2021年プロ野球公式戦の視聴方法 チェック

【愛知県】高校野球強豪校まとめ!!春・夏甲子園の出場回数も解説!!

【愛知県】高校野球強豪校まとめ!!春・夏甲子園の出場回数も解説!!
お悩みくん

最近、高校野球が面白くて、テレビでよく見るようになりました。愛知県は高校の数が多いと聞きますが、ちなみにどこの高校が強いのですか!?また、春と夏の甲子園の出場回数が多い高校はどこですか!?野球に詳しい方に教えていただきたいです。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事でわかること

  • 【愛知県】高校野球強豪校について
  • 【愛知県】春の甲子園出場校ランキング
  • 【愛知県】夏の甲子園出場校ランキング

 

野球界の春と夏といえば、高校球児たちの熱い試合が見ることができる甲子園。

 

その甲子園に出場できる高校は、各県から1校or2校のみ。(例外あり)

 

そこで気になるのが、各都道府県でどこの高校がよく甲子園に出場しているかですよね。

 

今回の記事では、愛知県の高校野球強豪校をまとめつつ、春夏甲子園の出場回数のランキングも合わせて紹介していこうと思います。

 

記事の本筋に入る前に私のポジションを明らかにしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • 野球観戦歴14年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で190記事以上を執筆
  • 月刊閲覧数は30000PV超(上位3%代)

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

【愛知県】高校野球強豪校まとめ!!【最新版】

【愛知県】高校野球強豪校まとめ!!【最新版】

 

結論から言うと、大きく4つの高校が愛知県内では強豪校として認知されています。

 

具体的には、下記の通り。

 

・中京大中京高等学校

・愛工大名電高等学校

・東邦高等学校

・享栄高等学校

 

この4校は、愛知私学4強と言われていて、甲子園の出場回数も比較的多く、優勝校も中には入っています。

 

それでは、上記の4校を深堀していきましょう。

 

中京大中京高等学校

 

この名前は、結構聞き馴染みのある高校ではないでしょうか。

 

硬式野球部は、戦前から全国屈指の名門校として名前が知れ渡っており、春と夏通じて甲子園にもよく出場している名門校です。

 

最近では、2009年夏の甲子園で行われた、新潟の日本文理との決勝戦が記憶に新しいと思います。

 

この時、10-9というスコアで勝利し、43年ぶりの全国制覇を果たしました。

 

また、この年に中京大中京で活躍していたのが、広島カープの堂林選手や磯村選手になります。

 

ちなみに、中京大中京のOBで主なプロ野球選手は、下記の通り。

 

・嶋基宏

・堂林翔太

・磯村嘉孝

・伊藤隼太

・伊藤康祐

・髙橋宏斗

・中山礼都

 

上記の選手以外にもプロ野球で活躍しているOBは多いため、その流れで中京大中京の名前を知っている方も多いかもしれませんね。

 

愛工大名電高等学校

 

愛工大名電も全国的に有名な高校ではないでしょうか。

 

なんていったって、イチロー選手が在籍していた高校ですからね。

 

それで知っている方も多いかと思います。

 

1955年に野球部が創設されて以来、春のセンバツには8回、夏の甲子園には12回の出場経験がある名門校です。

 

最近の実績で言うと、春の選抜では2004年に準優勝。

 

2005年の春の選抜では優勝を飾っています。

 

また、愛工大名電のOBで主なプロ野球選手は、下記の通り。

 

・堂上剛裕

・堂上直倫

・十亀剣

・谷口雄也

・柴田章吾

・濱田達郎

・東克樹etc

 

結構、一軍で活躍している選手が多いような感じがしますね。

 

特に、谷口選手や東選手、十亀選手が愛工大名電出身だったのはびっくりしました。

 

東邦高等学校

 

先ほど、紹介した中京大中京と愛工大名電と並んで強豪校として有名なのが東邦高校ですね。

 

この東邦高校も愛知県内だけではなく、全国的にも知名度があり、甲子園でも輝かしい実績を残しています。

 

具体的には、単独で5度の春の選抜を制しており、最近では2019年に優勝しています。

 

また、この年に制覇したことで、平成最初と最後で春のセンバツを制したことになり、非常に珍しい記録を達成することとなりました。

 

主な、東邦高校OBのプロ野球選手は、下記の通り。

 

・朝倉健太

・関根大気

・藤嶋健人

・石川昴也etc

 

石川選手は、2019年の春のセンバツ優勝メンバーで、その年にドラフト1位で中日ドラゴンズに指名されました。

 

その他にも、朝倉さんや藤嶋選手など、こちらも中日ドラゴンズの選手が多めな感じですね。

 

享栄高等学校

 

享栄高校は、もしかしたらあまり聞かないと言う方が多いかもしれません。

 

個人的には、享栄高校は最近というよりかは、一昔前によく甲子園に出場していた印象が強いです。

 

実績を見ると、春の選抜の出場回数は11回、夏の甲子園の出場回数は8回と言う感じで、先ほど紹介した3校に引けを取らない成績を残しています。

 

しかし、甲子園での優勝経験はまだありません。

 

また、これは驚かれる方もいるかと思いますが、享栄高校は400勝投手の金田正一さんの出身校でもあります。

 

加えて、プロ入り初登板でノーヒットノーランをした近藤真一さんも同じく享栄出身です。

 

こう見てみると、愛知県の高校出身のプロ野球選手は、結構偉大な方が多いような感じがしますね。

 

他にも享栄出身のプロ野球選手もいるので、合わせて見ておきましょう。

 

・大島洋平

・武山真吾

・八木亮祐

・近藤弘基etc

 

以上、愛知県の高校野球強豪校まとめでした。

 

次では、愛知県の春・夏の甲子園出場校ランキングを紹介していきます。

 

スポンサードリンク

【愛知県】春・夏の甲子園出場回数ランキング

【愛知県】春・夏の甲子園出場回数ランキング

 

ここでは、春と夏の甲子園の出場回数を元に、愛知県の高校をランキング形式でまとめました。

 

【愛知県】選抜高校野球大会出場回数ランキング

【愛知県】選抜高校野球大会出場回数ランキング

 

愛知県内の高校における、春の選抜大会の出場回数ランキングは、上記の通り。

 

見てみると、中京大中京と東邦が圧倒的に多いことがわかりますね。

 

また、瑞稜や旭丘といった公立進学校が、甲子園に出場しているのが面白いところです。

 

私立高校の方が、基本的には優秀な選手が集まりやすいので、この手のランキングは私立高校が上位を占めることが多いです。

 

しかし、愛知県においては、甲子園出場経験のある公立高校が他県よりも多いのは、大きな特徴と言えるでしょう。

 

【愛知県】全国高等学校野球選手権大会出場回数ランキング

【愛知県】全国高等学校野球選手権大会出場回数ランキング

 

上記は、愛知県内の高校を夏の甲子園出場回数を元にランキング化したものです。

 

こちらも、春のセンバツ同様に中京大中京と東邦が上位2つを占めています。

 

また、私立高校だけではなく、公立高校も多く名を連ねています。

 

愛知県は、他県と比べても高校数が多く、勝ち抜くのは至難の業です。

 

しかし、裏を返すと、激戦だからこそ番狂わせが多いとも言えるでしょう。

 

そのため、公立進学校でも甲子園出場機会を得ることができるのかもしれません。

 

この辺りは、実際に各高校のHPや県内予選の歴代優勝校などを調べてみると、また違った面白さが得られるかもです。

 

それでは、この辺りでまとめに入ります。

 

【愛知県】高校野球強豪校まとめ!!春・夏甲子園の出場回数も解説!!:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要POINTをあらためてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 愛知県は、愛知私学4強と呼ばれる中京大中京、愛工大名電、東邦、享栄が強い。
  • 春と夏を通じて、中京大中京と東邦が圧倒的に甲子園の出場回数が多い。
  • 意外と、甲子園の出場経験がある公立進学校も多い。

 

本記事では、愛知県の高校野球強豪校をまとめつつ、春夏甲子園の出場回数のランキングも合わせて紹介してきました。

 

中京大中京や東邦、愛工大名電といった愛知県内だけではなく、全国的にも知名度がある高校がよく目立ったかと思います。

 

また、強豪校からプロ野球選手になった方も多く在籍しており、非常に野球が盛んな地域でもあることがわかりました。

 

果たして、愛知県から甲子園に出場する高校は、愛知私学4強と呼ばれる高校から今後も出場するのか。

 

それとも、新鋭が現れるのか。

 

注目していきたいところですね。

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当ブログは総閲覧数20万回超えの野球メディアです。月に4万回ほど閲覧されています。プロ野球観戦を10倍楽しくする方法や草野球初心者が走攻守の面で上達することをテーマに試筆しています。好きな球団は、阪神タイガース。野球観戦に有益な情報や阪神タイガースの選手記事を中心に記事を書いています。また、草野球で多くの軟式バットを使用してきたため、バットのレビュー記事も多く執筆しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる