2022年プロ野球公式戦の視聴方法チェック

【超最速】佐藤輝明の打撃・守備を査定!!成績予想もしてみた!!【柳田二世になれるか!?】

お悩みくん

阪神ファンです。佐藤輝明選手の打撃や守備の査定を知りたいです。また、2021年シーズンの成績はどれくらいになりそうですか。プロ野球に詳しい方に教えていただきたいです。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事でわかること

  • 【阪神】佐藤輝明の打撃査定
  • 【阪神】佐藤輝明の守備査定
  • 【阪神】佐藤輝明の2021年成績予想

 

今回の記事では、阪神ファンだけではなく、プロ野球ファン全体が注目している佐藤輝明選手についてです。

 

具体的には、佐藤輝明選手の打撃や守備の査定をしていきながら、2021年の成績予想も合わせて行っていきます。

 

おそらく、この時期で佐藤輝明選手の能力分析や成績予想をしているところは当サイト(プロ野球観戦の巣)だけだと思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

記事の本筋に入る前に私のポジションを明らかにしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • 阪神ファン歴14年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で180記事以上を執筆
  • 月刊閲覧数は30000PV超(上位3%代)

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

【阪神】佐藤輝明の打撃を査定!!【長打力、選球眼など申し分なし】

【阪神】佐藤輝明の打撃を査定!!【長打力、選球眼など申し分なし】

 

ここでは、佐藤輝明選手の打撃について査定していきます。

 

具体的な査定基準としては、下記の通り。

 

・今年のキャンプでの動き

・紅白戦や対外試合での成績

・ボールに対する対応力

 

この辺りを基準に査定します。

 

それでは、佐藤輝明選手の打撃の特徴を挙げつつ、査定していきましょう。

 

①:逆風をものともしない長打力の持ち主

 

正直、これには度肝を抜かれました。

 

というのも、佐藤輝明選手はあまり風の影響を受けない打球を飛ばすんですよね。

 

それを象徴するかのホームランが、対外試合でありました。

 

 

これは、2/18日の横浜戦での全打席動画です。

 

特に注目していただきたいのが、第4打席目。

 

この時、センターからホームへ風が吹いていたのですが、そんな影響をもろともせずに場外ホームランを放ちました。

 

これは、びっくりですよね。

 

日本人でここまで打球を飛ばせる選手なんてなかなかいないですよ。

 

こんな感じで、風の影響を全く受けない長打力は、佐藤輝明選手の大きな特徴の1つでしょう。

 

②:日本人らしくない打撃フォームで基本、引っ張り傾向【流し打ちも可】

 

特徴②として、外国人に近いバッティングフォームということを挙げておきましょう。

 

特に、フォロースルーの部分が外国人選手の打撃フォームと瓜二つですね。

 

また、打球方向としては基本引っ張り傾向が強いです。

 

そのため、セカンドやライト方向への打球が多いと思います。

 

しかし、引っ張るだけではありません。

 

流し打ちもうまく打つことができます。

 

特に、自分の待っていたボールとは全く違うボールが来た時。

 

または、タイミングを外された時に、しっかりとボールを引きつけて、レフト方向に打つことができます。

 

そのため、対応力も兼ね備えているといえますね。

 

③:選球眼がよく、振り倒すバッターではない【イメージと違った】

 

最初、佐藤輝明選手はもっと振り倒すバッターではないかと思っていました。

 

大学時代の成績や三振率から見て、ブンブン丸で変化球の対応に苦労しそうかと。

 

しかし、オープン戦の前段階ではありますが、蓋を開けてみると、私が考えていたイメージと全く逆でした。

 

つまり、選球眼が意外とよく、ボールの見極めもできるということです。

 

先ほど、「佐藤輝明選手の長打力にびっくりした」と書きましたが、それと同時に選球眼の良さにも驚きましたね。

 

【査定結果】マジでトラの柳田悠岐になれるかも

 

これは、本気で思いましたね。

 

しかし、現段階ではオープン戦が始まったばかりでまだまだ不明瞭なところが多いです。

 

もしかしたら、ここからスランプに陥るかもしれません。

 

しかし、ここまで佐藤輝明選手をキャンプからずっと見てきて、柳田二世になれるのではないかと本気で思いました。

 

対応力、素材、潜在能力、そしてプロ野球選手としてのオーラ。

 

どれをとってもこれまでのルーキーとは一味違います。

 

これから、プロ野球の世界で戦っていく上で何度も大きな壁に阻まれるかもしれません。

 

しかし、その1つ1つの壁を乗り越えていき、最終的には柳田選手のようなスケールの大きな選手に育っていって欲しいです。

 

阪神としては、大事に育てていきたい選手ですね。

 

【阪神】佐藤輝明の守備を査定!!【内外野守れ、肩力が強い】

【阪神】佐藤輝明の守備を査定!!【内外野守れ、肩力が強い】

 

それでは、佐藤輝明選手の守備について査定していきます。

 

ここでも、先ほどと同様に下記の基準で査定します。

 

・今年のキャンプでの練習

・紅白戦や対外試合での守備の動き

・打球に対する反応や対応力

 

この辺りを基準に査定します。

 

それでは、佐藤輝明選手の守備の特徴を挙げつつ、査定していきましょう。

 

①:主な守備位置は、サードと外野(ライトorレフト)

 

佐藤輝明選手は、大学時代サードを守っていました。

 

前評判としては、少し守備が粗いという評価でしたが、実際はどうなんでしょうか。

 

 

こちらは、佐藤輝明選手のサードの守備動画です。

 

いいところを切り取った場面にはなるものの、下手ではないと思います。

 

体格が大柄なので、俊敏な動きは難しいかなと思いきや、難なくこなせている印象です。

 

また、佐藤輝明選手は外野も守ることができます。

 

阪神に入団する際に、矢野監督からは外野を基本線に起用していくと伝えられたそうです。

 

そのため、佐藤輝明選手はサードだけではなく、ライトやレフトの守備練習も行っています。

 

外野守備については、まだ経験が浅いこともあってか、サードよりも動きが辿々しい印象があります。

 

が、福留選手が過去に内野から外野にコンバートしたということがあるように、佐藤輝明選手の身体能力を持ってすれば、外野も可能ではないかと思いますね。

 

これに関しては、練習と実践経験あるのみです。

 

②:肩力はチームの中でもずば抜けている

 

佐藤輝明選手の守備において、最も注目したいところはですね。

 

佐藤輝明選手の肩については、下記の動画でも語られています。

 

 

キャンプでの守備練習で何度か肩の強さを見させていただきました。

 

具体的には、外野からホームへの送球やサードからファーストへの送球などですね。

 

スローイングもいいので、サードだけではなく外野でも十分に通用する肩ではないかと思います。

 

肩の強さ的には、全盛期の糸井選手に匹敵する強さを持っているので、守備面でも非常にセンスを感じますね。

 

【査定結果】まだまだ荒削りなところがあるものの、鍛えていけば守備力も向上していきそう

 

打撃面とは異なり、守備面では少し荒削りなところが目立ちますね。

 

しかし、センスは非常に感じます。

 

あまり経験のない外野でも試合ではそつなくこなしていますし、なんといっても肩が強いのは大きな武器ですよね。

 

大学時代、サードを主に守ってきましたが、阪神には同ポジションに大山選手がいます。

 

大山選手のポジションを動かしてまで起用するかどうかは、賛否両論分かれそうではありますが、仮に守ったとしてもいい動きが期待できそうです。

 

あとは、佐藤輝明選手が守備に対してどこまで強く意識を持てるかですね。

 

この部分の加減によって、その後の上達具合が変わってくるでしょう。

 

また、阪神の首脳陣は、佐藤輝明選手をどこのポジションにそえるのか。

 

これも1つの注目ポイントですね。

 

スポンサードリンク

【阪神】佐藤輝明の査定を踏まえた上で2021年の成績予想をしてみた!!【1年目からやってくれそう】

【阪神】佐藤輝明の査定を踏まえた上で2021年の成績予想をしてみた!!【1年目からやってくれそう】

 

ここまでの査定を通じて、佐藤輝明選手が今季に残しそうな成績を予想していきます。

 

打率.260 20本塁打 75打点【※いくつか条件あり】

 

大卒1年目でここまでの成績を残せたら御の字ではないでしょうか。

 

しかし、これはあくまで予想です。

 

スランプが長引いたり、壁に何度もぶつかってしまうと、この成績を大きく下回る可能性は大いにあります。

 

また、開幕スタメンに入れるかどうかも成績を大きく左右しそうです。

 

現時点では、外野での起用が濃厚にはなりそうですが、阪神の外野陣は層が厚いので、そう簡単にはスタメンを獲得することができません。

 

ですが、開幕スタメンに入れて、かつ、今の感じでシーズンを上手く乗り切ることができれば、この辺りの成績は残せそうかなと思います。

 

ゆくゆくは、30本塁打をコンスタントに打てるような選手になってもらいたいと願っています。

 

まずは開幕スタメンを勝ち取らなければならない

 

先ほども少し書きましたが、まずはここですね。

 

阪神の外野陣はメンツが多く、ライバルが多いです。

 

しかし、紅白戦や対外試合での成績、そして首脳陣の期待度を含めると、開幕スタメンは大いにあると思います。

 

これについては、新聞でも報道されていました。

 

阪神のドラフト1位・ 佐藤輝明内野手(21)= 近大=に開幕クリーンアップの可能性が25日、浮上した。 井上一樹ヘッドコーチ(49)は今後の試合で適正テストを行う中で、主に中軸で起用する方針を明言。3月26日のヤクルト戦(神宮)に3~5番で先発出場すれば、2リーグ分立後の球団新人では1972年に「3番・左翼」で先発した 望月充 以来、49年ぶり3人目の快挙となる。

【阪神】ドラ1佐藤輝明、あるぞ開幕3番…新人49年ぶり(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 

首脳陣の期待が大いに現れているのが読み取れます。

 

この期待を追い風に開幕スタメンをとることができると、今回予想した成績に近づくのではないかと思いますね。

 

【願望】迫り来る壁を1つずつ乗り越えて、トラの長距離砲として育って欲しい

 

これまで、14年間プロ野球を見てきました。

 

過去を振り返ると、佐藤輝明選手のように、鳴り物入りでプロ野球界入りした選手は多くいます。

 

しかし、蓋を開けてみると、活躍した選手はほんのわずか。

 

なぜなら、アマチュア野球とプロ野球ではやはりレベルが違うからです。

 

また、プロ野球選手になって満足してしまったという選手も中にはいたかもしれません。

 

という感じで、プロの世界で勝ち抜くのは難しいです。

 

また、どんなに才能のある選手でもスランプは必ずきます。

 

そのスランプをどのように乗り越えていくのかが、大きなカギになってきそうです。

 

そして、そのスランプを超えた先には、また大きな成長があるでしょう。

 

佐藤輝明選手には、壁にぶつかりながらも1つ1つ着実に乗り越えていただいて、大きく成長してもらいたいなと思いますね。

 

それでは、この辺りでまとめに入ります。

 

【超最速】佐藤輝明の打撃・守備を査定!!成績予想もしてみた!!【柳田二世になれるか!?】

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要POINTをあらためてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 佐藤輝明選手の打撃査定は、ゆくゆくは柳田悠岐二世に慣れそう。
  • 佐藤輝明選手の守備査定は、まだまだ荒削りながらもセンスを感じられ、磨けばもっと伸びそう。
  • 佐藤輝明選手の成績予想は、打率.260 20本塁打 75打点。

 

佐藤輝明選手といえば、長打力や豪快なスイングに定評があります。

 

その反面、前評判では三振数が多いことやブンブン丸ではないかということも指摘されていました。

 

が、実際はそうではなく、ボールを呼び込むことがしっかりとできており、選球眼も非常によいことから、いい意味で前評判を裏切ってくれました。

 

また、守備に関しても荒削りなところを残しながらも、守備センスが垣間見えるところがあり、非常に期待感を抱かせてくれる選手です。

 

今回の記事では、成績予想もしましたが、これは佐藤輝明選手が開幕スタメンをとることを前提に書かせていただきました。

 

しかし、阪神の外野陣はライバルが非常に多く、生き残ることが非常に難しいです。

 

ですが、佐藤輝明選手のこれまでの対外試合での成績や打撃センス、新人らしからぬオーラなどを含めると、開幕スタメンは大いにあるでしょう。

 

果たして、佐藤輝明選手が今後どのような選手に育っていくのか。

 

ファンとしては、非常に楽しみです。

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

 

当サイト(プロ野球観戦の巣)の人気記事も掲載しておきますので、合わせて読んでみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる