【最新版】全12球団プロ野球公式戦の視聴方法→チェック

【野球用語】UZRとは!?意味や計算方法、問題点などを解説!!

【野球用語】UZRとは!?意味や計算方法、問題点などを解説!!
  • URLをコピーしました!
お悩みくん

最近、野球記事や名鑑でUZRという言葉を目にしますが、どんな意味なのかいまいちわかりません。プロ野球に詳しい方にぜひ教えてもらいたいです。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事でわかること

  • UZRの意味とは
  • UZRの読み方
  • UZRの計算方法
  • UZRの評価基準
  • UZRの問題点
  • ゴールデングラブ賞とUZRの関係性について

 

近年のプロ野球では、選手の成績や傾向を数字として算出する流れが主流で、それに伴いさまざまな野球指標が登場しました。

 

その中の1つが今回紹介するUZRという野球指標です。

 

主要なプロ野球記録ではないため、あまり聞き馴染みのない方も多いかもしれません。

 

しかし、知っておくとより野球観戦の幅が広がるので、ぜひ本記事を通して、あなたに覚えていただきたいです。

 

記事の本筋に入る前に、私の自己紹介をしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • 野球観戦歴15年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で290記事以上を執筆
  • 月刊閲覧数は70000PV超(上位1%代)

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

【野球用語】UZRとは!?意味や読み方、計算方法などを解説!!

【野球用語】UZRとは!?意味や読み方、計算方法などを解説!!

 

UZR とは、守備における野球指標の1つで、同ポジションの平均的な選手が守る場合と比較して、守備でどれだけ失点を防いだかを示すものになります。

 

そもそも守備指標自体が少なかったりするのですが、聞き馴染みのなる守備指標を挙げるとするならば、「守備率」ではないでしょうか。

 

守備率は、「守備率=(守備機会-エラー数)÷守備機会」で導き出される指標ですが、これには欠陥があります。

 

具体的には、正面に来た打球をしっかりとさばいて、難しい打球を追わないようにすれば、高い守備率を維持できます。

 

これでは、信頼性のある指標とは言えませんよね。

 

守備率を100%批判しているのではなく、こういった面も否定できないので、絶対視する事が難しいです。

 

しかし、UZRの場合は打球速度であったり、守備範囲が網羅させている指標であるため、守備率の弱点を補った指標と言えるでしょう。

 

【野球用語】UZRの読み方

 

UZRは、”Ultimate Zone Rating”の頭文字をとった言葉になります。

 

日本語読みでは、「アルティメット・ゾーン・レーティング」といい、短縮語の場合は「ユーゼットアール」とも言います。

 

これについては、過去に5ch掲示板でも少し話題になりましたね。

 

>>なんJ PRIDE : 【野球】UZRの読み方wwwwwwwww

 

【野球用語】UZRの計算方法

 

UZRの算出方法は、以下の通り。

 

UZRの算出においては、まずグラウンドを多数の「ゾーン」に区分し、各ゾーンについて発生した打球の種類(バント・ゴロ・外野へのライナー・外野へのフライ)や速度(遅い・中間・速い)を記録する。そしてそれぞれのゾーンにおいて生じた特定の種類の打球についてリーグ全体でどれだけのアウトが記録されたかを算出する。このデータを基に、個別の野手のプレーを評価し、各種の補正を合わせて「リーグにおける同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べて、守備でどれだけの失点を防いだか」を計算する。

アルティメット・ゾーン・レーティング – Wikipedia

 

これだとわかりづらいと思うので、箇条書きで要約してみます。

 

  • グラウンドを複数のゾーンに分割
  • 各ゾーンごとに平均値を出して、各選手の数値と比較
  • 上記から算出されるプラス評価とマイナス評価を積み重ねる

 

上記のような流れでUZRが算出されます。

 

それでは、ここで言う「プラス評価」と「マイナス評価」はなんでしょうか。

 

具体的には、以下の通り。

 

プラス評価

プラス評価=守備の評価×得点価値

マイナス評価

マイナス評価=アウトに出来る見込み×得点価値

 

上記のような計算をすることで、「プラス評価」と「マイナス評価」を算出する事ができます。

 

以上が、UZRの計算方法です。

 

【野球用語】UZRの評価基準

【野球用語】UZRの評価基準

 

上記がUZRの評価基準になります。

 

UZRは公式の記録ではないため、そこらへんの新聞記事やメディア等で入手することはできません。

 

入手するためには、UZRのデータは合同会社デルタの提供するサービス「ESSENCE OF BASEBALL 」を閲覧する必要があります。

 

守備指標自体、数が少ないので、そう言う意味ではUZRは貴重なデータかないと思います。

 

スポンサードリンク

【暴露】ゴールデングラブ賞とUZRの関係性について【UZRの弱点も解説】

【暴露】ゴールデングラブ賞とUZRの関係性について【UZRの弱点も解説】

 

UZRの話をすると、必ず話題に上がるのがゴールデングラブ賞との関係性について。

 

果たして、この2つに因果関係はあるのでしょうか。

 

結論から言うと、UZRが高いからといってゴールデングラブ賞を受賞することはできません。

 

詳しく見ていきましょう。

 

2021年のUZRトップとゴールデングラブ賞受賞者を比較

2021年のUZRトップとゴールデングラブ賞受賞者を比較
2021年のUZRトップとゴールデングラブ賞受賞者を比較

 

上記は、2021年の各ポジションのUZRトップ選手と同年のゴールデングラブ賞受賞者を比較したものです。

 

比較してみると、顔ぶれが全然違う事がわかりますね。

 

例えば、ゴールデングラブを獲得した菊池選手はUZRで見ると、吉川選手、山田選手に続いて3位にランクイン。

 

一塁手部門は有資格者が全てマイナスでありながらも、UZRでマルテが1位であったものの、ゴールデングラブでは受賞経験のあるビシエドが受賞。

 

といった感じで、UZRトップ選手とゴールデングラブ賞受賞者で差がある事がわかります。

 

それでは、なぜこのような差が出てきてしまうのでしょうか。

 

おそらくですが、ゴールデングラブ賞自体、無記名の記者投票であることから、記者の選手に対する印象がすごく加味されている感じはありますね。

 

UZRには問題点・弱点があるため、必ずしも数値が正しいわけではない

 

先ほど、ゴールデングラブ賞受賞者とUZRトップ選手の比較をしましたが、その際どちらかというとUZRを正として考えました。

 

しかし、実際UZRには弱点・欠陥があります。

 

具体的には、以下の通り。

 

・相対評価であるため、周りのレベルが低い場合極端に高い指標が出やすい

・捕手のUZRの信憑性があまり高くない

 

1つ目に関しては、UZR自体各ポジションのリーグ平均値との比較から算出される指標なので、例えば草野球レベルの環境でプロ野球選手がプレーした場合、UZRはとんでもなく高い数値を出します。

 

逆もあります。

 

メジャーリーガーばかり集まるところに草野球レベルの選手がプレーした場合、UZRは著しくマイナスになります。

 

このように、周りのレベルに依存してしまう指標であるため、条件を揃えないと正しい数値は算出できません。

 

2つ目に関しては、そもそも捕手はあまり打球処理をしません。

 

UZRは打球処理を主とした守備指標であるため、捕手の実力を測る指標としては向いていません。

 

また、捕手の実力というものは、打球処理よりもキャッチングやフレーミング、盗塁阻止率といった部分にあるので、UZRよりもそちらに焦点を当てるほうがよいでしょう。

 

UZRは守備指標がそもそも少ないと言う意味で、非常に貴重で便利な指標です。

 

しかし、弱点や問題点もあるので、そういった部分を理解しながらうまく活用していきたいですね。

 

それでは、この辺りでまとめに入ります。

 

【野球用語】UZRとは!?意味や計算方法、問題点などを解説!!:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要POINTを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • UZRは、同ポジションの平均的な選手が守る場合と比較して、守備でどれだけ失点を防いだかを示すもの
  • UZRの計算方法は、各ゾーンごとに平均値を出して、各選手の数値と比較しつつ、算出されプラス評価とマイナス評価を積み重ねる
  • UZRとゴールデングラブ賞の間にそこまで関係性は見当たらない。

 

これまで、選手の守備の優秀度であったり、実力を測る指標として、守備率がありました。

 

守備率は、「守備率=(守備機会-エラー数)÷守備機会」で算出する事ができるため、比較的ライトなファンでもわかりやすいですし、一目で守備の良し悪しがわかります。

 

しかし、守備率は計算式が単純すぎるあまり、打球難易度であったり、選手個人の守備範囲が考慮されていません。

 

そのため、正面の簡単な打球だけを処理して、難しい打球は追わなければ、守備率は高い値を維持できます。

 

そういった欠陥があるため、それを補った守備指標がUZRになります。

 

相対評価であるため、各リーグの平均値が高いとUZRの数値が上がりづらいといった弱点がありますが、それでも根拠の1つとして有効活用できる指標です。

 

ぜひ、本記事を通してUZRについてなんとなくでいいので、理解していただけたら嬉しいです。

 

野球観戦の幅を広げてくれるのは間違いないと思います。

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

 

セイバーメトリクスの詳細を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

セイバーメトリクスの詳細はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる