しも押されぬ選手に成長しました。

 

これはチームにとって非常に大きなことですし、個人的には、今後の阪神タイガースに大きな期待が膨らみますね。

 

【阪神】大山悠輔が巨人の岡本和真と本塁打王争いをしたことも非常に大きい

 

今回、大山選手の覚醒について執筆していますが、もう一つ触れたいことがあります。

 

それは、大山選手が巨人の4番である岡本選手と本塁打争いを繰り広げたことです。

 

巨人の岡本選手については、下記の記事で解説しています。

 

【巨人】岡本和真が真の覚醒を果たしたわけ【若大将襲名!!】

>>【巨人】岡本和真が真の覚醒を果たしたわけ【若大将襲名!!】

 

これまでの歴史を振り返っても、巨人と阪神は「伝統の一戦」と称されるように、常に比較される2つのチームです。

 

そうなると、お互いのチームの4番がどれくらいのものか比較されることも多々あるでしょう。

 

ファンの勝手な想像かもしれませんが、少なからずこのようなことはあると思います。

 

これまでは、岡本選手が大山選手の上を歩いている立場でした。

 

巨人の若き大砲として3年間素晴らしい成績を残したからです。

 

一方、大山選手はデビューした年から、クリーンアップを打ったりしていたものの、岡本選手と比較すると成績的には岡本選手の方が上でした。

 

しかし、今年キャリアハイの成績を残したことで、やっと岡本選手と勝負できる土俵に上がれたのではないかと思います。

 

そういう意味では、岡本選手と本塁打王争いを繰り広げたことは、経験という意味で非常に大きかったと思いますね。

 

スポンサードリンク

【阪神】大山悠輔にこれから期待すること【3つあります。】

 

結論から言うと、大きく3つあります。

 

具体的には、下記の通り。

 

・4番定着&キャリアハイ更新

・打点王を獲得してほしい

・侍ジャパン選出

 

それでは、上記の3つを深掘りしていきます。

 

4番定着&キャリアハイ更新

 

これまでも阪神の4番として座ることが多かった大山選手。

 

2020年シーズンにキャリアハイの成績を残したことで、2021年シーズンの開幕はもちろん4番スタートが濃厚です。

 

矢野監督は常々、「競争」と言う言葉を口に出しますが、4番サードは大山選手であると言うことはすでに明言しています。

 

したがって、よっぽどのことがない限り、2021年シーズンのスタートは4番に大山選手が座っているでしょう。

 

そこで、私が期待するのは全試合4番で出場すること。

 

そして、さらにキャリアハイを更新することの2つです。

 

高いハードルには見えるものの、今の大山選手なら「乗り越えてくれるのではないか」という期待感が大きいです。

 

打点王を獲得してほしい

 

「タイトルよりもチームの勝利に貢献する一打が大事」

 

大山選手からよくこのような言葉を聞いたりします。

 

特に2020年シーズンは、本塁打王争いを演じていたので、タイトルに関する質問が多かった印象があります。

 

しかし、そんな時でも大山選手は「チームの勝利>タイトル」を一番に考えていました。

 

個人的には、もっとタイトル奪取に貪欲になってほしい気はします。

 

4番であるからこそ、チームの勝ちを優先するのは当たり前の話かもしれません。

 

しかし、タイトルを獲得できるほど活躍できれば、自ずとチームの勝利に近づくのではないかとも思います。

 

そして、タイトルの中でも打点王を目指して頑張ってほしいなと個人的には思っています。

 

侍ジャパン選出

 

新型コロナの影響で開催が危ぶまれてはいますが、次回のオリンピックで侍ジャパンの代表選手として選出されることも期待の1つとして挙げておきます。

 

しかし、侍ジャパン候補選手のサードは結構激戦区だったりします。

 

具体的には、松田選手、外崎選手、高橋周平選手、岡本選手、村上選手などですね。

 

この中に割ってはいって、かつ選出されるのは至難の業。

 

しかし、2020年並みの成績を残しつつ、安定した守備を見せることができれば、侍ジャパンに選出される可能性も自ずと上がってくるでしょう。

 

実は、過去に当サイト(プロ野球観戦の巣)で東京オリンピックの代表メンバーを予想しています。

 

【東京オリンピック】野球日本代表メンバーをガチのマジで予想してみた!!

>>【東京オリンピック】野球日本代表メンバーをガチのマジで予想してみた!!

 

ここでは、サードに岡本選手と高橋周平選手を入れています。

 

しかし、これは2020年の成績を考慮せずに予想しています。

 

なので、大山選手の2020年の成績を加味するのであれば、この2枠のどちらかに入れることも可能ではないかと思いますね。

 

近年、阪神から日本代表選手が選出されていないので、大山選手には大きな期待がかかりそうです。

 

【阪神】大山悠輔が待望の覚醒!!【虎の4番はキミだ!!】:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要POINTを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 2020年シーズン、大山選手はキャリアハイを更新し、ファン待望の覚醒を果たす。
  • シーズン終盤まで岡本選手と本塁打王争いを演じたことは、野球人生において非常に大きい。
  • 2021年シーズンは、4番定着&キャリアハイを更新することに期待。

 

2020年キャリアハイの成績を残したことでさらなる飛躍が期待される大山選手。

 

2020年は、さまざまな意味で成長を感じられた年であったと思います。

 

そして、迎える2021年シーズン。

 

果たして、大山選手は2020年シーズン以上の成績を残すことができるのか!?

 

ファンとしては非常に注目ですね。

 

当サイト(プロ野球観戦の巣)では、2021年の阪神タイガースの視聴方法についてもまとめています。

 

【2021年】阪神タイガースの試合を見る方法【無料で視聴する方法もあり】

>>【2021年】阪神タイガースの試合を見る方法【無料で視聴する方法もあり】

 

この記事を読んでいただいて、阪神タイガースの試合を視聴する環境を整えつつ、2021年の阪神タイガースを応援していきましょう。

 

また、Twitterでもプロ野球情報や阪神タイガースの情報もまとめているので、フォローしていただけるとリアルタイムであなたの所に情報が届きます。

 

>>ヒロトニンをフォローする

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる