【巨人】岡本和真が真の覚醒を果たしたわけ【若大将襲名!!】

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

巨人ファンです。岡本選手がここ2,3年で急激に力を伸ばしてきました。そして、今では巨人の4番としてチームを牽引しています。岡本選手が覚醒した理由って結局何なのでしょうか。プロ野球に詳しい方教えてください。

 

今回の記事ではこのような疑問に答えていきます。

 

本記事で分かること

  • 【巨人】岡本和真が真の覚醒を果たしたわけ
  • 【巨人】岡本和真の覚醒によってチームに多くの恩恵をもたらしたこと
  • 【巨人】岡本和真が4番に座ることで当分4番には困らない

 

阪神ファンである私も近年の岡本選手の活躍には頼もしさを感じてます。(阪神はよくやられてます😇)

 

しかし、この岡本選手の覚醒には様々な理由があるのは周知の事実。

 

そこで、本記事では阪神ファン目線から見た岡本選手の覚醒のわけを解説していこうと思います。

 

記事の本筋に入る前に私のポジションを明らかにしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • プロ野球観戦歴13年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)の月間閲覧数は2万pv超
  • これまでブログ記事を150記事以上を執筆(すべて野球系)

 

今回の記事では巨人・岡本選手の覚醒のわけを解説しつつ、後半では岡本選手がチームにもたらした恩恵についても深堀していきます。

 

それでは、見ていきましょう。

 

スポンサードリンク
目次

【巨人】岡本和真が真の覚醒を果たしたわけ

【巨人】岡本和真が真の覚醒を果たしたわけ

 

結論から言うと、大きく3つあります。

 

具体的には、下記の通り。

 

・チャンスに強い

・広角打法で右に左にホームランが打てる

・苦手ゾーンがあまりない

 

上記にあげた3つの覚醒要因は、私の目から見たものになります。

 

つまり、阪神ファン目線ですね。

 

それでは、上記の3つを深堀していきます。

 

①:チャンスに強い

 

岡本選手といえば、チャンスにめっぽう強い印象があります。

 

特に阪神は岡本選手によくやられていますね。

 

しかし、これには印象だけではなくデータとしてもしっかりと根拠があります。

 

見てみましょう。

岡本和真の2020年成績

 

注目していただきたいのは打点ですね。

 

58試合消化時点で打点50はマジでやばい。

 

ペース的にも100打点ペースなので、今シーズン打点王の最有力候補になりますね。

 

また、打点を多く稼いでいると言うことはチャンスに強いと言うことでもあります。

 

得点圏打率を見ても0.323ということからチャンスの場面でしっかりと打てているということが言えるでしょう。

 

チャンスに強いという一面は、印象だけではなくしっかりとデータに反映されていますね。

 

②:広角打法で右に左にホームランが打てる

 

広角打法とは、その名の通りいろんな方向に打球を飛ばせることを言います。

 

そして、岡本選手の場合はそれだけではありません。

 

広角打法かつホームランを打てるという何とも素晴らしい技術の持ち主です。

 

これは、技術に加えてしっかりとした体感の強さや下半身の力がなければ厳しいです。

 

しかし、岡本選手の場合はこれができるんですよね。

 

これについても同様にデータに反映されています。

 

2020年シーズンは現在までホームランは18本。

 

その18本の中でもさらに打球方向の内訳を見ると下記のようになります。

 

・レフトスタンド=10本

・センター方向=4本

・ライトスタンド=4本

 

一見、引っ張った打球が多いように見えますよね。

 

しかし、ホームランを打つ難易度で分けるとレフトスタンドorセンター&ライトスタンドと区分できます。

 

そのように考えると、引っ張ったホームランが10本

 

それ以外の打球が8本と非常にバランスのいい数字になります。

 

ここまでバランスよく打ち分けられる選手は球界を見渡してもあまりいないですね。

 

広角打法かつホームランを打ち分けられるのは、岡本選手にとって非常に大きな武器です。

 

③:苦手ゾーンがあまりない

 

岡本選手にはあまり苦手とするゾーンがありません。

 

全くないわけではないですが、年々攻めどころが狭くなっている印象です。

 

デビューしたての頃は変化球にもろい印象があったりしたのですが、今ではいとも簡単に打っちゃいますからね。

 

ちなみにゾーン別の打撃成績も用意したのでこれを見てみましょう。

 

岡本和真のゾーン別成績

 

見方としては、0.300を超えているゾーンが基本的には得意ゾーンと呼ぶことができます。

 

これを見てみると、ストライクゾーンに関してはまんべんなく打てていることがわかります。

 

なので、甘いストライクゾーンのボールはスタンドに持っていかれる可能性は高いです。

 

加えて、四隅も高い打率を残しているので抑えるのは難しいですね。

 

これでボール球の見極めがもっとできるようになると、もっとすごい打者になりそうです。

 

スポンサードリンク

【巨人】岡本が覚醒したことでチームに多くの恩恵をもたらしました

【巨人】岡本が覚醒したことでチームに多くの恩恵をもたらしました

 

岡本選手が覚醒したことでチームに大きな恩恵をもたらしたことは事実です。

 

巨人はこれまで外様の4番が座ることが多くありました。

 

具体的には、李承燁氏やラミレス氏、村田修一氏などですね。

 

生え抜きというところで見るとだいぶ前になると思います。

 

ここ数年だと坂本選手が一時的に座るということもありましたが。。。(阿部2軍監督がいましたね)

 

そんな中で岡本選手が巨人の4番としてドシッと座ることができるようになったのは非常に大きいです。

 

【衝撃】巨人・坂本勇人は阪神ファンなのか!?|あの選手も実は阪神ファンだった!!

>>【衝撃】巨人・坂本勇人は阪神ファンなのか!?|あの選手も実は阪神ファンだった!!

4番が決まることで打線の軸が決まる

 

4番に座る選手というのはチームにとって非常に重要です。

 

なぜなら、4番の成績によってはその日のチームの勝敗を左右するからです。

 

4番という打順はチャンスに巡ってくる可能性が非常に高い打順になります。

 

つまり、4番が打てないとなると得点になるチャンスを潰すことと意味としては同じと言えるでしょう。

 

なので、4番に入る選手は非常に大切でチャンスに打てるバッターではないと務まりません。

 

しかし、今の巨人は岡本選手が4番に定着しているので打線の軸がしっかりと固定できます。

 

これによって、打順も組みやすくなりますしチーム自体も締まります。

 

昔から野球界に伝わる格言として「優勝するチームは軸となる4番が必ずいる」という言葉があります。

 

巨人が現在首位を走っているのは間違いなく岡本選手を4番に固定できているからですね。

 

巨人は今後、4番を誰にするかで困ることは当分ないです

 

岡本選手は年齢も若くこれからどんどん伸びていく選手です。

 

そう考えると、よっぽどのことがない限り4番を外されることはまずないでしょう。

 

つまり、長らく外様で4番をやりくりしていた巨人に待望の生え抜き4番が誕生するわけです。

 

これはチームにとっても非常に大きいですね。

 

確かにFAで獲得した選手を4番に据えることも方法としてはあります。

 

一番手っ取り早いですし結果も出やすいです。(巨人の4番というプレッシャーは抜きにして)

 

しかし、その選手が何年4番を勤められるのかと問われると決して長くはないと思います。

 

なぜなら、FAを獲得できるのはある程度の年数を重ねないといけないからです。

 

それなら、生え抜きで育成して4番に据えた方が息も長いと言えるでしょう。(これが難しい)

 

したがって、岡本選手が4番に座り続ける限り4番を誰にするかで悩むことはなくなるでしょう。

 

他球団のファンからしたら非常にうらやましいですよね。

 

これは阪神ファンである私もそう思います(笑)

 

【阪神】大山悠輔の完成形は巨人の岡本和真【※個人の主観です】

 

よくネット上で巨人の岡本選手と阪神の大山選手が比較されます。

 

同じポジションであるので比較される機会が多くあると思うのですが、ぶっちゃけたことを言うと2人の間には差があります。

 

2020年シーズンの大山選手は昨年と同様に一皮も二皮もむけていると思います。

 

特に初球から積極的に振りにいくことで甘い球を仕留める確率が上がりホームランの数も増えました。

 

チームの主軸として試合を決める一打も増えてきつつあります。

 

が、やはり岡本選手と比べるとまだまだ差はあるかなという感じです。

 

個人的には、大山選手には岡本選手のような感じになって欲しいと思っています。

 

そして、この両者の差が縮まれば縮まるほど阪神の優勝は近づいていくでしょう。

 

同じポジションで岡本選手と比較されることの多い大山選手ですが、ポテンシャルは十分にあると思うので大きく育って欲しいですね。

 

という阪神ファンの願いでした。

 

話が少し逸れたので、そろそろまとめに入っていこうと思います。

 

【巨人】岡本和真が真の覚醒を果たしたわけ:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 巨人の岡本和真が覚醒した理由は大きく3つある。(本文参照)
  • 巨人の4番に岡本選手が座ったことでチームに大きな恩恵をもたらした。
  • 阪神ファンとしては大山選手の完成形が岡本選手だと思っているが、まだ差があるのは否めない。

 

今回の記事では、近年巨人の4番として活躍している岡本選手の覚醒したわけについて解説してきました。

 

細かく見てみると、岡本選手がここまで活躍できている理由が細かく分かったのではないでしょうか。

 

自分自身も知らないことばかりで改めて阪神ファンながら岡本選手の凄さを実感しましたね。

 

あと一つ、岡本選手に伝えたいこと。

 

「阪神戦ではもう打たないでください🙇‍♂️」

 

阪神戦に打ちすぎです(笑)

 

これはあくまでネタですけど、そう思ってしまうほど打たれているのも事実です。

 

阪神サイドとしてはしっかりと対策して岡本選手を封じ込めることが巨人戦で勝ち星を量産する鍵だと思います。

 

最後は阪神ファン目線によってしまいましたがお許しください(笑)

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

 

関連記事も合わせてどうぞ。

【衝撃】巨人・坂本勇人は阪神ファンなのか!?|あの選手も実は阪神ファンだった!!

【2020年】巨人戦をネットやテレビで見る方法【無料もあり】

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる