2021年プロ野球公式戦の視聴方法チェック

東京オリンピックで野球が復活した4つの理由とは!?【手放しでは喜べません】

東京オリンピックで野球が復活した4つの理由とは!?【手放しでは喜べません】
お悩みくん

021年の東京オリンピックでなんと野球がオリンピック競技として再び復活することになりました。とても嬉しいです。しかし、これまで野球がオリンピック競技として選ばれてなかったにもかかわらず、なぜ東京大会で復活することとなったのでしょうか!?野球やオリンピックに詳しい方、ぜひご教授ください。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事で分かること

  • 東京オリンピックで野球が復活した理由
  • 東京オリンピックで野球が復活したものの、手放しでは喜べないと言うこと
  • オリンピック競技の常連になるためには、野球ファン&野球関係者が団結すること

 

少しネタバレをすると、東京大会で野球が復活したものの手放しで喜ぶことはできないと言うことを本記事では伝えたいです。

 

しかしこれだけで終わると後味が悪いので、上記を理解した上で私たちがどうしていけば良いのかも本記事で執筆しています。

 

1年後に迫ったオリンピックに向けて私たちに何ができるのか。

 

そして、何をしなければいけないのか。

 

すべてが本記事に詰まっているので、気になる方は最後まで目を通しておきましょう。

 

記事の本筋に入る前に、私のポジションを明らかにしておきます。

 

信頼性の担保

  • プロ野球観戦歴13年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)の月間閲覧数は6000PVほど(上位10%台)
  • 大学の卒業論文で「オリンピックと政治」と言うテーマで執筆(文字数は約10万文字)

 

今回の記事では、東京オリンピックで野球が復活した4つの理由について解説しつつ、後半では手放しで喜べない話について深堀していきます。

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

東京オリンピックで野球が復活した理由【全部で4つ】

東京オリンピックで野球が復活した理由【全部で4つ】

 

結論から言うと、大きく4つあります。

 

具体的には、下記の通り。

 

・オリンピックの開催都市が東京だから

・野球復活に意欲的だったから

・正式種目が28枠までという制限が撤廃されたから

・野球離れを防ぐため、若者にアピールできるから

 

それでは、上記の4つをそれぞれ深堀していきます。

 

①:オリンピックの開催都市が東京だから

 

東京といえば、日本の首都。

 

そして、日本といえばアメリカと並ぶほどの野球大国であります。

 

ちなみに世界の野球人口については、下記の通り。

 

野球リーグが存在する国:77カ国(プロリーグ10、エリートリーグ12、アマチュアリーグ55)

・世界中における野球の競技人口:3500万人

出典:Wikipedia

 

そして、アメリカと日本は世界の野球人口のうちの3分の2を占めているという統計データもあります。

 

このことから、日本がいかに野球が盛んであるのかがわかったと思います。

 

野球が盛んだからこそ、「せっかく東京で行われるのだから、野球を復活させるか」という思惑が働いたのかもしれませんね。

 

真実はわからないですが、あながち間違っていないでしょう。

 

いずれにせよ、野球が復活した理由として「東京」というワードは結構大きかったと思います。

 

②:野球復活に意欲的だったから

 

1つ目の理由のところで、「東京」というキーワードを出しました。

 

しかし、これだけでは野球が復活しなければいけない理由としては少し説得力が足りないですね。

 

では、何が必要なのか!?

 

やはり、主催国がどれだけ野球に対して熱意を持っているかですよね。

 

そして、国際野球連盟であるIBAFによる働きも非常に重要になってきます。

 

今回、東京大会で野球競技が復活した理由として、日本で行われることと野球に対する熱意が買われたということが大きいと思います。

 

他にも理由はあるのですが、この2つが大部分を占めるでしょう。

 

③:正式種目が28枠までという制限が撤廃されたから

 

これまで、オリンピックの競技数は28競技までに設定されていました。

 

しかし、東京大会からこの方針が変わり、「選手の人数が15000人以内で310種目」という条件に変更されています。

 

一見、何が変わったのか分からない方もいるかと思います。

 

結論から言うと、この基準に変わったことで野球競技復活の追い風になりました。

 

具体的には、オリンピック競技の枠が増えたので、だいぶハードルが下がりましたね。

 

そして、ハードルが下がったことであまり世界的に知名度がない野球でも、オリンピック競技として認められることができました。

 

オリンピックで野球が復活することを待ち望んでいた方にとって、この基準変更は神風とも言えますね。

 

野球が東京大会の種目として選ばれるにあたって、制限の撤廃は少なからず有利に働いているでしょう。

 

④:野球離れを防ぐため、若者にアピール

 

現在の野球について少し話すと、若者の野球離れが少しづつ増えています。

 

詳しくは「プロ野球がつまらないと言われる理由【野球観戦歴13年の立場から解説します】」で解説しているのですが、野球が盛んな日本にとっては非常に悩ましい問題ですね。

 

また、これは日本だけに限らずアメリカでも野球離れが進んでいる現状です。

 

なので、いかにして若者の野球離れをくい止めるかを今後考えていかないといけません。

 

その特効薬として野球がオリンピック競技として復活することは、大いにありですよね。

 

そして、東京大会で野球が盛り上がれば宣伝効果も期待でき、世界的な普及に貢献すること間違いなしです。

 

また、このことは東京オリンピックで野球が復活した理由としても当てはまります。

 

野球離れをくい止めるためにも、東京オリンピックをどれくらい盛り上げられるかが大きなカギとなりそうです。

 

スポンサードリンク

東京オリンピックで野球が復活はするものの、手放しでは喜べない話【険しい道のりです】

東京オリンピックで野球が復活はするものの、手放しでは喜べない話【険しい道のりです】

 

東京オリンピックで野球競技が復活すると決まり、野球ファンの方はほっとしているのではないでしょうか。

 

そして、この記事を読んでいるあなたももしかしたらそうかもしれません。

 

しかし、現実を言うと手放しでは喜べないのが現状です。

 

なぜなら、野球競技が行われるのは現時点で今大会のみだからです。

 

次回行われるパリ大会では、東京大会で行われる野球競技はプログラムに組み込まれない予定になっています。

 

まぁ、言われてみたらそうかもしれません。

 

なんせ、ヨーロッパは野球よりもテニスやサッカーなどのスポーツの方が盛りあがりますからね。

 

また、野球競技を行うとなると新たなスタジアムの建設費などでコストが増える危険性があります。

 

なので、野球競技が今大会のみと言われても仕方ないと言えるでしょう。

 

野球ファンにとっては、厳しい現実ですね。。

 

東京大会の盛り上がりやIBAFの立ち振る舞いが非常に重要

 

しかし、まだ諦めるのは早いです。

 

次回大会で行われないからといって、未来永劫野球が行われないわけではありません。

 

今後の盛り上がり度合いや野球関係者、そして野球ファンの振る舞いによっては、再びオリンピック競技として復活する可能性もあります。

 

もしかしたら、オリンピック競技として定着するかもしれません。

 

また、野球競技が除外された要因としてIBAFの怠慢が大きな原因として挙げられていました。

 

具体的には、IOCから野球を世界に広めるための活動等を積極的に行うよう何度も通達されていました。

 

しかし、IBAFはこれを無視し活動もあまり行なっていませんでした。

 

そのため、IOCは怒ってしまいオリンピック競技から野球を外したと言う経緯があります。(他にも要因がある。)

 

なので、IBAFの積極的な普及活動は不可欠と言えるでしょう。

 

次々回大会のロサンゼルスオリンピックは野球競技復活のチャンス

 

もう一つ、あなたに朗報があります。

 

それは、次々大会の開催地はロサンゼルスだからです。

 

ロサンゼルスと聞いて、何か思い浮かびませんか!?

 

ロサンゼルスといえば、大谷翔平選手が在籍しているエンゼルスの本拠地があるところですよね。

 

と言うことは、野球が非常に盛んな地域でもあります。

 

なので、2021年大会で野球競技が大いに盛り上がれば再びロサンゼルス大会で復活という可能性は大いにあるでしょう。

 

となると、このロサンゼルス大会に向けてIBAF等は様々な施策を行なっていく必要がありますね。

 

野球が次回大会以降再びオリンピック競技として開催されるかどうかは、このように長期視点で見ることができるかにかかっています。

 

結論、野球ファン&野球関係者が一つになって盛り上げること

 

これに尽きますね。

 

せっかくのオリンピックでせっかくの国際大会なので、楽しく盛り上がりましょう。

 

そうすれば、東京大会は自ずと盛り上がります。

 

そして、野球も盛り上がり世界に向けて発信することもできます。

 

今は昔と違ってSNSもあるので、自分のツイートが瞬く間に広まります。

 

なので、東京大会が盛り上がれば必然的にポジティブな口コミが広がり、「東京オリンピックやってよかったよ」というような言葉で埋め尽くされるでしょう。

 

少し野球とずれてしまいましたが、ここで言いたいのは野球ファンやファンに限らずみんなの手で盛り上げましょうということです。

 

これができれば、IOCも「野球盛り上がってるな。次もやろうかな」ってなるんですよ。

 

さすがにオリンピックも世論は無視できませんからね(笑)

 

このように目の前の競技を心の底から楽しむ。

 

好きな選手を応援する。

 

勝利すれば笑い、負けたら悲しむ。

 

こういう姿勢が大事ですよね。

 

意図してするものではないですが、私たちがこのような気持ちになることができる大会にしてほしいですし、こんな大会になることを期待しましょう。

 

それでは、まとめに入ります。

 

東京オリンピックで野球が復活した4つの理由とは!?:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 東京オリンピックで野球が復活した理由は大きく4つある。(本文参照)
  • 東京オリンピックで野球が復活するものの、手放しでは喜べない。
  • 野球がオリンピック競技の常連になるためには、どれだけ盛り上げられるかがカギ。

 

2021年東京大会では、野球競技が復活することに決まりました。

 

野球ファンの方にとっては、これ以上ない朗報だと思います。

 

私もこの報道を聞いてとても嬉しかったです。

 

しかし、手放しでは喜べません。

 

実は、野球競技がオリンピック種目として行われるのは今のところ東京大会のみ。

 

次回のパリ大会では野球競技が行われず、東京大会限定の競技になっています。

 

なので、私たちの次なる目標はどのようにして野球がオリンピック競技として定着していけるかどうかです。

 

上記を達成するためには、やはり東京大会を成功させて「野球は面白いものだ」と言うことをアピールすること。

 

そして、世界に野球の面白さを広めていくことに尽きます。

 

また、次々回大会はエンゼルスの本拠地があるロサンゼルスで大会が開かれる予定です。

 

野球が盛んな地域なので、再びオリンピックで野球が行われる可能性も大いにあります。

 

ここまで先を見据えた上で1年後に行われる東京大会、そして野球競技を盛り上げていきたいですね。

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

 

関連記事も合わせてどうぞ。

野球はオリンピックではどんなルールになるの!?東京大会の見どころも!!

野球がオリンピックでいらないとされる3つの理由【野球の灯を消すな!!】

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる