サイドスローで綺麗なストレートの投げ方【結論:こだわりは捨てましょう】

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

・サイドスローでストレートを投げると、どうしてもシュート回転がかかります。
・サイドスローで綺麗な回転のストレートを投げる方法を教えて欲しいです。



今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事で分かること

  • サイドスローでストレートがシュート回転がかかってしまう原因。
  • サイドスローで綺麗なストレートの投げ方。
  • クセ球の方がむしろ打者を抑えやすいのではないかと言う話。



記事の本筋に入る前に信頼性を担保すると、この記事を書いている私は草野球歴9年で、学生時代は野球を中心にテニスや空手など多くのスポーツを経験しました。




また、草野球時代はピッチャー経験もあり、なかなか綺麗なストレートを投げることができなかった経験があります。(ちなみにサイドスローで投げます🤔)




そこで、今回の記事ではサイドスローで綺麗なストレートの投げ方について紹介しつつ、記事の後半では綺麗なストレートにこだわるのではなく、個性を伸ばしましょうと言うことについても解説していきます。





それでは、記事の最後までお付き合いください。




スポンサードリンク
目次

サイドスローで綺麗なストレートの投げ方【詳しく解説します】

投げ方



綺麗なストレートとは、縦回転のストレートのことを指します。




例えば、下記のようなストレートですね。





今回、サイドスローについての記事なので、動画で言うと市川選手のストレートなんかはいいストレートの見本になりますよね。




と言うように、自分のストレートがくせ球だと言う人は、綺麗な回転のストレートに憧れ意識を持つことが多いと思います。




例えると、くせ毛や天然パーマの人がサラサラの髪の毛に憧れを抱くのと同じですよね。(わかってくれるかな🤔)




私も草野球をしていた頃は、なかなか綺麗なストレートを投げられずに悩んでいました。





前置きが長くなりましたが、ここではサイドスローで綺麗なストレートを投げられない理由と綺麗なストレートを投げる方法について解説していきます。



サイドスローで綺麗なストレートが投げられない理由



いたってシンプルです。




あなたがサイドスローで綺麗なストレートを投げられない原因は、手首の使い方にあります。




具体的に言うと、手首が寝ているため綺麗なストレートが投げられないのです。




では、どう言うときに手首が寝たままボールを投げることになるのでしょうか!?




それは、投球フォームの動作に力みが生じたときです。




ピッチャーは、いいボールを投げようとすればするほど全身に力が入り、力みが生じます。




そのため、ボールをリリースする前から力が入ってしまう状態になりがちです。




しかし、それだと満足に綺麗な回転のストレートを投げることができません。




特に、サイドスローでストレートを投げる際にナチュラルにシュート回転をしてしまうといったことがあるのなら、これが原因かもしれません。




もし、心当たりのある人は実際に自分のピッチングフォームを動画に撮って確認してみるのもいいと思います。





ぜひ、確認しましょう。





サイドスローで綺麗なストレートの投げ方とは!?




ここまでを読んだ方だと自ずと答えがでてきそうですよね。





つまり、手首を寝かせて投げるのではなく、手首を立ててボールを投げていきましょう。





このようにすることで、サイドスローでも綺麗な回転のストレートを投げられます。





それでは、手首を立てるためには具体的にはどのようなことをしたら良いのでしょうか!?





もしかしたら、わかる人はわかるかもしれませんね。





つまり、手首を立てるためには力むのではなく、リリースする瞬間に力を入れるようしなければいけません。





手首を立てることを意識するのはもちろんですが、具体的にどうすれば良いのかわからない方が多いと思います。





しかし、実際は基本であるリリースする瞬間に力を入れることで自然に手首が立ったまま投げることができます。





手首の効果的な使い方については、下記の動画で説明されているので、合わせて見てみましょう。





上記の方法で全員が投げられるわけではない



しかし、ここであなたに悲報があります。




それは、誰もが上記の方法を行ったからと言って綺麗なストレートが投げられるわけではないということです。




実際に、私はクセのあるボールを完全には修正できませんでした。




「いやいや、お前何の効果もない方法を教えてるのかよ」




そんな声が聞こえてきそうですが、そう言うわけではないです。




この方法は綺麗なストレートを投げるためのメジャーな方法としてよく扱われていますし、私も効果は完全ではないですが、実感しています。




では、なぜ完全には修正できなかったのでしょうか!?




それは、人によって身体の形状などが異なるからです。




なので、効果を実感するのに個人差があるのは当たり前の話ですよね。



そこで、私から提案したいのが「今あるクセ球を有効活用する」ことです。




何も綺麗な回転のストレートを投げる必要はありません。




むしろ、クセ球を投げることで生まれるメリットも多くあります。




私はこのような方向転換を図ることで、自分のクセ球を武器に変えることができました。




それでは、本記事の後半で「サイドスローで綺麗なストレートを投げなくてもいい話」について解説していきます。




スポンサードリンク

サイドスローで綺麗なストレートを投げなくてもいい話【個性を生かせ!!】

コンプレックスを生かす




このような考えに変わるだけでも、だいぶ見える景色が変わってきます。




実際に、私は先ほどの書いたように上記のような考え方に変えることで自身の投球スタイルにも良い影響が出ました。




そのような実感をあなたにもぜひ感じて欲しいと思います。




そのためには、あなたにはぜひクセ球を武器にして打者と相対することを覚えて欲しいと考えています。





そこで、ここではクセ球を投げることによるメリットを紹介していこうと思います。





具体的には、下記の通り。




①:バッターは的を絞りづらい

②:横の揺さぶりがしやすくなる

③:カウントを稼げる

④:ゴロアウトに取りやすい




それでは、上記の4つのメリットをそれぞれ深堀していきます。




①:バッターは的を絞りづらい




クセ球はバッターの的を絞らせません。




例えば、自分が打者だとします。




自分がストレートだと思ったボールがいざバットを降ったとき、シュートして内角に食い込んできたため、どん詰まりの内野ゴロになりました。




打った本人は「はぁぁぁ!?」ってなりますよね。




これがクセ球の持ち味ですよね。




バッターも想定しづらい微妙な変化をするので、的を絞りづらい。




このようなメリットが、クセ球にはあります。




②:横の揺さぶりがしやすくなる




サイドスローで投げると、横の揺さぶりがしやすくなります。





例えば、自分が右のサイドスローのピッチャーだとします。





そのときだと、右バッター相手だとインコースとアウトコースの揺さぶりがとてもしやすく抑える確率が上がります。




なぜなら、サイドスロー投手はバッター目線から見ると横の角度がとてもつくので、内角のボールは腰が引けて、外角のボールは遠く見えます。




それにプラスくせ球となると、鬼に金棒ですよね。




なので、サイドスローでありくせ球でもあるのは、ある意味最強です。




もっと自信をもっていいと思いますよ。




③:カウントを稼げる



クセ球だとカウントを稼ぐことができます。




つまり、カウントが悪くなってもファールでカウントを整えることができます。




クセ球はバッター目線からみると、芯で捉えいくいです。




理由としては、先ほども書いたようにバッターが「来た!!」と思って振っても、微妙に芯を外されます。




その結果、ファールボールになる確率が高く、カウントを整えることができます。




④:ゴロアウトに取りやすい



③の理論と同様ですね。



クセ球はバッターの手元で芯を外されることが多く、内野ゴロを量産しやすいです。




例えば、阪神タイガースの岩田選手を見てみましょう。





岩田選手は数年前まで巨人の杉内氏と自主トレをしていました。




その際に、綺麗なストレートを投げたいと言うことで杉内氏に教えを乞う場面がありました。(ソースがなくて申し訳ないです💦)




それだけ、綺麗なまっすぐに対して憧れを抱いていた岩田選手ですが、クセ球を武器にして活躍しています。




特に、内野ゴロを打たせたい場面にはクセ球は効果的なので、自身の個性を有効活用していきたいですね。




サイドスローで綺麗なストレートの投げ方【結論:こだわりは捨てましょう】:まとめ

スポンサードリンク



それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

今回の記事の重要POINT
  • サイドスローで綺麗なストレートを投げるためには、手首を立てて投げる必要がある。
  • しかし、上記の方法を行ったことで全員が全員効果を実感できるわけではない。
  • 個人的には、今あるクセのあるボールを武器にしていく方が有効であると考えている。



自分が投げるストレートがクセ球であることに悩む人は多いと思います。



「綺麗な回転のストレートを投げたい」




「〇〇選手みたいな伸びのあるストレートを投げたい」




このような願望を持っている方も多いと思います。




そして、この記事を読んでいるあなたもサイドスローで綺麗なストレートが投げられなくで悩んでいますよね!?




実際に私もこの手の悩みにいつも追いかけ回されていましたが、それを個性であると捉えることで見える景色が変わりました。




そして、理論的にも綺麗なストレートよりクセのあるストレートの方が押さえやすいのは確かです。




そこで、私が本記事であなたに伝えたいことは、今あるそのクセ球を強みにしていきましょうと言うことです。




わざわざ、クセ球を綺麗なストレートに矯正する必要はないですし、むしろそのクセ球を強みにしていって欲しいです。




時間はかかるかもしれませんが、そのような決断ができたときには、あなたの視界がパッと開けること間違いなしです。





本記事があなたの今後の野球ライフにポジティブな影響を与えられたら嬉しいです。





それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。





楽しい野球ライフをお送りください。




☞「【野球】コントロールを劇的に改善させる3つのコツ【目からウロコです】


☞「野球初心者が習得すべき変化球3選|練習方法も合わせて徹底解説!!


スポンサードリンク



この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる