【野球用語】サイクルヒットとは!?どれくらいすごいのか調べてみた

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

・サイクルヒットってどういう意味なの!?
・サイクルヒットを打つ難易度とは!?
・サイクルヒットの特殊な事例

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事で分かること

・【野球用語】サイクルヒットの意味

・【野球用語】サイクルヒットを打つ難易度とは!?

・【野球用語】サイクルヒットの特殊な事例

 

記事の本筋に入る前に信頼性を担保すると、この記事を書いている私はプロ野球観戦歴13年で、毎年ひいきチームの試合を中心に全試合視聴しています。

 

また、当サイト(プロ野球観戦の巣)を通して野球情報を発信しており、総記事数も120を超えているので、信頼性はあるはず。

 

そこで、今回の記事では野球におけるサイクルヒットについての意味や難易度について解説しつつ、後半では特殊事例についても書いていきます。

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

サイクルヒットの意味とは

野球のサイクルヒットの意味

 

そもそもサイクルヒットとはどういう意味なのでしょうか。



サイクルヒットとは一試合で「安打・二塁打・三塁打・本塁打」を達成することを言います。



またサイクルヒットには別に二種類の言い回しがあります。



一つ目は「ナチュラル・サイクルヒット」というもので英語が得意な人ならわかると思いますが、「自然なサイクルヒット」と訳せると思います。



これは簡単に言うと「安打・二塁打・三塁打・本塁打」をこの順番で達成することを言います。




ではもう1種類はというと見当つく方がいるかもしれませんが「リバース・サイクルヒット」いいます。




これはその名の通り「本塁打・三塁打・二塁打・安打」と「ナチュラル・サイクルヒット」とは逆の順番で打つことを言います。




ちなみに「二塁打・一塁打・本塁打・三塁打」というごちゃごちゃした順番であればサイクルヒットという言い回しになり、この二種類には該当しません。




日本プロ野球では藤村富美雄という選手が最初に達成したのですが、この時サイクルヒットという概念がなかったため正式な記録ではありませんでした。




その数十年後にスペンサーという選手が達成した際に「この記録はサイクルヒットと言ってとてもすごいんだ」という言葉を残したことから、サイクルヒットという記録ができました。





サイクルヒットの難易度は!?実際に計算してみた!!

野球のサイクルヒットの難易度を計算してみた。


サイクルヒットの意味は分かったけど、まだどれくらいすごいのかがわからないという方がほとんどであると思います。




まず野球をよく見ている方や実際に野球をされていた方ならわかると思いますが、サイクルヒットの何が難しいかというと三塁打を打つことです。




参考例に今年(2019)の各種安打数を見てみたいと思います。

 

各種安打数のトップ(2019 10月現在)
  • 安打数 174本(中日 大島洋平選手)
  • 二塁打数 43本(中日 ビシエド選手)
  • 三塁打数 7本(阪神 近本光司選手)
  • 本塁打数 43本(横浜DeNA ソト選手)

 

この数字を見ていただくとサイクルヒットを打つ際に三塁打を打つことが一番のハードルであることがよくわかると思います。



まだサイクルヒットのすごさ、難しさがわからないなという人がいるかもしれません。



そんな方に私が実際に今までのプロ野球選手の人数のうち、何パーセントの人がサイクルヒットを達成したのかを計算してみました。




まず、今までのプロ野球選手の全選手の人数は「http://2689web.com/」によると1936年から2018年の間に約6700人在籍していたことがわかりました。




そしてサイクルヒットの達成者についてですが、2019年10月現在74人達成しています。

 

そこで計算してみると、下記のようになります。

 

74(サイクルヒット達成者)/6700(通算のプロ野球在籍者数)=0.01104478…..。                                    答え1.1%

 

この数字を見ていただくとサイクルヒットを達成することの難しさがわかると思います。




ちなみにプロ野球選手全体の数は打席に立たない打者の人数も含まれているので実際にはもう少し高い数値にはなると思います。

 

ここから、サイクルヒットがいかに達成が難しいことなのかがわかったのではないでしょうか。


スポンサードリンク

サイクルヒット達成者の中には骨折しながらも達成した選手も!?

野球のサイクルヒットの特殊な事例

 

三塁打を打つハードルがとてつもなく高く、なおかつプロ野球選手全体の中で数パーセントの選手しかサイクルヒットを達成していないのにもかかわらず、今年骨折をしながらサイクルヒットを達成した選手がいます。



阪神タイガースで不動の正捕手に座っている梅野隆太郎選手です。





ちなみにこの動画は梅野選手がサイクルヒットを達成した際のものです。




この時梅野選手は足の指を骨折していたのですが、動画を見てみるとそんなことを一切感じさせないようなプレ―をしていました。




骨折経験者の方はわかると思いますが、骨折はまじで痛いです。




しかし、この痛みは梅野選手にとっては、変な力みとかもなくプレーさせるいい作用になったのかもしれません。




それがサイクルヒットにつながったのかもしれませんね。




またこの記事の前半でも解説した三塁打についていうと、梅野選手は相手チームの守備に助けられた部分もありますが、最初の打席で三塁打を達成することができました。




これもサイクルヒットを達成する大きなアシストになったのではないかと思います。




それにしても骨折しながらもサイクルヒットという大記録を達成した梅野選手はほんとすごい根性の持ち主だなということを改めて再認識させられました。



 

「[野球用語]サイクルヒットとは!?どれくらいすごいのか調べてみた」まとめ

スポンサードリンク

 

ここまでサイクルヒットについて余すことなく解説してきましたが、いかがでしたか。




今回の記事での重要ポイントは以下の通りです。

 

今回の記事の重要POINT

・サイクルヒットとは「安打・二塁打・三塁打・本塁打」を一試合で達成すること。

・サイクルヒットは三塁打が一番ハードルが高く、達成者は全選手の中で1割も満たない。

・サイクルヒットを達成した梅野選手は実は骨折していた。

 

今回の記事を読んだあなたはサイクルヒットのすごさをしっかりと感じることができたと思います。




これであなたも一歩野球に詳しくなれたのではないかと思います。





本日はここまでにしたいと思います。ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる