2021年プロ野球公式戦の視聴方法チェック

【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)の評価・評判【野球初心者の方必見】

【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)の評価・評判【野球初心者の方必見】

こんにちは、ヒロトニン(@tiger_blog7240)です。

 

今回は、さとさんに「K-POINT」の試打とレビューをお願いしました。 

 

豊富な野球経験とのK-POINTの試打経験があることから、私自身非常に信頼をおいている方になります。

 

今回、そんなさとさんがK-POINTの試打レビューを執筆してくれるということで、当サイト(プロ野球観戦の巣)に寄稿していただきました。

 

それでは、お願いします。

 

 

はじめまして、野球歴15年のさとと申します。

 

主な試合実績は、以下の通りです。

 

県大会ベスト8。(高校時代)

全国大会準優勝。(大学時代)

 

現在では週2回ペースで野球をしており、定期的に試合を行っています。

 

本記事で分かること

  • 【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)のスペック
  • 【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)の試打評価
  • 【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)がおすすめの人

 

ディマリニのバットといえば、K-POINT(ケーポイント)と言っても過言ではないですよね。

 

そして、この間K-POINT(ケーポイント)のバットを試打してきました。

 

ちなみにK-POINT(ケーポイント)のデザインは下記の通り。

 

 

詳しく知りたい方は、このまま本記事を読み進めていきましょう。

 

今回の記事では、【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)のスペックや試打レビューを解説しつつ、後半ではどのような方に向いているバットなのかについても解説していきます。

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

目次

【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)のスペック

【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)のスペック

 

私が今回試打したK-POINT(ケーポイント)スペックについては、上記の通り。

 

それでは、K-POINT(ケーポイント)のスペックや製品情報について深堀りしていきます。

 

ウレタンが硬く新軟式球M号にも対応

 

軟式バットでは気になるポイントですよね。

 

K-POINT(ケーポイント)については、2019年モデルより新軟式球のM号に対応しています。

 

そのため、従来のバットよりウレタンが硬く、使用頻度が増えても硬度はほとんど落ちることはありません。

 

長く使いたい人にはぴったりのバットだと言えますね。

 

スイートスポットが広い

 

K-POINT(ケーポイント)はウレタン部分が長いため、スイートスポットが広いのが特徴です。

 

そのため、多少芯を外しても遠くまでボールを飛ばすことが可能になります。

 

アベレージヒッター、長距離砲の両方におすすめのバットですね。

 

他のバットと比較してみると一目瞭然なのでぜひ実際に試してみてください。

 

K-POINT(ケーポイント)にはトップバランスとミドルバランスがある

 

K-POINT(ケーポイント)の2019年モデルには、トップバランス(83〜85cm/700〜740g)とミドルバランス(83〜84cm/720〜740g)があります。

 

どの長さにも共通して言えるのは、バットの振り抜きやすさです。

 

振り抜きやすい理由は、バットの先端にくり抜きがあるというのと、グリップが細めであるためです。

 

後半で解説しますが、K-POINT(ケーポイント)は振り抜きやすさが売りなので、野球を始めたばかりの方でも無理なくスイングすることができます。

 

これからバットを買おうとしている方や良いバットが見つからない方は、K-POINT(ケーポイント)をどうぞ。

 

K-POINTドップバランス

K-POINTミドルバランス

【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)の試打評価・評判

【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)の試打評価・評判

 

ここからは、私が、K-POINT(ケーポイント)で実際に試打してみた感想を書いていきます。

 

K-POINT(ケーポイント)の試打評価は、下記の通り。

 

  • 打球が飛びやすくしびれを感じにくい
  • バットはとても振り抜きやすい
  • 野球初心者でも扱いやすい

 

これらについて以下で詳しく解説していきます。

 

打球が飛びやすくしびれを感じにくい

 

K-POINT(ケーポイント)を実際に試打してみて、打球が飛びやすくしびれを感じにくいと思いました。

 

ディマリニをよく使う方だと分かると思いますが、とにかく芯の幅が広いためしっかりとスイングすれば遠くまでボールを飛ばすことができます。

 

また、バットのウレタン部分が硬い構造になっているため、バットの芯を外してもしびれを感じにくくなっています。

 

打球が飛びやすく、しびれを感じにくいバットはなかなかないので、K-POINT(ケーポイント)を試合で愛用するという方も多いのではないでしょうか。

 

バットはとても振り抜きやすい

 

K-POINT(ケーポイント)は先端にくり抜きがあり、グリップが細い形状で作られているため、とても振り抜きやすいです。

 

そのため、スイングスピードに自信のない方でも鋭いスイングをすることができます。

 

私自身も、調子が上がらない時はよくK-POINT(ケーポイント)を使用していました。

 

相手投手に合わせてバットを選ぶというのもおすすめです。

 

K-POINT(ケーポイント)は振り抜きやすさが売りなので、速球派の投手が来た時に使用すると良いのではないでしょうか。

 

野球初心者でも扱いやすい

 

野球初心者でも扱いやすいのが、K-POINT(ケーポイント)の良さでもあります。

 

 

野球を始めたばかりだと、どんなバットが自分に合っているのかなんて分からないですよね。

 

 

そんな方には、K-POINT(ケーポイント)がおすすめです。

 

 

理由としては上記で挙げたように、打球が飛びやすく、しびれを感じにくくとても振り抜きやすいためです。

 

 

このように、初心者でも扱いやすいバットであるK-POINT(ケーポイント)が初めてバッティングをするバットであれば、より野球が楽しいものに感じられるのではないでしょうか。

 

 

ここまでを読んで、K-POINT(ケーポイント)を使ってみたいという方や、草野球で活躍したいという方は、下記のリンクからどうぞ。

 

K-POINTドップバランス

K-POINTミドルバランス

【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)がおすすめの人

【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)がおすすめの人

 

結論から言うと、大きく4つあります。

 

具体的には、下記の通り。

 

  • 野球を始めたばかりの方
  • スイングスピードに自信のない方
  • ボールを遠くに飛ばしたい方
  • アベレージヒッターを目指したい方

 

それでは、上記の4つを深堀りしていきます。

 

野球を始めたばかりの方

 

先ほど少し解説をしましたが、野球を始めたばかりの方はK-POINT(ケーポイント)がおすすめです。

 

理由は下記の通りです。

 

  • 打球が飛びやすくしびれを感じにくい
  • スイートスポットが広い
  • バットを振り抜きやすい

 

野球初心者にとって、この3つの要素は大きいですよね。

 

当サイト(プロ野球観戦の巣)では、数多くのバットのレビューを行っています。

 

どれも初心者用のものだけではなく、人によっては扱いづらいとこともあるでしょう。

 

しかし、K-POINT(ケーポイント)は野球初心者にぴったりなバットだと言えます。

 

スイングスピードに自信のない方

 

野球を始めたばかりの方の中で、スイングスピードに自信のないという方もいるかと思います。

 

スイングスピードが遅い理由としては、バットを振る回数が少ないため慣れていないというのと、使用しているバットが重いという2点があるでしょう。

 

スイングスピードはバットを振れば振るほど速くなっていきますが、そもそも練習時間が確保できないということもありますよね。

 

そして、練習をしっかりしていないままいきなり試合に出るということもあります。

 

そういった場面で、K-POINT(ケーポイント)を使えば、スイングスピードに課題があっても、ボールに負けない鋭いスイングをすることができます。

 

スイングスピードに自信のない方は、K-POINT(ケーポイント)を使用してみてはいかがでしょうか。

 

ボールを遠くに飛ばしたい方

 

K-POINT(ケーポイント)は、ボールの反発力が強いため遠くに打球を飛ばしたい方にもおすすめです。

 

バットの芯の部分が広いため、多少芯を外したとしても力で遠くまで打球を持っていける方にはぴったりかと思います。

 

大事な試合で、ホームランを打って活躍したいという思いのある方は、ぜひK-POINT(ケーポイント)を使ってみてください。

 

アベレージヒッターを目指したい方

 

K-POINT(ケーポイント)はアベレージヒッターを目指したい方にもおすすめです。

 

バットの型には、トップバランスとミドルバランスのタイプがあるため、バットの重心が中央にあるミドルバランスを使用することで、よりバットを扱いやすくなります。

 

長打を一発打つというよりも、ヒットをコツコツと積み重ねていくタイプの方にはK-POINT(ケーポイント)のミドルバランスがおすすめです。

 

現在、バットを探している方やバット選びに悩んでいる方は一度K-POINT(ケーポイント)を試してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、まとめに入ります。

 

【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)の評価・評判【野球初心者の方必見】:まとめ

 

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • K-POINT(ケーポイント)の評価ポイントは打球の飛びやすさと振り抜きやすさ
  • 長距離ヒッター、アベレージヒッターの両方におすすめ
  • 試打した感想は、芯の幅が広いためしびれを感じなかった
  • 野球経験が豊富な方にはバットが軽く感じすぎて向かないかも

 

【ディマリニ】K-POINT(ケーポイント)は、野球初心者の方におすすめのバットです。

 

バットの振り抜きやすさと、スイートスポットの広さから「打球を遠くに飛ばしたい」「ヒットをたくさん打ちたい」という双方の要望にも応えてくれる製品なのではないでしょうか。

 

本記事を読んで興味を持った方や実際に手にとってみたい方は下記のリンクから購入をどうぞ。

 

K-POINTドップバランス

K-POINTミドルバランス

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

よく読まれている記事

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる