【プロ野球】注目すべきFA取得選手一覧2020【観戦歴13年の立場から解説!!】

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

プロ野球ファンです。オフシーズンといえば、FA権を取得した選手がどこの球団に移籍するのかで盛り上がると思います。そこで、今年のFA権取得している選手の中で、注目すべき選手は誰でしょうか!?プロ野球に詳しい方に教えていただきたいです。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事で分かること

  • 【プロ野球】注目すべきFA取得選手一覧2020
  • 注目のFA権取得選手の今後の動向について
  • プロ野球観戦におけるFA戦線2020の楽しみ方

 

2020年シーズンも残り試合があとわずかになりました。

 

この時期の話題というと、優勝争いはもちろんのこと。

 

来季に向けての戦力整備の話題も、ボチボチ出てくる頃かと思います。

 

そこで、本記事では2020年シーズンのFA権取得選手について、フォーカスを当てていこうと思います。

 

記事の本筋に入る前に、私のポジションを明らかにしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • プロ野球観戦歴13年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で160記事以上を執筆
  • 月刊閲覧数は30000PV超(上位3%代)

 

今回の記事では、2020年シーズンの注目FA選手について解説しつつ、後半ではプロ野球観戦におけるFA戦線2020の楽しみ方についても深掘りしていきます。

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

【プロ野球】注目すべきFA取得選手一覧2020【目玉だらけです】

【プロ野球】注目すべきFA取得選手一覧2020【目玉だらけです】

 

結論から言うと、2020年オフのFA戦線はこの5選手に注目してもらいたいです。

 

具体的には、下記の通り。

 

・山田哲人

・大野雄大

・小川泰弘

・増田達至

・梶谷隆幸

 

それでは、上記の5選手をそれぞれ深堀していきます。

 

東京ヤクルトスワローズ・山田哲人

 

Mr.トリプルスリーと言われ、NPB史上初めてトリプルスリーを3度達成した山田哲人選手。

 

打撃面においては、アベレージもホームランもしっかりと残すことができ、守備や走塁に関してもほぼ言うことがありません。

 

山田哲人選手の凄さについては、「【ヤバすぎ】山田哲人の凄さに迫る【努力×天才のハイブリットです】」で解説していますが、努力と天才のハイブリッドと言っても過言ではないですね。

 

そんな山田選手ではありますが、2020年シーズンに関しては、少し不調気味です。

 

打席の中で胸部に違和感を感じる仕草を出したり、ケガで離脱することもありました。

 

ちなみに、2020年シーズンの成績は下記の通り。

 

 

明らかに本調子ではないのは確かですね。

 

しかし、今年の成績が悪かったとしても、過去の実績は色あせることはないでしょう。

 

したがって、FA権行使となると、ソフトバンクや楽天、巨人など資金力のある球団が獲得に動き出すと予想されます。

 

2020年シーズンのFA戦線を追っていく中で、山田選手は外せませんね。

 

中日ドラゴンズ・大野雄大

 

こちらも、FA戦線のキーパーソンになるであろう大野雄大投手。

 

現在は、中日ドラゴンズのエースとして、10個の完投と6つの完封というとんでもない成績を出しています。

 

その大野投手の移籍先の予想については、「大野雄大がFA権行使!?どこの球団に移籍するの!?または残留か!?」で解説しています。

 

少しネタバレすると、幼少期の頃から阪神タイガースが好きであったこと。

 

そして、地元が京都であることがキーポイントになりそうですね。

 

しかし、現在在籍している中日ドラゴンズに対して、とても恩義を感じているようで、「残留or移籍」でとても悩むのではないかと思います。

 

FA権行使となれば、阪神を中心に複数球団が名乗りを挙げると予想されるので、大野投手の動向にも注視していきたいですね。

 

東京ヤクルトスワローズ・小川泰弘

 

1人目に解説した山田選手とヤクルトで投打の軸として活躍している小川投手。

 

上杖はあまりないものの、独特な投球フォームから繰り出されるストレートと鋭く落ちるフォークが大きな魅力であることは間違いなし。

 

そして、2020年8月15日には自身初のノーヒットノーランも達成しました。

 

小川泰弘はFA権を行使するのか!?移籍先候補は中日or巨人!?

>>小川泰弘はFA権を行使するのか!?移籍先候補は中日or巨人!?

 

個人的には、このノーヒットノーランをしたことで、さらに評価をあげた投手ではないかと思っています。

 

また、年度別成績も合わせて見てもらいましょう。

 

 

打者有利の神宮球場でここまで安定した成績を叩き出せるのは、ほんと素晴らしいと思います。

 

小川投手の地元は愛知県なので、FA権行使となると、中日あたりが獲得に乗り出すと予想されます。

 

投手有利な球場を本拠地に置くチームに移籍すれば、さらに成績が上がるのではないかと思いますね。

 

埼玉西武ライオンズ・増田達至

 

埼玉西武ライオンズのクローザーとして活躍している増田投手。

 

地味ではあるものの、7年連続40試合登板&安定感抜群という2つを踏まえると、競合は必至ではないかと思いますね。

 

特に、リリーフにおいて怪我をしない投手はとても貴重です。

 

年齢的には32歳とこれまでの蓄積疲労がガクッと来ないか心配ではあります。

 

が、中継ぎ不足に悩むチームにはぜひ獲得したい選手ではありますね。

 

近年、埼玉西武ライオンズに在籍している選手を中心に獲得している楽天。

 

そして、地元・関西に本拠地に置くオリックスや阪神などが獲得に乗り出すと予想されます。

 

中継ぎ投手は何人いてもいいので、獲得したいところですね。

 

横浜DeNAベイスターズ・梶谷隆幸

 

2020年シーズン、横浜DeNAのリードオフマンとしてチームを牽引している梶谷選手。

 

近年は、怪我や不調などで成績は下降気味でした。

 

しかし、今年は本来の実力をしっかりと発揮し、打率・ホームラン・打点ともに好成績を叩き出しました。

 

ちなみに、今シーズンの成績は下記の通り。

 

 

また、今季のFA戦線において梶谷選手は結構人気ではないかと思います。

 

理由は、金銭や人的補償が発生しないCランクであるからです。

 

少し、ムラっ気があるのは気がかりではありますが、今年の成績を安定して出せるとなると、コスパはめちゃくちゃいいです。

 

年俸も7400万円と安い部類にいるので、FA権行使となると、争奪戦になりそうですね。

 

特に、外野手が不足しているチームや得点力不足に悩んでいるチームはぜひ欲しい選手です。

 

スポンサードリンク

プロ野球観戦におけるFA戦線2020の楽しみ方【シーズンオフも盛りだくさん】

 

ここまで、2020年の注目すべきFA選手について解説してきました。

 

しかし、ここからさらに2020年シーズンのFA戦線について深掘りをして行こうかと思います。

 

具体的には、「 プロ野球観戦におけるFA戦線2020の楽しみ方」ですね。

 

この内容を網羅することで、シーズンが終わった後も楽しめるようになります。

 

プロ野球といえば、もちろんシーズン中が楽しいとは思います。

 

しかし、シーズンオフの期間もお楽しみ要素が盛り沢山です。

 

その中でも、FA戦線は絶対に外せません。

 

それでは、この辺りについて解説していきましょう。

 

2020年のFA戦線は目玉揃いなので、例年より楽しみやすい

 

そもそもなんですけど、2020年のFA戦線は特に楽しいのではないかと思います。

 

理由は、目玉選手が数多くいるからです。

 

ヤクルトの山田選手や中日の大野選手など、各球団の軸として活躍している選手が多くいます。

 

また、横浜DeNAの梶谷選手のようにCランクではあるものの、成績は各部門でトップに食い込むほどの実力を持つ選手もいます。

 

そんな強者ばかりが集う2020年のFA戦線が面白くないわけがありません。

 

シーズンが終わっても、プロ野球の熱は色あせることはないでしょう。

 

FA戦線に積極的に参加する球団のファンならもっと楽しめる

 

この表題の通りですね。

 

少しわかりにくいかと思うので、説明しますね。

 

例えば、中日ドラゴンズの大野投手が仮にFA権行使をするとします。

 

こうなると、中日のファンはもちろん大野投手の去就に注目しますよね。

 

そして、大野投手の移籍先として予想される球団のファンも注目すると思います。

 

という感じで、自分のひいきチームがFA戦線に大きく関わっていると、よりプロ野球を楽しめるかと。

 

まぁ、こればかりはFA権を保持している選手に左右されるので、私たちファンはどうすることもできないですけどね(笑)

 

しかし、広島カープのようにひいきチームがあまりFA戦線に全く顔を出さない球団も中にはあります。

 

広島ファンがどのように考えているかはわからないですが、個人的にはFA戦線に自分のひいきチームが積極的に顔を出してくれた方が面白いかなとは思いますね。

 

FA選手を加えたスタメンや開幕ローテを予想するのも楽しい

 

シーズンオフになると、ファンの間で来季のスタメンや開幕ローテーションを予想するという風習があります。

 

そして、この風習はFA戦線が活発に行われている時に多く行われています。

 

やはり、新戦力が自分の応援するチームに加入すると、こういう予想はしたくなりますよね。

 

また、新戦力が入る前でも、その選手を加えて予想する楽しみもあります。

 

そして、スタメンや開幕ローテにとどまらず、リーグ順位も合わせて予想できたりもしますよね。

 

こんな感じで、プロ野球のオフシーズンも楽しみは尽きません。

 

残り試合もあとわずかになりました。

 

が、2020年のFA戦線は非常に面白いので、FA選手の動向や来季のスタメン予想などをして、楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

それでは、まとめに入ります。

 

【プロ野球】注目すべきFA取得選手一覧2020:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 2020年オフのFA戦線で注目すべき選手は5人。
  • 5人の注目すべきFA選手の中でも、山田選手と大野投手は特に注目すべき。
  • FA選手を加えたスタメンや開幕ローテを予想するのも楽しい。

 

ここまで、今年の注目FA選手とシーズンオフの楽しみ方について解説してきました。

 

本記事を一通り読んでいただいたことで、注目すべき選手やポイントがなんとなく分かったのではないでしょうか。

 

また、記事の後半では、プロ野球観戦におけるFA戦線の楽しみ方もあなたに伝授しました。

 

上記の2つを心得たあなたは、2020年のシーズンオフも変わらず、プロ野球を楽しむことができるでしょう。

 

さらに言うと、今年のFA戦線は注目選手が多いことから、例年以上に盛り上がると思います。

 

選手やフロント、そしてファンにとっても、FA戦線は情報戦みたいなところがあるので、常にアンテナを張り巡らせて置きましょう。

 

また、僕のTwitterをフォローしていただけると、高頻度にFA選手の情報も垂れ流していくので、フォローしてみてください。

 

\ プロ野球ファンの方はフォロー必須!!/

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

 

関連記事も合わせてどうぞ。

大野雄大がFA権行使!?どこの球団に移籍するの!?または残留か!?

小川泰弘はFA権を行使するのか!?移籍先候補は中日or巨人!?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる