2021年プロ野球公式戦の視聴方法チェック

【2021年】楽天・田中将大の成績予想!!年度別成績を元に分析!!

【2021年】楽天・田中将大の成績予想!!年度別成績を元に分析!!
お悩みくん

田中将大投手が楽天に復帰しました。そこで、田中投手は日本でどのくらいの成績を残しそうですか!?プロ野球に詳しい方に教えていただきたいです。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事でわかること

  • 【2021年】楽天・田中将大の成績予想
  • 【楽天】田中将大投手とソフトバンクの愛称について
  • 楽天が優勝するために田中将大がなすべきこと3つ!!

 

先日、ヤンキースでバリバリ活躍していた田中将大投手が、楽天に復帰することが決まりました。

 

これについて、僕も歓迎のツイートを行っています。

 

https://twitter.com/tiger_blog7240/status/1354705421093617664?s=20

 

田中投手の楽天復帰は、楽天ファンだけではなく、プロ野球界全体が盛り上がったのではないでしょうか。

 

そこで、気になるのが「どれだけ勝ち星を伸ばせるか」ですよね。

 

本記事では、この辺りにフォーカスしていきます。

 

記事の本筋に入る前に私のポジションを明らかにしておきましょう。

 

信頼性の担保

  • プロ野球観戦歴14年
  • 当サイト(プロ野球観戦の巣)で180記事以上を執筆
  • 月刊閲覧数は30000PV超(上位3%代)

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

【2021年】楽天・田中将大の成績予想をしてみる【多角的分析】

 

ここでは、田中投手の2021年の成績予想をしていきます。

 

それにあたって、いくつか判断材料を用意する必要があります。

 

なので、判断材料を複数提示しながら、田中投手の成績を予想していきましょう。

 

【楽天】田中将大の年度別成績

 

まずは、田中投手の年度別成績を見ていきましょう。

 

具体的には、下記の通り。

 

田中将大投手の年度別成績

 

これまで、14年間のプロ野球生活を歩んできた田中投手。

 

その14年のうち2桁勝利をした数は、なんと12回。

 

さすがとしか言いようがないですよね。

 

また、メジャーリーグ時代の成績を見てみると、2014年から2020年の7年間で2桁勝利は実に6回。

 

まだまだ年齢は若いものの、日本のレジェンドといっても過言ではないでしょう。

 

ここからわかるように、これまでの実績と経験は申し分ないことがわかりますね。

 

過去に日本復帰を果たしたメジャーリーガーで二桁勝利したのは4人だけ

 

ここで、興味深いデータを1つあなたにお見せします。

 

 

このデータは、これまでメジャーから日本復帰した選手の1年目の成績をまとめたものです。

 

先発と中継ぎというポジションの違いはあるものの、メジャーから日本復帰1年目で2桁勝利したのは33人のうちの4人。

 

確率的には、非常に低いことがわかりますね。

 

それでは、なぜこうなってしまうのでしょうか。

 

理由は、日本野球とアメリカ野球の違いにあります。

 

具体的には、ボールの違い、マウンドの硬さの違いといったところですかね。

 

そこに適応できるか否かで、日本復帰1年目の成績が変わってきそうです。

 

実は、ソフトバンクと相性が非常に良い

 

楽天ファンの方には朗報です。

 

田中投手は、ソフトバンクと非常に相性がいいです。

これは、日本に在籍していた2013年までのソフトバンクとの対戦成績になるのですが、16勝3敗という成績を残しています。

 

当時のソフトバンクは、秋山監督が主に指揮を執っていた時期で、現在と同等のチーム力がありました。

 

そのため、ソフトバンクと相性が良かったという過去の戦績は、今も活きるのではないかと思いますね。

 

100球肩になっていないかが懸念点

 

ここで1つ懸念点を提示すると、100球に慣れてしまっていないかという心配がありますね。

 

日本のプロ野球は100球を超えても、投げさせることが多いですよね。

 

また、DH制を敷いているパ・リーグは、特にこのような色が強いです。

 

そして、田中投手もメジャーリーグに行く前は、常に完投や完封を達成していたような投手でした。

 

しかし、メジャーリーグでは中4日で100球という1つの基準があります。

 

そのため、以前のような無尽蔵のスタミナがあるかと問われると疑問符がつきそうです。

 

しかし、田中投手は先程の成績を見たように、メジャーで大活躍してました。

 

その要因として、力で押す投球だけではなく、かわす投球を覚えたからです。

 

つまり、最小限の投球数で最大限の結果を得る投球術を得たわけです。

 

田中投手が最も成長したポイントはこれではないかなと思います。

 

そのため、あまり球数を要さずに投げ勝つことができるかもしれません。

 

なので、この懸念点はもしかしたらそこまで心配ないのかもですね。

 

【結論】田中将大の2021年成績予想は!?

 

ここまで、田中投手の成績を予想するための判断材料をいくつか提示してきました。

 

それでは、お待ちかねの成績予想をしていこうと思います。

 

個人的には、田中投手が残す成績は、ズバリ12勝6敗 防御率2.50だと思います。

 

これは、先程あげたいくつかの判断材料を元に、そろばんを弾いてみたものです。

 

あとは、私の中で田中投手と黒田投手が結構ダブるんですよね。

 

そして、黒田投手の日本復帰1年目はこのような成績だったと思います。

 

そういう意味も込めて、このような成績予想をしてみました。

 

勝ち星に関しては、打線との兼ね合いもあるので、結構予想が難しかったりします。

 

しかし、打線が爆発していい投球をコンスタントに続けられるのであれば、今回予想した成績よりもはるかに良い成績を残すでしょう。

 

果たして、今季はどのような成績を残してくれるのか。

 

阪神ファンである私も非常に楽しみです。

 

スポンサードリンク

【ズバリ!!】楽天が優勝するために田中将大がなすべきこと3つ!!

【ズバリ!!】楽天が優勝するために田中将大がなすべきこと3つ!!

 

田中投手の成績予想をしたということで、ここからさらに深掘りしていこうと思います。

 

具体的な内容は、「楽天が優勝するために期待される田中投手の役割」ですね。

 

結論から言うと、大きく3つのことを期待しています。

 

具体的には、下記の通り。

 

・パ・リーグ王者ソフトバンクに勝利すること

・日本とメジャーのマウンドやボールの違いに適応する

・若手選手にこれまでの経験を伝える

 

それでは、上記の3つを深掘りしていきます。

 

パ・リーグ王者ソフトバンクに勝利すること

 

楽天が優勝するためには、2020年首位のソフトバンクに勝たなければなりません。

 

昨年のソフトバンクは、終盤ロッテに迫られたものの、終わってみれば圧勝。

 

楽天に関しては、Bクラスに沈む結果になってしまいました。

 

そこで、必要なのが、新戦力の田中投手がいかにソフトバンクに対して貯金を作れるかですね。

 

2013年までの好相性な成績を再び発揮できれば、ソフトバンクを圧倒する可能性は大いにあるでしょう。

 

日本とメジャーのマウンドやボールの違いに適応する

 

本メジャーリーガーの選手には、非常に大事なことではないでしょうか。

 

これができるか否かで、だいぶ成績が変わってくると思います。

 

例えば、昨年限りで中日に移籍した福留選手は、メジャーから日本に復帰した当初は全然打てませんでした。

 

怪我の影響もあったかもしれませんが、1番はアメリカの動くボールに慣れたことで、ボールを捉えることが難しくなったからです。

 

バッターとピッチャーの違いはあるものの、どちらにせよ日本とアメリカで様々な違いがあります。

 

長くメジャーで活躍していた田中投手が仮に壁にぶつかるのであれば、これではないかなと思います。

 

なので、できるだけ早く慣れていくことが大事ですね。

 

若手選手にこれまでの経験を伝える

 

成績面だけではなく、選手のコーチングという面でもチームの核として働いてほしいですね。

 

特にこれからチームの主力になる若手選手にこれまでの経験やノウハウを伝えていき、プロ野球の未来を担う人材を育てていただきたいところ。

 

なぜ、このようなことを書くかというと、もしかしたら田中投手は2021年だけ楽天に在籍する可能性があるからです。

 

田中投手が結んだ契約は、2年目に自身がどこに在籍するかを選択する権利があるものになっています。

 

なので、最悪1年しか日本にいない可能性もあるわけです。

 

そのため、田中投手がいるうちにどんどん経験やノウハウを伝えてほしいですし、若手選手もどんどん質問攻めしてほしいですね。

 

と言う感じで、この辺でそろそろまとめに入ります。

 

【2021年】楽天・田中将大の成績を予想してみる|年度別成績を元に分析!!:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要POINTを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 田中投手の日本復帰1年目は、12勝6敗 防御率2.50を予想
  • ソフトバンク戦に相性が良いのは、楽天にとって非常に好材料。
  • 日本とメジャーの野球の違いにいち早く適応できるかがとても大事

 

田中投手が楽天に、復帰したということで、楽天の戦力層は1段と増すばかり。

 

特に先発ローテは他球団よりも盤石すぎて、手をつけられない可能性大ですね。

 

 

則本・田中・岸・涌井の4枚看板はやばすぎ笑笑

 

これに、早川投手が入るとなると、手のつけようがないですね。

 

今後、楽天がどのような戦いを行なっていくのか非常に楽しみです。

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

 

「リアルタイムで楽天戦を見たい!!」という方は、下記の記事を参考にどうぞ

 

【2021年】楽天の試合中継を見る方法|ネットやテレビも完全網羅!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる