【最新版】全12球団プロ野球公式戦の視聴方法→チェック

【プロが解説】プロ野球の優勝マジックとは!?意味や語源、計算方法を徹底解説!!

【プロが解説】 プロ野球の優勝マジックとは!? 意味や語源 計算方法を徹底解説!!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
お悩みくん

・プロ野球でよく聞く優勝マジックの意味を知りたい。
・プロ野球でよく聞く優勝マジックの計算方式を教えて欲しいな。
・なぜ、優勝マジックと言われるようになったの!?

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事でわかること

  • 【プロ野球】優勝マジックの意味や語源
  • 【プロ野球】優勝マジックの計算方法
  • 【プロ野球】優勝マジックの実例

 

プロ野球の優勝争いがそろそろ佳境に入る頃かと思います。

 

そして、スポーツニュースやメディア等で“優勝マジック”という言葉を耳にする機会が多いのではないでしょうか。

 

優勝マジックは、初心者の方にとってはあまり聞き慣れない言葉だと思いますし、なんといってもルールがとても複雑なんですよね。

 

私にも野球観戦初心者の時代があったのですが、”優勝マジック”の意味は何度理解しようとしても、難しくてなかなか覚えづらかったのを覚えています。

 

私と同じくこの状況に陥ってしまっている方もいると思うので、本記事では優勝マジックについてあらゆる視点から解説していこうと思います。

 

記事の本筋に入る前に私の自己紹介をしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • プロ野球観戦歴15年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で320記事以上を執筆
  • 月刊閲覧数は70000PV超(上位1%代)

 

それでは、最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

【プロ野球】優勝マジックの意味や語源とは!?【計算方法も解説】

優勝マジック解説

 

マジックの語源は日本とアメリカで少し違うようで、日本ではビンゴからきているようです。

 

ビンゴを達成する一歩手前の状態である「リーチ」状態の時にビンゴを達成する最小の数をマジックナンバーと呼ぶことを語源としているそうです。

 

反対に、アメリカ合衆国では数字がついたり消えたりするさまを、まるでマジックで書いたかのようだということから、マジックと呼ばれるようになったといわれています。

 

同じ野球でも国が違えばこうして語源が全く違うので、もっと深く調べて比較してみても面白いかもしれませんね。

 

それでは、野球でよく使われるマジックとはどのような意味を表すのでしょうか。

 

ここで使われるマジックとは簡単に言うと「優勝までのカウントダウン」と呼べばわかりやすいかもしれません。

 

ちなみにこのカウントダウンの数字を減らすためにはマジック点灯チームが試合に勝てばマジックを減らすことができます。

 

もっと詳しく言えば、マジック対象チームといわれるチームが負ければマジックナンバーは1つ減り、なおかつマジック点灯チームが勝てばもう1つ減らせるので、合計2つマジックナンバーを減らすことができます。

 

また、マジックを点灯させるには条件があり、「自力優勝が他チームにはない」「他チームは勝率で上回らない」という2つを満たしていないとマジックは点灯しません。

 

なので、過去の事例として2006年のパ・リーグで首位以外のチームは自力優勝の可能性はないのに、マジックが点灯しないという珍しいことが起こりました。

 

これは、もう一つの条件である「他チームは勝率で上回らない」という条件を満たしていなかったので、点灯しなかったということになります。

 

少し簡単に説明しすぎたところもありますが、例外もたくさんありますので興味がある方はググってみるのもいいかもしれませんね。

 

結論としてまとめてみると、マジックについてはこの二つがポイントとして挙げられますね。

 

重要POINT

・語源は日本とアメリカで違っていて、日本はどうもビンゴゲームからきている。

・プロ野球では「優勝までのカウントダウン」という意味合いで使われる。

【プロ野球】優勝マジックの計算方法とは!?

 

結論から言うと、公式の計算方法は、下記の通り。

 



・「マジックナンバー(M)」=「残りの試合数」-マジック対象チームとの残り試合数(=Sとする)

(ただし、マジック対象チームとのゲーム差>S)

 

わかりにくいと思うので、実際の例に当てはめて計算してみますね。




まず、下記を前提条件として解説していきます。

 



・Aチームの残り試合数が30試合

・マジック対象チーム(Bチーム)との試合数が残り2試合

・AチームとBチームのゲーム差は4

 

そして、翌日の試合でAチームが勝利し、BチームがCチームに敗戦したとします。





そうすると、下記のような状況になります。

 



・Aチームの残り試合数は29試合

・AチームとBチームのゲーム差は5

・AチームとBチームの残り試合は2試合

 

このときのAチームのマジックナンバーを算出すると、下記の通り。

 



29(Aチームの残り試合数)-2(Bチームとの直接対決数)=27(マジックナンバー)(5>2)

 

上記のような形でマジックナンバーは算出されます。

 

少し計算は複雑ではありますが、上記のように噛み砕いていけば、至ってシンプルであることがわかりますね。

 

【プロ野球】優勝マジックについて復習【ルールから計算方法まで網羅】

   

セ・リーグ順位表

出典:サンケイスポーツ

 

それでは、ここでさきほど学んだことを復習してみましょう。

 

具体的には、優勝マジックの意味やルールから計算方法まで全てここで復習しようと思います。

 

それでは、2019年のセ・リーグの順位表を例に、説明したいと思います。

 

ここでいうマジック点灯チームは巨人マジック対象チームはDeNAになります。

 

この二球団の向こう3日間の対戦カードを見てみると、

 



・本日は中日ー巨人、DeNAー広島(9/18)

・明日は中日ー巨人、DeNAなし(9/19)

・明後日はDeNA―巨人(9/20)

 

ということで最短での優勝はいつになると思いますか。

 

巨人が最短で優勝するためには、巨人が勝ち続けてなおかつDeNAが負け続けたら、最短で優勝できると思いませんか。

 

ということは巨人の最短での優勝は明後日の20日になります。

 

このように実際に順位表を例にして解説してきましたが、視聴者にとってはルールさえ理解できれば、とても分かりやすい指標になると思います。

 

最近はクライマックスシリーズ進出決定までのカウントダウンをあらわす、「CSクリンチナンバー」という指標もできたので、プロ野球を楽しむうえでこのような部分もプラスαで理解するといいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

【プロ野球】優勝マジックにまつわる面白ネタについて

   

阪神マジックナンバー143

    出典:サンケイスポーツ

   

 

実はこのマジックを利用した面白ネタが、毎年関西地方で行われていますが、みなさんご存じですか。

 

写真をよく見てみたらわかると思いますが、「143」という数字が目に入ると思います。

 

この数字は日本プロ野球の年間の試合数を表しているのと同時に阪神の優勝マジックナンバー(もちろん非公式)を表しています。

 

この企画は毎年ペナントレースが始まる前に行われていて、今年で17回目ということで、恒例行事になっています。

 

これは、ほんと阪神ファンならではのユニークなイベントですよね。

 

最近は恒例化したということで、ネットニュースとかで見ることが多くなり、全国的にも認知されるようになったと思います。

 

プロ野球の優勝チームを決定づけるマジックナンバーが、こうして阪神ファンによって面白おかしくつかわれているということで、関西の人たちのユニークさに驚かされました。

 

また私としてはこのマジックを早く0にできるように、選手一同頑張ってほしいと思っています。

 

【プロが解説】プロ野球の優勝マジックとは!?意味や語源、計算方法を徹底解説!!:まとめ

スポンサードリンク

 

ここまで優勝マジックについて解説してきましたが、いかがでしたか。

 

今回の記事でなんとなくわかったという方が多ければうれしいですが、なかなかわからなかったよという方は、Wikipediaに詳しく書かれているので、今回の記事に+aで参考にしてみるのもおすすめです。

 

また最後に紹介した面白ネタですが、記録という面でもマジックはいろいろとあると思うので、ぜひ調べてみてください。

 

今回はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次