2021年プロ野球公式戦の視聴方法チェック

野球を一人で観戦するのはあり!?100倍楽しむためのノウハウを伝授!!

野球を一人で観戦するのはあり!?100倍楽しむためのノウハウを伝授!!
お悩みくん

・野球を一人で観戦するのはありなのか!?
・野球を一人で観戦するメリットやデメリットは何がある!?



今回の記事では、上記の2つの疑問に対して答えていきます。

本記事で分かること

  • 野球を一人で観戦するのは大いにあり。
  • 野球を一人で観戦するメリットとデメリットがわかる。
  • 野球を一人で観戦する時に楽しめる方法がわかる。


記事の本筋に入る前に、信頼性を担保すると、この記事を書いている私はプロ野球観戦歴13年で、毎年ひいきチームの試合を中心に全試合見ています。




また、球場観戦に関しては毎年数試合ではありますが、現地観戦をしています。




そこで今回の記事では、野球を一人で観戦するのはありなのかについて解説しつつ、記事の後半ではメリットやデメリット、100倍楽しむための方法についても執筆していきます。




それでは、記事の最後までお付き合いください。



スポンサードリンク
目次

野球を一人で観戦するのはありなのか!?【結論:大いにありです】

野球観戦



結論から言うと、大いにありですね。




私も時たま、球場に足を運んで見にいくこともありますが、友人と観戦に行くときもあれば、ソロで観戦しに行くときもあります。




また、それだけではなく、球場観戦に行くと一人で野球観戦をしている方は多くいます。



若い人で野球を一人で観戦する人は多い



野球の試合を一人で観戦すると聞くと、友達がいない人とか定年後のおじさんって言うイメージがあると思います。




しかし、実際はそんなイメージとは全然違いますね。




いかにもリア充っぽい面構えをした人がソロで野球観戦しているところをよく見ますし、若い人に一人観戦が多いと言う印象が強いです。




つまり、最近の野球観戦事情を言うと、若い人でも一人で野球観戦する人が多いと言うことが分かりますね。



野球を一人で観戦するのは女性でもOK



もしかしたら、この記事読んでいるあなたは野球観戦が好きな女性ファンかもしれません。




そして、野球観戦について言うと、女性一人でも全然大丈夫です。




これについては、下記の記事で詳しく解説しているので、合わせてお読みになるとより理解が深まるので、ぜひ読んでみてください。





野球を一人で観戦する時のメリットとデメリットとは!?

野球観戦



私が実際に野球観戦をして感じたメリットとデメリットを書いていきます。




これについては、まだ野球観戦を一人でしたことがない方にとっては、有益な情報になると思うので、一言一句見逃さないようにしっかりと読んでみてください。




記事の展開としては、メリットとデメリットをそれぞれ分けていきながら深堀していきたいと思います。




それでは、みていきましょう。



野球を一人で観戦する時のメリット



結論から言うと、大きく3つのメリットがあります。



具体的には、下記の通りになります。




・チケットを取りやすい

・気を使わなくて済む

・野球をしっかりとみることができる




それでは、上記の3つのメリットについてそれぞれ解説していきます。



チケットを取りやすい



ここで、あなたに質問したいと思います。




チケットを1枚だけとるのと、チケットを2枚以上とるのとどちらが難しいと思いますか?




結論を先に言うと、後者の方が難しいですね。




なぜなら、チケットを2枚撮ると言うことは友人と野球観戦に行くことが考えられます。




友人と野球観戦に行くと言うことは、2人一緒に座って観戦することが予想されますよね。




つまり、連番でチケットを取ることになると思うのですが、これが意外と取れなかったりします。




特に、人気球団の試合となるとよりチケットが取りにくくなると思います。




それなら、一人で野球観戦をしてチケットをチャチャっと取っちゃった方が楽ですよね。




以上のことから、野球を一人で観戦するとチケットが取りやすくなることが言えると思います。



気を使わなくて済む



今から、一人で野球観戦をしている時の姿をイメージしてみてください。



どんな姿が思い浮かびましたか?




私は特に周りに気を使うことなく、声を出して応援している姿が思い浮かびました。




ここで重要なのが、「周りに気を使わない」と言うところですね。




野球の試合を一人で観戦すると、気を使わないことがメリットとして挙げられます。




友人と野球観戦しに行くと、楽しいとは思いますが、気を遣っちゃいますよね。




あまり気を使いたくないと言う方には、オススメの野球観戦方法になりますね。



野球をしっかりとみることができる



これは、周りに気を使わないと言うことに関連したことになります。




つまり、周りに気を使わなくなるとより集中力が増して、野球観戦に集中することができます。




そして、野球の試合自体をじっくりと見ることができます。



誰かと行くと、会話を入れつつ野球観戦をすることになるので、集中力が半減してしまうことが多くあります。



また、会話をしている時に試合が劇的に動くと言うこともあったりするので、重要な場面を見逃しがちにもなります。



しかし、一人で野球観戦をすると、上記のようなことはあまり起きにくいので、印象に残る野球観戦ができるのではないかと思います。



野球を一人で観戦する時のデメリット



大きく2つあります。



具体的には、下記の通りです。



・時々寂しくなるかも

・荷物の心配がある



それでは、上記の2つのデメリットをそれぞれ深堀していきます。



時々寂しくなるかも



野球の試合を一人で観戦すると、時々寂しくなります。



これは、周りを気にしたりすると出てきてしまう雑念じみた感じのものですね。



特に、自分がソロで観戦していて、後ろに集団で野球観戦をしにきている人たちがいると余計にそう思ったりするかもですね。




こうなった時の対策としては、後ろの集団の輪に入って、一緒に盛り上がるとかすればこのデメリットは解消できるかもですね。




自分は結構、上記の手法を使いますね。(もちろん相手は選びます😉)



あとは、席選びの時点で対策をすることもできます。




外野席は特に集団で観にくる人が多いと思うので、内野席を選んだ方が無難ですね。




内野席は基本的に静かに見ることができるので、その分じっくりと野球を見ることができ、寂しさを感じることなくなるかもですね。



荷物の心配がある



これは、自由席に座っているとこのような心配が出てきますね。




一人で野球観戦をすると、急な用事で席を立ち去る必要が出てくる時があります。




そんな時、友人などがいれば荷物の見張りができるのですが、一人だとそんなことできないですよね。




全て自己責任で管理する必要が出てきます。




そうなると、席から立ち去る時にいちいち荷物を持ち運ばなければいけないので、労力の面で大変だったりしますよね。




対策としては、事前に一人で野球観戦することが決まっているのなら、荷物をある程度少なくしておくことが挙げられます。




荷物が重いと、その分移動する時の負担が大きくなるので、できるだけ荷物は少なくしておきましょう。



スポンサードリンク

野球を一人で観戦するときに100倍楽しむためのノウハウ4選

ノウハウ



最後に、野球の試合を一人で観戦する時に100倍楽しめるノウハウをあなたに伝授したいと思います。




ちなみに、野球観戦をする時の楽しみ方については下記の記事でも解説しているので、合わせてお読みになると、当日の野球観戦がとても有意義なものになります。





話を戻すと、このノウハウは大きく4つあって、具体的には下記の通りになります。




・事前に選手をリサーチしておく

・一人の選手を見る

・試合を全体的に広く見る

・ノートに記録をとる




上記の4つを行っていくことで、一人での野球観戦でも楽しめます。




それでは、深堀していきます。



事前に選手をリサーチしておく



野球観戦をする前に、リサーチをしておきましょう。




つまり、どの選手が誰なのかを事前に理解した上で、野球観戦をしましょう。




勉強方法については、選手名鑑で勉強するといいでしょう。








選手名鑑では、選手の名前や特徴だけではなく、野球関連の情報を集めることもできるので、事前のリサーチとしては十分すぎるぐらいの内容になっています。



ちなみに、私は毎年プロ野球が始まる前に選手名鑑を3周読んでいます(笑)


一人の選手を見る



一人の選手を追いかけるのも、楽しかったりします。




なぜなら、その選手の打席やプレーだけではなく、汗を拭う姿やボールが飛んでこない時の仕草まで見ることができるからです。




ボールが飛んでこない時の姿やしぐさは、結構その選手の人間性が出たりするんですよね。




例えば、ボールが飛んでこない時にファンとアイコンタクトを取って楽しんでいる外国人選手がいたり、、、、など。




こういうテレビではなかなか見ることができない部分をじっくり見てみると、非常に楽しかったりするので、オススメです。



試合を全体的に広く見る



2つ目のノウハウとは、逆の発想ですね。



一人の選手を見るのではなく、球場全体を広く見る。



つまり、難しい言葉で言うと「俯瞰する」という言葉がぴったりですね。



これもテレビだとなかなかできないことなので、現地観戦をした時に球場全体を広く見つつ試合を観戦すると、より面白くなったりします。



ノートに記録をとる



スコアを取るとまではいかないですが、選手の打席内容やピッチング内容などをノートに残す作業も結構楽しかったりします。




私はあまりやらないのですが、私の友人がよくこれをやっていて、本人曰くとてもハマっているらしいです。




なので、気になる方は実際にやってみて私に感想をください。




もし、感想をもらえたら、私の記事に載せて発信していこうと思っているので(笑)




少し話がズレてしまいましたが、野球観戦をしながらスコアをとる作業はしっかりと試合の流れを見ていないとできないので、その点で言うと効果的な方法かもしれませんね。




また、野球の試合をじっくりと見れると言う点でも、記録を取る作業は楽しめる要素になると思うので、ぜひ試してみてください。




野球を一人で観戦するのはあり!?:まとめ

スポンサードリンク



それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

今回の記事の重要POINT
  • 一人で野球観戦ことは大いにあり。
  • 最近は、若い人が野球観戦を一人で行うことが多い。
  • 野球観戦のメリットは、チケットが取りやすかったり、気を使わなくて済むと言うことが挙げられる。
  • 一人での野球観戦を楽しむためには、一人の選手をウォッチしたり、スコアを取ったりするのがいい。


今回の記事では、主に野球観戦を一人でするのはありなのかについて解説しつつ、メリットやデメリット、100倍楽しむための方法についても執筆してきました。




本記事を読んで、「球場で観戦するのが楽しみになった」と思っていただけたら嬉しいです。



しかし、中には「やっぱり現地観戦はきついな」と思った方もいるかと思います。



そんな方は、自宅での野球観戦をオススメしたいですね。



加えて、自宅で野球観戦をするためには、そのための環境を作っていかないといけません。



自宅観戦をするための環境づくりに関しては、下記の記事で詳しく解説しているので、この記事を読みつつ手を動かして環境を作っていきましょう。


☞「【2020年】プロ野球配信サービスおすすめを一覧にしてみた!!




それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。



楽しい野球観戦ライフをお送りください。


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる