【試打】ブラックキャノンMAXの評価【結論:打感中毒に注意です】

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

・ZETTのブラックキャノンMAXが気になるんだけど実際はどうなんだろう!?
・実際に使って見た感想やどんな人にオススメなのかを知りたいな。

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事で分かること

  • ブラックキャノンMAXのスペック
  • ブラックキャノンMAXを打ってみた感想
  • ブラックキャノンMAXがおすすめの人

 

先日執筆した「【試打】ビヨンドマックスギガキングの評価【マジで神バットすぎる】」に続いて第2弾の試打レビュー記事になります。

 


今回は、ZETTが出しているブラックキャノンMAXになります。

 


ブラックキャノンMAXのデザインは下記の通り。

 

 

記事の本筋に入る前に信頼性を担保すると、この記事を書いている私は草野球歴9年あり、本ブログでも野球初心者向けに情報発信しています。

 


また、今回紹介するブラックキャノンMAXは実際に使用しているので、より信ぴょう性のある情報をあなたに届けることが出来るはず。

 


そこで今回の記事では、ブラックキャノンMAXのスペックや試打してみた感想を紹介しつつ、記事の後半はブラックキャノンMAXがおすすめの人についても触れていきます。

 


それでは記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

【ZETT】ブラックキャノンMAXのスペック

ブラックキャノンMAXの製品情報

 

私が実際に試打したブラックキャノンMAXの製品情報は、上記の通り。

 

ちなみに、ブラックキャノンMAXで選べるサイズは下記の通りになります。

 

・サイズ:質量=83cm:710g

・サイズ:質量=84cm:720g

・サイズ:質量=84cm:770g

・サイズ:質量=85cm:780g

 

サイズのレパートリーも多いので、自分の手にあったバットが選べると思います。

 


それでは、ブラックキャノン MAXのスペックについて解説していきます。

 

ブラックキャノンMAXはM号対応

 

もちろん、M号対応です。

 


ちなみにM号についてわからない方向けに少し解説すると、2016年に軟式ボールの規約が変更になりました。

 

それによって、これまでの金属バットでは対応しづらいバットもあったりするのですが、ブラックキャノンMAXではM号完全対応になっています。

 

また、私自身ブラックキャノンMAXでM球を打たせていただいたのですが、何の問題もなく打つことができました。

 


なので、ここらへんの心配は無用ですね。

 

ブラックキャノンMAXはトップバランス

 

いわゆる、ホームランを量産したい方や飛距離を伸ばしたい方向けのバットになります。

 


「おぉ、それはいい。購入しよう!!」

 


そう思った方は少しお待ちください。

 

まだ、早いです。

 

あとで解説するのですが、私が実際に試打して見て思ったのですが、スイングスピードが早い方でないと、少し扱いづらいかなと言う印象を受けました。

 

振った感じ、重量並かそれ以上の重さを感じました。

 

先日紹介した、ビヨンドマックスギガキングと比べると少し重いかなという感想を抱きましたね。

 

ブラックキャノンMAXの打撃部とグリップ部分に工夫あり

 

ブラックキャノンMAXは、打撃部とグリップ部分にとても凝っている印象ですね。

 

というのも、打撃部に関しては三重管スプリング構造という形で設計されていて、トランポリン運動を生み出しやすいものになっています。

 

どういうことかというと、トランポリン運動を思い出してください。

 

トランポリンは自分が跳ねると、その反動で大きく跳ぶことができますよね。

 

これが、ブラックキャノンMAXの打撃部でも起きるようになっていて、これによって飛距離を伸ばしやすくなっています。

 

また、グリップに関してはより強度を上げているので、ボールの衝撃によるバットのしなりを軽減できます。

 

バットがしなることで自身のパワーが逃げないようになるので、しっかりと打った際のパワーがボールに伝わるようになっています。

 

【ZETT】ブラックキャノンMAXの試打評価

試打評価

 

それでは、ブラックキャノンMAXでボールを打った感想を書いていきます。

 

大きく4つあって、具体的には下記の通り。

 

・打感は硬式球を打った感じと似ている

・少しバットの重さを感じる

・野球初心者の方は扱うのに苦労するかも

・ライナー性の鋭い打球が飛ばしやすそう

 

それでは、上記の4つを具体的に解説していきます。

 

打感は硬式球を打った感じと似ている

 

もっと詳しくいうと、木製のバットで打った時の感覚と似ていますね。

 

私自身、木製のバットで打った経験はあまりないのですが、打った時の感覚が木製バットそのものでしたね。

 

また、打感についていうと芯でとらえた時の感覚がしっかりと伝わるのも大きな特徴ですね。

 

同じトップバランスでビヨンドマックスギガキングという軟式バットがありますが、それよりもボールを捉えた感覚がわかりやすいですね。

 

☞「【試打】ビヨンドマックスギガキングの評価【マジで神バットすぎる】

 

「ボールを捉えた感覚が欲しい」という人や「硬めの打感を味わいたい」という人にはいいバットですね。

 

少しバットの重さを感じる

 

スイングした時のバットが少し重いかなという印象ですね。

 


私自身、少し非力なので余計に重く感じただけかもしれません(笑)

 

少なくとも、ビヨンドマックスギガキングでスイングした時よりも重く感じましたね。

 

だから、ビヨンドマックスギガキングがいいというわけではないですが、私みたいにあまり力のない方には向かないかもです。

 

また、少し重量感を感じる分、スイングスピードが従来よりも落ちてしまうかなという印象も受けました。

 

なので、スイングスピードに自信がある方には、けっこうフィットするのではないでしょうか。

 

野球初心者の方は少し扱いづらいかも

 

これから草野球を始める方やまだ初めてそんなに時間が経っていない方には扱いづらいかもです。

 

というのも、 速球が来たときに対応できるかと言うことですね。

 

先ほども言ったようにスイングスピードが落ちやすい感じがするので、速球をしっかりとミートするのが難しいのかなと。

 

つまり、スイングスピードが落ちるとボールが当たっても押されてしまうし、そもそもバットに当たらない可能性もありますよね。

 

また、初心者の方は速いボールに慣れてないことも多いので、ちょっと厳しいかなと言う感じはします。

 

なので、何度もいうようにある程度手慣れている人の方がうまく使いこなせると思います。

 

ライナー性の打球が飛ばしやすそう

 

これは、試打した際に店員の方からお聞きしたことですね。

 


ブラックキャノンMAXは、トップバランスで飛距離も出やすいと言う触れ込みですが、どちらかと言うと鋭いライナー性の打球を飛ばすことに向いています。

 

また、私が試打した際も捉えたボールは結構初速が速い打球がほとんどだったので、的を得ていると思います。

 


他の方でブラックキャノンMAXを試打した動画もあるので、これも合わせて見ておきましょう。

 

 

動画を見ていただくとわかる通り、私と同様なことを言っているのが分かります。

 

鋭い打球を飛ばしたい方や硬球に近い打感を感じたい人は、ブラックキャノンMAXをどうぞ

 

 

スポンサードリンク

【ZETT】ブラックキャノンMAXがおすすめの人

オススメの人

 

結論から言うと、大きく4つあります。

 


具体的には、下記の通り。

 

・しっかりとボールを捉えた感覚が好きな人

・硬式の野球経験がある人

・草野球ですでに野球をされている方

・自信の打撃フォームがバットを短めに持つ人

 

それでは、上記の4つをそれぞれ深堀していきます。

 

しっかりとボールを捉えた感覚が好きな人

 

具体的には、鉄球を打ち返したような感覚ですね。

 


ブラックキャノンMAXでは、木製バットで打ったような感覚、そして硬球を打ち返した時の感覚と似ているので、この感覚が好きな人にはいいですね。

 

そのような方が、このバットを持つと打感中毒になると思いますよ(謎)

 

それだけ、ボールを捉えた感覚を存分に味わうことができます。

 

硬式野球経験者の人

 

これは、先ほどの打感の話に関連することになります。

 


詳細に言うと、硬式野球から軟式野球に転身されている方は使いやすいのではないかなと思います。

 

また、野球経験という面で見てもブラックキャノンMAXは初心者よりも野球経験がある方の方が扱いやすいです。

 

上記のような理由から、硬式野球を経験している方にオススメのバットになります。

 

草野球ですでに野球をされている方

 

これも、先ほどから言っているように野球を経験している方に適したバットになります。

 


草野球でいうと、中上級者レベルぐらいがいいのではないかなと思います。

 

やはり、初心者の方はスイングスピードや速球に対応する力がまだ未熟である可能性が高いので、そのような方はブラックキャノンMAXは合わないのかなと思います。

 

ちなみに、草野球初心者の方でも使えるバットもあり、先日レビューしたビヨンドマックスギガキングがそれにあたるので、興味のある方は下記の記事をお読みください。

 

☞「【試打】ビヨンドマックスギガキングの評価【マジで神バットすぎる】

 

打撃フォームがバットを短く持つタイプの人

 

これは、どちらかと言うとスイングスピードが下がらないための対策法に近いです。

 


特に草野球初心者の方でどうしてもブラックキャノンMAXを使いたい方は、バットを少し短く持てば、対応できるのではないかと思います。

 


事実、私がブラックキャノンMAXを試打した際に、短めと眺めでそれぞれ打ってみたりしました。

 

その結果、当たり前の話かもしれませんが、短めに持った方がボールを捉えやすいように感じました。

 

なので、こう言う使い方もあるよと言う感じで、頭のかたすみに入れていただけたらと思います。

 

【試打】ブラックキャノンMAXの評価:まとめ

スポンサードリンク

 

今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • ブラックキャノンMAXは打撃部とグリップが非常に凝っている。
  • 鋭い打球や硬球に近い打感が好きな人にはオススメ。
  • 初心者の方だと、少し扱いづらいかなと感じる。
  • 初心者の方でどうしても使い方は、バットを短く持つなどをしたら対応可能。

ブラックキャノンMAXは、しっかりとボールを捉えた感覚がわかるバットで、打球感を大事にしている人には向いているのではないかと感じました。


しかし、その反面草野球をこれから始めようとしている方や始めたばかりの人には少し扱いづらいかなという印象もあります。


なので、草野球歴が長い人かつ硬球を打ったような感覚を求めている方には最適なバットという印象です。

バット選びは実際に手に持って試打するのは大事ですが、購入する際はネットでぽちる方が安かったりします。

上記のリンクから購入できるので、ブラックキャノンMAXを手に入れたい方はどうぞ。

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

楽しい野球ライフをお送りください。

スポンサードリンク



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる