【速報】鳥谷敬のロッテ入団が決定!!【祝福コメントが多数あります】



こんにちは、阪神ファン歴13年の熱烈な阪神ファン、ヒロトニンです。




本日(2020年3月10日)、嬉しい情報が耳に飛び込んできました。



“【阪神退団の鳥谷 ロッテ入団へ】昨年限りで阪神を退団した鳥谷敬内野手(38)が、ロッテと入団交渉を行い、合意したことが9日、分かった。

10日に発表される。3月上旬という異例のタイミングで獲得を決めた。”





阪神ファンの方にとっては、嬉しいとホットしたという2つの気持ちが頭の中にあるのではないでしょうか。




私も正直、このニュースを聞いて、ホッとしています。




そんなホットしている心境の中で、阪神ファン歴13年でもある私が、今回のニュースについて深掘りしていこうと思います。




それでは、最後までお付き合いください。



スポンサードリンク
目次

鳥谷敬のロッテ入団が決定!!【これまでを振り返ります】

歴史



朝からいいニュースを見ましたね。




なんと、2019年シーズン限りで阪神タイガースを退団した鳥谷選手の行き先が、千葉ロッテマリーンズに決まりました。



昨季限りで阪神を退団した鳥谷敬内野手(38)が、ロッテと入団交渉を行い、合意したことが9日、分かった。10日に発表される。鳥谷は昨季、阪神から“引退勧告”を受けたが、現役続行を選択して他球団移籍の道を模索。一方ロッテは数カ月間に渡って獲得調査を続け、経験豊富な遊撃手がいないチーム状況も踏まえ、虎のレジェンドの力が必要と判断。3月上旬という異例のタイミングで獲得を決めた。

出典: 日刊スポーツ



なかなか、ここまで行き着くのに時間がかかりましたが、やっとここまできましたね。




しかし、この記事を読んでいるあなたも多分ご存知だと思いますが、ここまで鳥谷選手は色々と言われていましたよね。




そこで、阪神を退団してから今日に至るまでを簡単に振り返っていきます。



2019年シーズンをもって阪神を退団



鳥谷選手は、2019年シーズンをもって阪神タイガースを退団することになります。




原因としては、鳥谷選手の不調や年齢的な面、そして球団の若返りに逆行してしまうなどが挙げられています。




このような煽りを受けて、鳥谷選手は阪神タイガースを退団することになります。




鳥谷選手が阪神タイガースを退団したニュースについて、詳しくは下記の記事で解説しているので、合わせてお読みになると理解が深まります。





2019年シーズン最終戦も鳥谷選手は引退するわけではないので、セレモニー的なことも行われず。




スクリーンに鳥谷選手に対する応援メッセージと鳥谷選手がファンに対して礼をしただけで終わりました。




個人的には、虎の功労者なので、何かしらセレモニーをやっていただきたかったというのが本音ですね。




一時は引退危機にあった



阪神を退団した後、鳥谷選手の行き先について様々な情報が飛び交いました。




中日ドラゴンズ、広島カープ、埼玉西武ライオンズ、、、、。




あげればキリがないほど、多くの選択肢が紙面上をにぎわせてましたね。



しかし、なかなか決まらず、その後は鳥谷選手の引退報道まで出ていましたよね。



昨季限りで 阪神タイガースを退団した 鳥谷敬の移籍先が一向に見えてこない。退団した当初は千葉 ロッテや埼玉 西武など複数の球団が獲得に動くのではないかと噂されていたが、実際は目立った動きがないまま、静かに年が明けてしまった。 当の鳥谷は昨年末に関西テレビで放送されたバラエティー番組「こやぶるSPORTS大忘年会SP」に出演した際、その去就について「他の球団から声がかかるのを待っている状況。当然、声をかけてもらえればそこでやりますし、声がかからなければ辞めるという感じですね」と発言。これまでは現役続行を強く希望していた鳥谷だが、ここにきて初めて「辞める」という言葉を口にし、このまま引退の可能性もあることを示唆した。

出典:日刊ゲンダイDIGITAL



これについては、下記の記事でも詳しく解説しています。







上記のように、一時は引退報道まで出ていた鳥谷選手がここにきて千葉ロッテに入団を決めたこの姿は、まさに不死鳥のようですね。




最後まで諦めない姿勢は、本当に尊敬に値しますよね。




鳥谷敬がロッテに入団したことに対する口コミ&コメント

口コミ



それでは、今回鳥谷選手が千葉ロッテマリーンズに入団したことに関して、阪神ファンとロッテファンの方はどのように思っているのでしょうか。




これについては、Twitter等の検索窓で今回のニュースに関するキーワードを入れて調べていきます。


鳥谷敬がロッテに入団したことに対するロッテファンの反応

 

 

 

 

 



上記のロッテファンの口コミをまとめると下記のようになります。




・ようこそ、千葉ロッテマリーンズへ!!

・内野の争いが激しくなりそう

・レギュラーを狙ってがんばれ!!




けっこう、好意的な意見が多数ありますね。




これは、阪神ファンとしてはとても嬉しいですね。




鳥谷敬がロッテに入団したことに対する阪神ファンの反応

 

 

 

 



上記の口コミをまとめていくと、下記のようになります。




・交流戦でまた会おう!!

・鳥谷選手おめでとう㊗️

・また、阪神に帰ってきて!!




やはり、阪神ファンの方もロッテファンの方と同様に応援コメントが多くありますね。




また、私みたいにホッとしたというファンも多いことでしょう。




スポンサードリンク

鳥谷敬のロッテ入団が決定したことに対する私の考え&思い

考え



これは何度も言っているように、とてもホッとしています。




阪神を退団したときは、正直どこかの球団がとってくれるだろうという気持ちもあったので、安心して見ていました。




もちろん、阪神を退団するのは悲しい限りですけどね。




しかし、阪神を退団してからなかなか新天地が決まらなくて、私だけではなく阪神ファンの方も不安だったと思います。




それが、本日(2020年3月10日)千葉ロッテに入団が決まって、ほんと自分のことのように嬉しいですよね。




私がプロ野球を見始めた頃から阪神の不動のショートだったので、鳥谷選手にはまだ野球をやめて欲しくないですね。




これからも私たち、ファンのヒーローであり続けて欲しいです。


内野のバックアップ&DHが主戦場になると思われる



話がガラリと変わるのですが、千葉ロッテでの主な役割としては、内野のバックアップ&DHが主戦場になるかと思います。




もちろん、調子が良ければレギュラーもあり得ると思います。




個人的には、ロッテのショートあたりが少し不安があるかなと思うので、鳥谷選手はショートのレギュラーをとる勢いで2020年シーズン頑張っていただきたいですね。




また、パ・リーグはDH制度もあるので、元ロッテの福浦選手みたいな使い方もありかなと思っています。



交流戦で元気なプレーを見せてくれることを楽しみにしています



交流戦が非常に楽しみですね。




しかし、今年は新型コロナの影響で普段のシーズン通りにはいかない可能性があるかもしれません。









その影響で交流戦が中止なんてこともないわけではないので、なんともいえないですが、、、。




しかし、2020年シーズンも通常通り交流戦が行われるのなら、ぜひロッテのショートのレギュラーとして阪神タイガースと対戦して欲しいですね。




阪神ファンとしては、鳥谷選手の元気な姿やハツラツとしたプレーをまた見たいと思っています。(もちろんロッテファンも)




2020年シーズンの開幕が、待ち遠しいですね。




まとめ:阪神ファンとしてとりあえず新天地が決まってほっとしてます。

スポンサードリンク

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきたいと思います。

今回の記事の重要POINT
  • 鳥谷選手の千葉ロッテマリーンズの入団が決定!!
  • これまで、移籍先だけではなく、引退報道まで出ていた。
  • ロッテファン、阪神ファン共に好意的な反応である。
  • ロッテでは主に内野のバックアップ要員&DHでの出場と思われる。
いやー、ほんと嬉しいですね。



ここ最近、鳥谷選手の噂が全然メディアに出てこなくなっていたので、すごく心配していたんですけどね。




もしかしたら、ロッテが意図的に情報統制をかけていて、情報を漏らさないようにしてたかもしれませんね。




井口監督と師弟関係ということなので、今季も変わらずベストな環境でプレーできますね。




阪神ファンとして私は、阪神の試合を見つつ、ロッテの試合も鳥谷選手中心に見ていきたいと思います。




本当におめでとうございます㊗️




今回の記事は、ここまでにしたいと思います。




楽しい野球観戦ライフをお送りください。





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる