【驚愕】高橋遥人が投げる糸を引くストレートの正体とは!?

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

阪神タイガース・高橋遥人投手のストレートは他の選手と違うと思うのですが、具体的にどのようなところが違うと思いますか!?また、高橋遥人投手が今後、成績を伸ばしていくためには何が必要ですか!?プロ野球に詳しい方にぜひ教えていただきたいです。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事で分かること

  • 高橋遥人投手が投げるストレートの正体について
  • プロ野球界におけるストレートの種類について
  • 高橋遥人投手がストレートをより活かすための方法

 

井川氏の再来と言われ、未来の阪神タイガースを背負うと期待されている高橋遥人投手。

 

その左腕から繰り出されるストレートは、天下一品で打者もなかなか捉えることが難しいです。

 

プロの世界といえども、なぜ高橋遥人投手のストレートがなかなか捉えられないのでしょうか

 

本記事では、この辺りにフォーカスを当てつつ解説していきます。

 

記事の本筋に入る前に、私のポジションを明らかにしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • 阪神ファン歴13年(高橋遥人投手はデビュー時から観戦)
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で160記事以上を執筆
  • 月刊閲覧数は30000PV超(上位3%代)

 

今回の記事では高橋遥人が投げる糸を引くストレートの正体について解説しつつ、後半ではそのストレートを存分に活かす方法について深堀していきます。

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

【驚愕】高橋遥人が投げる糸を引くストレートの正体とは!?

【驚愕】高橋遥人が投げる糸を引くストレートの正体とは!?

 

本題に入る前にあなたに1つ質問があります。

 

それは、「ストレート」と聞いてあなたは何を思い浮かべますか!?

 

もし、これを聞いて1つしか思い浮かばない人は、ぜひ最後まで読んでほしいですね。

 

というのも、ストレートと言っても一概に1つとはいえないからです。

 

野球観戦をしてると分かりますが、ピッチャーによってストレートの回転数や質でだいぶ変わってきます。

 

ここでは、高橋遥人投手を例に解説していきますが、合わせてストレートの細かな分類についても知っていただけたらと思います。

 

それでは、見ていきましょう。

 

ストレートを細かく分けるとどれくらい種類があるの!?

 

結論から言うと、大半は2つに分類されます。

 

具体的には、下記の通り。

 

・シュート回転系ストレート

・ホップ系ストレート

 

上記の2つは、いずれも仮名で正式名称ではありません。

 

それでは、上記の2つを簡単に解説していきます。

 

シュート回転系のストレート

 

シュート回転とは、右ピッチャーが投げる右バッターの胸元に食い込むボールのことを言います。

 

つまり、利き手方向にボールが曲がると言うことですね。

 

そして、シュート回転と言ってもいろんな種類があります。

 

くせ球として意図的にシュート回転をかけている場合もあれば、身体の開きが早いため、無意識的にシュート回転がかかるというようなこともあります。

 

また、シュート回転系のストレートは無意識であればあるほど飛距離は出やすいです。

 

したがって、アウトコースにストレートを投げるつもりがシュート回転して真ん中に入ると、長打orホームランになりやすいです。

 

ホップ系のストレート

 

ホップ系のストレートとは、ベース板上で伸び上がるストレートのことを言います。

 

代表選手を挙げると、藤川球児投手ですね。

 

例えば、下記の動画なんかはどうでしょう。

 

 

ホップ系ストレートの中では最高級とも言っていいボールですね。

 

ホップ系のストレートを投げる投手は、基本的には中継ぎで投げることが多いです。

 

このようなボールは、球威がなくなった途端にスタンドへ持って行かれやすいので、中継ぎ適性がとても高いですね。

 

また、空振りがとりやすいと言うのもリリーフにはもってこいと言えるでしょう。

 

リリーフについての解説は下記の記事で深堀しています。

 

野球のリリーフピッチャーの意味とは!?【種類が多くあって、複雑です】

>>野球のリリーフピッチャーの意味とは!?【種類が多くあって、複雑です】

高橋遥人が投げるストレートはカット気味に変化する

 

事前知識が備わったところでやっと本題に入ります。

 

高橋遥人投手のストレートは、どの種類に分類されるのでしょうか!?

 

結論から言うと、先ほど紹介した2つには当てはまりません。

 

そうです、ストレートにはもう1つ種類があります。

 

答えを書くと、カット系のストレートですね。

 

つまり、高橋遥人投手のストレートはカット系にジャンル分けされます。

 

どのようなボールかと言うと、下記の動画が参考になると思います

 

https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1001770227925893120?s=20

 

Twitterではカットボールと表記されていますが、これはストレートですね。

 

高橋遥人投手の特徴が大いに表れた1球です。

 

このカット気味のストレートは見ての通り、そこまでベース上で垂れるようなことはありません。

 

つまり、初速と終速でそこまで差がないため、減速しないということです。

 

また、バッターの手元でカット気味に変化することでゴロアウトが取りやすくなります。

 

なので、先発をやっていく上で、このストレートはとても大きな武器と言えるのではないかと思います。

 

高橋遥人のストレートはカット気味ではあるものの、奪三振能力が高い

 

先ほど、高橋遥人投手のストレートはゴロアウトを取りやすいということを書きました。

 

確かにその通りです。

 

クセ玉っぽい性質があるので、芯を外してゴロでアウトをとるという抑え方ができます。

 

しかし、高橋遥人投手の場合はそのストレートで三振を取ることができます。

 

2019年の奪三振率を見てみると、10.26という驚異的な数字を叩き出しています。

 

また、2020年に関しても9.59という高い数字を出しています。

 

ここまで、高橋遥人投手のストレートについて解説してきましたが、変化球もストレート同様に精度が高いです。

 

特にツーシームは、決め球としてうまく活用できているように感じています。

 

キレのあるカット気味のストレートとツーシームを駆使して、三振の数を大きく伸ばしているということがここから言えるでしょう。

 

ゴロで打ち取ることができて、かつ奪三振能力も高い投手は、ガチで探すのが難しいです笑笑

 

高橋遥人投手がいいピッチャーと言われる理由がよく分かりますね。

 

スポンサードリンク

【考察】高橋遥人が得意とするストレートをMAXに活かすたった1つの方法

【考察】高橋遥人が得意とするストレートをMAXに活かすたった1つの方法

 

結論から言うと、「緩急」を覚えることですね。

 

そもそも「緩急」とは何かというと、球速差をつけることです。

 

具体的には、ストレートとカーブの組み合わせて抑えるとか。

 

これができるようになると、高橋遥人投手のストレートはもっと活きると思うんですよね。

 

そして、普通のストレートではなくカット気味にスライドするので、なおさら抑える確率は高くなるでしょう。

 

では、実際に高橋遥人投手の球種割合がどのようになっているのかを見ていくこととしましょう。

 

具体的には、2019年と2020年の球種割合を見ていきます。

 

【2019年】高橋遥人の球種割合

【2019年】高橋遥人の球種割合

 

これを見てみると、比較的早いボールが多いのではないかと思いますね。

 

高橋遥人投手の持ち球は、2019年時点で全部で5種類あります。

 

しかし、この5種類だとなかなか緩急差はつけづらいですよね。

 

緩急差がつけられないと、打者の目が慣れやすくなってしまうため、抑えることが難しくなります。

 

そして、2019年の成績を見てみると3勝9敗と大きく負け越しています。

 

2019年シーズン、なかなか勝てなかった理由として援護がなかったこともあります。

 

しかし、この「緩急」をはじめとしたピッチングの引き出しの数が少なかったことも要因としてあるのではないかと思いますね。

 

【2020年】高橋遥人の球種割合

【2020年】高橋遥人の球種割合

 

2020年の高橋遥人投手は、少し変化の兆しを見せます。

 

何が変わったのかと言うと、カーブを使い始めたと言うことです。

 

これは、2019年シーズンではなかなか見られなかった変化球ですね。

 

つまり、高橋遥人投手の頭の中に「緩急」と言う意識が少しずつ芽生え始めていると言えるでしょう。

 

また、成績を見てみると4勝3敗で1つの勝ち越し。

 

防御率も2点台前半と大きく良化しています。(いずれも2020年10月8日現在)

 

個人的には、来年にかけてカーブの割合がもっと増えてくると、成績ももっと変わるのではないかと思いますね。

 

目標値としては、5%あたりですかね。

 

そのためには、カーブの精度をもっと上げていかなければいけません。

 

自慢のストレートを活かすも殺すも緩急次第

 

せっかくのストレートもうまく利用しなければ宝の持ち腐れ。

 

特にプロの世界では、引き出しの数が多くないと生き残ることができません。

 

現在、高橋遥人投手の課題としてはピッチングの幅を広げること。

 

つまり、打者を抑えるパターンというものを増やしていく必要があります。

 

その1つとして挙げるのがこの「緩急」ですね。

 

高橋遥人投手には、この「緩急」という技術をもっと磨いていってほしいです。

 

これを習得した暁には、2桁勝てるピッチャーに大きく成長すると思います。

 

メッセンジャー氏も日本でカーブを習得したことで大きく飛躍を遂げました。(詳しくは【阪神】メッセンジャーの溢れる日本愛を調べてみた【日本最高!!】で解説)

 

それだけカーブという球種は大きな武器になります。

 

ぜひ、高橋遥人投手にはカーブを自分のものにしてほしいですね。

 

今後に注目です。

 

それでは、まとめに入ります。

 

【驚愕】高橋遥人が投げる糸を引くストレートの正体とは!?:まとめ

スポンサードリンク

 

今回の記事の重要POINTを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT

・高橋遥人投手のストレートカット気味にスライドする特殊なボール。

・高橋遥人投手のストレートを活かすためには「緩急」を覚える必要がある。

・カーブが球種割合の5%を占めるようになると投球の幅も広がってくる。

 

本記事を通して、高橋遥人投手が投げるストレートには大きな秘密が隠されているということがわかったと思います。

 

具体的には、ストレートがカット気味に変化していることであまり減速をせず、打者としてもなかなか打ちづらいボールであるということです。

 

このようなピッチャーは、プロ野球界を見渡してもなかなか存在していません。

 

つまり、とても珍しいストレートを投げているということになります。

 

また、カット気味のストレートを投げられることで、上手く自由自在に操ることができれば大きな力を発揮するでしょう。

 

2020年の球種割合を見ると、カーブ系統の緩い変化球の割合が少ないです。

 

高橋遥人投手のストレートを最大限に発揮するためには、このカーブの精度と投げる割合を増やすことです。

 

これができれば、今よりももっと勝てるのではないかと思います。

 

2020年シーズンも残りわずかになりましたが、高橋遥人投手がいかに「緩急」を使えるようになるか。

 

そして、ピッチャーとしての引き出しを今よりも増やしていけるのかどうか。

 

この辺りにも注目していくと面白いかもしれませんね。

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

 

関連記事も合わせてどうぞ。

【阪神】岩崎優の球種を徹底解析!!【虎の魔術師】

【2020年】阪神タイガースの試合を見る方法【無料で視聴する方法もあり】

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる