【最新版】全12球団プロ野球公式戦の視聴方法→チェック

【野球用語】奪三振率とは?計算方法や目安、歴代ランキングを解説!

【野球用語】奪三振率とは?計算方法や目安、歴代ランキングを解説!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
お悩みくん

投手の成績を見ると、奪三振率という項目があります。奪三振数は分かるのですが、奪三振率がどんなものか想像がつきません。プロ野球に詳しい方に、奪三振率の意味や見方についてお聞きしたいです。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事でわかること

  • 奪三振率とは
  • 奪三振率の計算方法
  • 奪三振率の評価目安
  • 奪三振率の歴代ランキング

 

投手成績を評価する指標は、非常に数多くあります。

 

その中で、今回解説するのは奪三振率という項目。

 

わかりそうではあるものの、しっかりと理解している方は少ない印象があります。

 

また、奪三振率を見ることでわかる投手像まで、本記事で解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

記事の本筋に入る前に、私の自己紹介をしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • 野球観戦歴15年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で310記事以上を執筆・
  • 月刊閲覧数は70000PV超(上位2%代)

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

【野球用語】奪三振率とは?計算方法や目安などを解説!!

【野球用語】奪三振率とは?計算方法や目安などを解説!!

 

結論から言うと、投手の成績を評価する指標の1つで、「1試合あたりの奪三振数」を表しています。

 

つまり、投手が仮に「9イニングを投げ切った時に、どれくらいの三振数を稼げるか」がここからわかりますね。

 

そして、当たり前のようにこの数字が高ければ高いほど、奪三振能力に優れた投手と言えるでしょう。

 

また、奪三振率についてのタイトルは現状ありません。

 

しかし、奪三振数に関してのタイトルはあって、最多奪三振賞と言う形で表彰されます。

 

奪三振率の計算方法

 

奪三振率の計算方法は、以下の通り。

 

奪三振数 × 9 ÷ 投球回数

 

非常に簡単な計算ですよね。

 

比較的、算数が苦手の方も覚えやすいかなと思います。

 

奪三振率の評価目安

 

奪三振率の評価の目安は、以下の通り。

 

平均:5.0〜6.0

優秀:7.5〜8.0

最優秀:9.0~

 

上記を基準として、奪三振率をみていただくと評価しやすいかなと思います。

 

奪三振率が高い= 信頼される投手

 

奪三振率が高いと、三振がたくさん取れる投手ということを書きました。

 

もう少し深堀すると、奪三振率が高い投手は「信頼される投手」とも言えます。

 

なぜなら、奪三振率が高いと自分自身でアウトに取ることができるため、エラーであったり、守備に足を引っ張られることがありません。

 

つまり、打者をアウトにとる確率が上がるわけです。

 

なので、自身の成績も安定しやすいですし、チームにとっても信頼の厚い投手になりやすいです。

 

また、奪三振率と被打率には相関関係があり、奪三振が高いと被打率が低いとも言えます。

 

なので、そういう意味でも「奪三振率が高い = 信頼される投手」といえ、計算しやすい投手と言えるでしょう。

 

クローザーで活躍した藤川球児の奪三振率はやはり高かった。

 

【野球用語】クローザーとは!?適任の投手の特徴なども徹底解説!!」でも執筆済みですが、クローザーはどちらかというと、奪三振率が高い選手が起用されることが多いです。

 

なぜなら、クローザーは、緊迫した試合に登板してしっかりと試合を占める役割が求められるからです。

 

つまり、アウトを確実に取ることができる投手が求められているということです。

 

そのため、いかに安全に相手打者を打ち取るかに比重が置かれがちです。

 

なので、奪三振率の高い投手がクローザーに選ばれる傾向にあります。

 

クローザーで三振を取っている印象を持つ投手として、私の中では藤川球児さんが挙げられます。

 

あの、”火の玉ストレート”で非常に有名な投手です。

 

【バットに当たらない!?】藤川球児が投げるストレートの正体とは!?

 

その球児さんは私が先ほど書いた予想通り、やはり奪三振率はずば抜けて高かったです。

 

具体的には、以下の通り。

 

通算782試合に登板した藤川は、935回1/3を投げて奪三振率が11・74。通算500試合以上では五十嵐(ヤクルト)の9・56、通算900回以上でも野茂(近鉄)の10・31を抑え、奪三振率1位だ。奪三振数が投球回数より多いのが実働17年間で15度あり、04年からは奪三振率10・00以上を続けた。奪三振数が投球回数を上回ったシーズンを調べると、藤川の15度が最も多く、2位は五十嵐の10度。佐々木(横浜)は実働12年間のうち9度で、メジャーから復帰後は上回れなかった。藤川のNPB復帰は36歳の16年だったが、成績が落ちる選手の多い36歳シーズン以降に奪三振率11・33を記録している。

引退藤川 通算奪三振率も1位/データで見る – プロ野球 : 日刊スポーツ

 

上記を見ると、明らかに球児さんの奪三振率が高いことがわかりますね。

 

また、ここに名前の上がっている五十嵐さんや佐々木さんもクローザーとして活躍した選手であり、奪三振率が高いことが伺えます。

 

という感じで、奪三振率は投手の信頼性を測る指標にも使うことができ、特に試合の行方を左右するポジションの投手を決める際にも、活用できそうということがわかりますね。

 

スポンサードリンク

【野球用語】奪三振率の歴代ランキング【独自の考察も】

【野球用語】奪三振率の歴代ランキング【独自の考察も】

 

ここでは、奪三振率の歴代ランキングを奪三振数ランキングと比較して解説していきます。

 

【面白】奪三振率と奪三振数の歴代ランキングでわかること

 

では、奪三振率の歴代ランキングをを紹介していくのですが、合わせて奪三振数の歴代ランキングも見ていきましょう。

 

奪三振率歴代ランキングTOP10

順位投手奪三振数投球回奪三振率
1杉内俊哉21562091.19.28
2石井一久21152153.18.84
3江夏豊298731968.41
4川口和久209224107.81
5工藤公康28593336.27.71
6槙原寛己211124857.65
7西口文也20822527.27.41
8金田正一44905526.27.31
9小野正一224429096.94
10三浦大輔248132766.82

奪三振数歴代ランキングTOP10

順位投手奪三振数投球回
1金田正一44905526.2
2米田哲也33885130
3小山正明31594899
4鈴木啓示30614600.1
5江夏豊29873196
6梶本隆夫29454208
7工藤公康28593336.2
8稲尾和久25743599
9三浦大輔24813276
10村田兆治23633331.1

 

奪三振率と奪三振数のランキングに入っている選手を比較してみると、結構違うことがわかりますよね。

 

奪三振の方は、レジェンドと呼ばれるだいぶ昔の人が名前を連ねている印象です。

 

リアルタイムで知っている選手を挙げても、三浦監督しかいないですからね。

 

逆に奪三振率の方は、比較的最近の選手が名を連ねています。

 

現役選手はいないですが、杉内投手や石井投手、工藤投手などはリアルタイムで知っていますし、もっと言うと投手分業制が始まった後の選手が多めですね。

 

【考察】奪三振率と奪三振数でなぜここまでランクインしている選手が違うのか?

 

結論から言うと、投手分業制が始まる前と後で野球の形が大きく変わったからです。

 

投手分業制が始まる前は、先発完投が当たり前でしたから、その分イニング数も伸びて奪三振数も上がります。

 

なので、奪三振数に関しては投手分業制が流行る前の選手が多いわけです。

 

しかし、投手分業制が本格化した後は、先発投手の完投数も減り、その分イニング数も減ります。

 

ですが、奪三振の数が安定して奪うことができれば、その分奪三振率は上がりますよね。

 

奪三振率のランキングに比較的最近の選手が多めなのは、上記の理由があるからです。

 

以上、奪三振率歴代ランキングの紹介と考察でした。

 

それでは、この辺りでまとめに入ります。

 

【野球用語】奪三振率とは?計算方法や目安、歴代ランキングを解説!:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要POINTを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 奪三振率とは、「1試合あたりの奪三振数」を表している
  • 奪三振率の計算方法は、「奪三振数 × 9 ÷ 投球回数」である
  • 奪三振率の目安は、7.5を超えると優秀で、9.0を超えると奪三振能力の高い投手と言える
  • 奪三振率の高い投手は、信頼のある投手と言える

 

奪三振率は、全奪三振数を投球回数で割ったもので、「1試合平均の奪三振数」を表します。

 

また、この奪三振率が高いことは、打者をアウトにとる上で非常に信頼のある投手と言えます。

 

なぜなら、奪三振が取れると言うことは、投手自身でアウトに取れるからです。

 

そう言う意味では、奪三振率が高い投手はチームでとても重宝される投手なのではないかと思いますね。

 

こんな感じで、奪三振率1つでいろんなことがわかります。

 

ぜひ、あなたも本記事で学んだ奪三振率を利用して、投手の評価や野球観戦に役立ててみてください。

 

また、最近はセイバーメトリクスといった統計学を用いた評価手法がトレンドです。

 

当サイト(プロ野球観戦の巣)でも解説していますので、合わせて読んでみてください。

 

セイバーメトリクスについての解説記事

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次