2021年プロ野球公式戦の視聴方法 チェック

【北海道】高校野球強豪校まとめ!!春・夏甲子園の出場回数も解説!!

【北海道】高校野球強豪校まとめ!!春・夏甲子園の出場回数も解説!!
お悩みくん

最近、高校野球を見るようになった初心者です。北海道から甲子園に出場する高校といえば、北海高校のイメージが強いですが、他に強豪校はあったりしますか!?また、春と夏の甲子園の出場回数が多い高校はどこですか!?野球に詳しい方に教えていただきたいです。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事でわかること

  • 【北海道】高校野球強豪校について
  • 【北海道】春の甲子園出場校ランキング
  • 【北海道】夏の甲子園出場校ランキング

 

北海道で高校野球が強い強豪校といえば、北海高校が頭の中に浮かぶのではないでしょうか。

 

または、田中将大投手が在籍していた駒大苫小牧高校を思い浮かべた人もいるかもしれません。

 

こんな感じで、北海道には高校野球が強い強豪校がいくつか存在しています。

 

そこで、今回の記事ではこの辺りにフォーカスしつつ、春と夏の甲子園の出場回数ランキングも合わせて紹介していこうと思います。

 

記事の本筋に入る前に私のポジションを明らかにしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • 野球観戦歴14年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で190記事以上を執筆
  • 月刊閲覧数は40000PV超(上位3%代)

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

【北海道】高校野球強豪校まとめ!!【最新版】

【北海道】高校野球強豪校まとめ!!【最新版】

 

北海道内の高校野球強豪校の紹介をする前に1つ、前提として知って欲しいことがあります。

 

北海道の高校野球では、北北海道ブロックと南北海道ブロックに分かれて代表校が決まります。

 

イメージとしては、北北海道ブロックから1校、南北海道ブロックから1校と言う感じ。

 

上記の前提を頭に入れた上で本記事を読んでいただけると嬉しいです。

 

また、北海道内の高校野球強豪校の紹介については、ブロック関係なく北海道内全域で見て強豪校だと思われる高校を紹介していきます。

 

結論から言うと、大きく4つの高校が強豪校として数えられています。

 

具体的には、下記の通り。

 

・北海高等学校【南北海道】

・北照高等学校【南北海道】

・旭川大高等学校【北北海道】

・駒澤大学附属苫小牧高等学校【南北海道】

 

それでは、上記の4つの高校を深堀していきます。

 

北海高等学校【南北海道】

 

北海高校と聞くと、高校野球に詳しい方はよく名前を耳にするのではないでしょうか。

 

北海高校は、北海道では高校野球強豪校として数えられており、また全国的にも非常に有名な高校です。

 

実績としては、春のセンバツに12回の出場。

 

夏の甲子園には、なんと38回出場しています。

 

合わせると、甲子園に50回出場していると言うことで、この数は全国で見てもトップクラスです。

 

ちなみに、2021年の春のセンバツは激戦区である南北海道ブロックを勝ち上がり、出場が内定しています。

 

まだ、全国優勝の旗を手に入れることができていないため、そろそろ優勝旗を手に入れたいところではありますね。

 

ちなみに、北海高校出身のプロ野球選手も何人かいます。

 

具体的には、下記の通り。

 

・大窪士夢

・阪口皓亮

・佐藤龍世

・戸川大輔

・川越誠司

・鍵谷陽平

 

高校野球の実績だけではなく、プロ野球選手を複数輩出している高校であることもわかりますね。

 

北照高等学校【南北海道】

 

近年、北海高校と共に、北海道の高校野球強豪校として引っ張っているのが北照高校になります。

 

学校として創設されたのが、1901年と非常に歴史のある高校です。

 

それとは逆に、野球部としての成績はというと、最近伸び始めた印象が強いです。

 

実績は、夏の甲子園出場回数が5回、春のセンバツは3回と合わせて8度の甲子園出場を果たしています。

 

先ほども書いたように、近年メキメキと力をつけている高校なので、甲子園で何回北照高校の活躍がみれるのか注目ですね。

 

また、北照高校から多くのプロ野球選手が出ています。

 

具体的には、下記の通り。

 

・齋藤綱記

・村上海斗

・吉田雄人

・又野知弥

・西田明央

 

見た感じ、北照出身のプロ野球選手は若い選手が多いです。

 

やはり、最近頭角を表してきた高校ということもあるのでしょうか。

 

この中からプロ野球界を背負う選手が出てくることに期待ですね。

 

旭川大高等学校【北北海道】

 

ここまで、南北海道ブロックの高校ばかり紹介してきましたが、お待たせしました。

 

ここで、やっと北北海道ブロックの強豪校の紹介です。

 

強豪校の数で言うと、南北海道の方が多いのですが、北北海道でも旭川大高校は強豪校の中に含まれるでしょう。

 

旭川大高校の野球の歴史を振り返ると、野球部が創部されたのが1964年。

 

創部当初は、普通なら指導者や環境に恵まれず、なかなかチームとして結果が出ないと言うことがあったりしますが、旭川大高校は違います。

 

1964年に創部されてから、なんと4年後に甲子園に初出場することになります。

 

そして、その16年後の1980年の夏の甲子園では3回戦まで進出。

 

ある意味、偉業と言っても過言ではないことをやってのけています。

 

近年では、2018年と2019年と2年連続で夏の甲子園に出場しており、北北海道ブロックの強豪校として全国的にも認知されています。

 

2020年は中止になったものの、今年は中止を挟んでの3年連続夏の甲子園出場に期待がかかるでしょう。

 

ちなみに、旭川大高校出身のプロ野球選手は、現役だと巨人の沼田翔平選手と広島の持丸泰輝選手です。

 

駒澤大学附属苫小牧高等学校【南北海道】

 

この高校名を聞くと、あの選手を思い出すのではないでしょうか。

 

そうです、楽天の田中将大投手です。

 

駒大苫小牧と甲子園でいうと、田中将大投手と斎藤佑樹選手の投げ合いが有名ですよね。

 

この2人の投げ合いについては、下記の記事で解説しています。

 

【The Game】田中将大の凄さはどこにある!?【ブロガー/プロ選手目線で解説】

>>【The Game】田中将大の凄さはどこにある!?【ブロガー/プロ選手目線で解説】

 

動画も見たい方は、こちらもどうぞ。

 

 

駒大苫小牧は、2004年の北海道初の全国制覇を成し遂げ、一躍有名になりました。

 

快進撃はなおも続き、2005年には田中投手を中心に2年連続の全国制覇。

 

そして、2006年は斎藤佑樹投手擁する早稲田実業と決勝で激突し、引き分け再試合を含む大熱戦の末、準優勝を飾りました。

 

しかし、近年は同ブロック内の北海高校や北照高校が力をつけてきており、なかなか甲子園の舞台を踏めていません。

 

個人的には、もう一度全国の舞台で戦っている駒大苫小牧の試合を見てみたいところですね。

 

また、駒大苫小牧出身のプロ野球選手は田中投手以外にもいます。

 

具体的には、下記の通り。

 

・大累進

・伊藤大海

・若林楽人

 

特に伊藤投手は2021年、北海道日本ハムファイターズにドラフト1位で入団。

 

自慢の豪速球を武器に、どこまでプロでやれるのか非常に楽しみなところです。

 

スポンサードリンク

【北海道】春・夏の甲子園出場校ランキング

【北海道】春・夏の甲子園出場校ランキング

 

ここでは、春と夏の甲子園の出場回数を元に北海道の高校をランキング形式でまとめました。

 

【北海道】選抜高校野球大会出場回数ランキング

【北海道】選抜高校野球大会出場回数ランキング

 

北海道内の高校における、春の選抜大会の出場回数ランキングは、上記の通り。

 

やはり、北海高校が圧倒的に多いですね。

 

また、2位にランクインしている駒大岩見沢ですが、2012年に生徒数減少を理由に募集を停止。

 

2014年に閉校となっています。

 

また、興味深いのは本記事では挙げていない高校が結構、名を連ねているところですね。

 

函館大有斗や東海大札幌などは、回数は多いですが、近年なかなか甲子園に出場できていません。

 

なので、ある意味北海道内で世代交代みたいなのが起きているのかもですね。

 

【北海道】全国高等学校野球選手権大会出場回数ランキング

【北海道】全国高等学校野球選手権大会出場回数ランキング

 

上記は、愛知県内の高校を夏の甲子園出場回数を元にランキング化したものです。

 

夏の甲子園は選抜よりも歴史が長いため、その分夏の甲子園出場経験のある高校は多いですね。

 

ツートップは、なんといっても北海と旭川大。

 

そこに、北海学園札幌や駒大苫小牧が続く感じですね。

 

近年の夏の甲子園に関して見ると、南北海道ブロックは北海または北照が大半。

 

北北海道ブロックの方は、旭川大で固定化しているかなと言う感じですね。

 

なので、春よりも夏の方が出場している高校が、おおよそ固定化されている感がありますね。

 

しかし、特に北北海道ブロックは各高校で全国出場のチャンスはあると思うので、諦めずに頑張って欲しいところです。

 

それでは、この辺りでまとめに入ります。

 

【北海道】高校野球強豪校まとめ!!春・夏甲子園の出場回数も解説!!:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要POINTを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 北海道の高校野球の強豪校は北海、北照、旭川大、駒大苫小牧の4校。
  • 北北海道ブロックは群雄割拠という感じだが、南北海道ブロックは北海と北照がツートップ。
  • 甲子園出場回数では、北海が春と夏合計で50回の出場で、夏の出場回数は全国でも最多。

 

今回の記事では、北海道における高校野球の強豪校をまとめつつ、春と夏の甲子園出場回数ランキングを紹介してきました。

 

北海高校は道内だけではなく、全国的にも実績や知名度があり、非常に有名です。

 

また、田中投手が在籍していた駒大苫小牧高校は2006年、2007年あたりは非常に勢いがあり、夏の甲子園を制覇しています。

 

しかし、近年は北海や北照に押され気味でなかなか甲子園に出場できていません。

 

今後の注目ポイントとしては、駒大苫小牧の甲子園帰還。

 

そして、北海や北照などの北海道強豪校の初の全国制覇ですかね。

 

今後の動向に期待です。

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当ブログは総閲覧数20万回超えの野球メディアです。月に4万回ほど閲覧されています。プロ野球観戦を10倍楽しくする方法や草野球初心者が走攻守の面で上達することをテーマに試筆しています。好きな球団は、阪神タイガース。野球観戦に有益な情報や阪神タイガースの選手記事を中心に記事を書いています。また、草野球で多くの軟式バットを使用してきたため、バットのレビュー記事も多く執筆しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる