【最新版】全12球団プロ野球公式戦の視聴方法→チェック

【野球用語】悪送球とは!?エラーになる!?ボールデッドになったら!?

【野球用語】悪送球とは!?エラーになる!?ボールデッドになったら!?
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
お悩みくん

野球を観ていると、「悪送球」と言う言葉をよく耳にするのですが、どう言う意味でしょうか。また、悪送球はエラーとして記録されるのでしょうか。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事でわかること

  • 悪送球とは
  • 悪送球の種類
  • 悪送球はエラーになるかについて
  • 悪送球と暴投の違いについて

 

今回の記事では、野球観戦でよく耳にする悪送球についてあらゆる角度から解説していきます。

 

記事の本筋に入る前に私の自己紹介をしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • 野球観戦歴15年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で310記事以上を執筆
  • 月刊閲覧数は70000PV超(上位1%代)

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

悪送球とは

悪送球とは

 

結論から言うと、送球を捕球不可能なところに投げる一連の動作を指します。

 

具体的には、以下のような感じ。

 

 

悪送球の種類は次のところでも解説しますが、上記のようなプレーを悪送球といいます。

 

【代表例】悪送球の種類

【代表例】悪送球の種類

 

悪送球の種類は細かく分けると、結構数があります。

 

なので、本記事では代表的なものに絞って、紹介していこうと思います。

 

悪送球の種類は、大きく3つあります。

 

具体的には、以下の通り。

 

  • 野手が各塁への送球を逸らす
  • 投手の牽制ミス
  • 送球がスタンドやベンチに入る【ボールデッド】

 

それでは、上記の3つを深掘りしていきます。

 

野手が各塁への送球を逸らす

 

守備についている野手が打球を処理してアウトにするとき、1塁や2塁に送球しますよね。

 

その送球が逸れた場合、悪送球となります。

 

例えば、以下の動画のような感じですね。

 

 

こちらは投手が各塁へ送球するプレーになりますが、送球が大きく逸れていると思います。

 

これらは立派な悪送球と言えるでしょう。

 

投手の牽制ミス

 

牽制とは、走者の盗塁を警戒するために、塁を守っている野手に送球することを言います。

 

牽制球を投げた際、捕球できないようなボールを投げてしまった時、これも悪送球となります。

 

ちなみに、以下の場合も悪送球となります。

 

 

2アウト2塁3塁の場面ではありましたが、マクガフ投手がまさかの1塁へ牽制。

 

もちろん、一塁手はベースについていなかったので、ボールは転々とライトファイルゾーンに転がっていき、2人の走者がホームに帰ってくるという結果になってしまいました。

 

無人のところに牽制球を投げたので、「悪送球と言えるのか?」と疑問に思うかもしれませんが、こちらの場合も悪送球として分類されます。

 

送球がスタンドやベンチに入る【ボールデッド】

 

では、ボールデッドになった場合はどうなるでしょうか。

 

ボールデッドの意味は、以下の通り。

 

ボールデッド
試合が停止され、無効となる時間のこと。

 

例えば、野球では送球が逸れてスタンドやベンチにボールが入ってしまう場合があります。

 

これは、ボールデッドとなり、各走者進塁権が与えられます。

 

ここで重要なのは、この送球は果たして悪送球なのかどうかですが、これも悪送球として分類できますね。

 

野手が捕球できないほどボールが逸れているわけなので、悪送球といえます。

 

スポンサードリンク

多くの人が誤解しやすい悪送球に関する疑問

多くの人が誤解しやすい悪送球に関する疑問

 

悪送球の中には、「これは悪送球なの?」であったり、「記録はどうなの?」みたいな疑問が生まれるものもあったりします。

 

具体的には、以下の通り。

 

  • 悪送球はエラーになる!?
  • 悪送球は暴投と同じ!?

 

ここでは、上記2つの疑問について深掘りしていきます。

 

悪送球はエラーになる!?

 

結論から言うと、エラーとして記録されます。

 

たまに悪送球という記録があると勘違いする人がいますが、厳密にはありません(スコアブック上は専用の書き方があるらしい…)。

 

エラーが記録される理由として、悪送球という言葉が存在していると認識していいです。

 

ちなみに、エラーについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひこちらも読んでみてください。

 

エラーについての解説記事

悪送球は暴投と同じ!?

 

結論から言うと、悪送球と暴投は異なります。

 

これも結構誤解している人が多いですね。

 

では、何が違うのでしょうか。

 

ズバリ、ボールの受け手の違いです。

 

比較してみましょう。

 

悪送球:守備についている野手に投げたボールが逸れてしまうこと
暴投:打者に対して投げたボールが大きく逸れてしまうこと

 

上記2つは、「誰に対して投げているか」の部分が大きく違います。

 

悪送球は「守備についている野手」、暴投は「打者」に対して投げています。

 

同じ「逸らす」ボールでも、両者違うことがここからわかりますね。

 

悪送球と暴投は混同しやすいですが、「誰に対して」の部分が違うことを覚えておきましょう。

 

それでは、この辺りでまとめに入ります。

 

【野球用語】悪送球とは!?エラーになる!?ボールデッドになったら!?:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要POINTを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 悪送球とは、「送球を捕球不可能なところに投げる一連の動作」を指す
  • 悪送球はエラーとして記録される
  • 悪送球と暴投は、「誰に対して投げているか」の部分が異なるため、同じではない

 

悪送球は野球観戦をしていても、非常によく聞く言葉です。

 

知っておいて損はない言葉なので、ぜひ本記事が参考になれば嬉しいです。

 

また、当サイト(プロ野球観戦の巣)では、数多くの野球用語を解説していますので、他の記事もぜひ読んでみてください。

 

野球用語解説記事

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次