2021年プロ野球公式戦の視聴方法 チェック

野球観戦のチケットをプレゼントしたい時に注意すべき点とは!?

お悩みくんのアイコン画像お悩みくん

・今度、野球観戦のチケットをプレゼントしたいんだけど、大丈夫なのかな!?
・野球観戦のチケットをプレゼントする時の注意点があったら教えて欲しいな。

今回の記事では、上記の2つの疑問に答えていきます。

本記事で分かること

  • ・野球観戦チケットをプレゼントする際に気をつける点。
  • ・野球観戦チケットをプレゼントとして選んでも大丈夫!!
  • ・プレゼントをする時は何か付加価値をつけよう!!



記念日や誕生日になると、大切な人や家族にプレゼントを渡すことがありますよね。





その際にプレゼントとして、野球観戦のチケットを渡すのはどうなのかなと言う疑問を持っている方がいるのではないでしょうか?




また、野球観戦のチケットをプレゼントする時に気をつけたい点を知りたい方もいるかと思います。




本記事では、上記の方向けに執筆していくので、疑問解決にアプローチできるかと思います。




記事の本筋に入る前に、信頼性を担保すると、この記事を書いている私はプロ野球観戦歴が13年でひいきチームの試合を中心に毎年全試合見ています。



また、野球観戦に関する記事を本ブログを通じて発信しているので、信頼性はあるはず。

※不信に思う方は本ブログを読み漁ってみてください。




そこで、今回の記事では野球観戦のチケットをプレゼントしたい時の注意点を解説しつつ、記事の後半ではその際のワンポイントアドバイスを紹介していきます。




それでは、記事の最後までお付き合い下さい。




スポンサードリンク
目次

野球観戦のチケットをプレゼントしたい時に注意すべき点とは!?

注意



結論から言うと、大きく5つの注意点があります。




具体的には、以下の通りです。




・渡す相手がまず野球観戦が好きかどうか

・野球観戦する試合は公式戦なのかそれ以外なのか

・野球観戦をする席が内野席なのか外野席なのか

・試合時間が延びても、我慢できるかどうか

・野球観戦のチケットは日付指定なしでは購入できない





野球観戦のチケットをプレゼントする際は、最低限、上記の5つの注意点を守らないといけないですね。




それでは、上記の5つの注意点についてそれぞれ深堀していきます。



渡す相手がまず野球観戦が好きかどうか



そもそも野球観戦のチケットを渡す相手は、野球に興味がある人ですか?




野球を見ることに苦痛を覚えてしまっている人ではないですか?




これは、非常に重要なことだと思います。




例えば、野球を普段あまり見ないけど、少し興味があって見たいなと言う人なら全然いいと思います。




しかし、野球を普段見てなくて興味もない人に渡しても、相手は全く嬉しくないですよね。




なので、もし野球観戦のチケットを渡す際は、事前に相手が好きor興味があるのかをリサーチする必要がありますね。




サプライズで渡したいとしても、普段の会話で野球の話を少しして、興味があるのかどうかを見極めていくことが大切ですね。




野球観戦する試合は公式戦なのかそれ以外なのか



野球を観戦すると言っても、一口で言えることではないですね。




つまり、野球の試合には公式戦であったり、オープン戦であったり、はたまたオールスター戦だったりといろいろ種類があります。




試合によっては、チケットの買いやすさや席の取りやすさが全く違うので注意が必要です。



私のおすすめとしては、時期にもよるのですが公式戦を見にいくのをおすすめします。




理由は、チケットはそこまでとりづらいわけでもないですし、雰囲気も楽しめるからです。




オールスター戦だとそもそもチケットは取りづらいですし、オープン戦は練習試合に近いものであるため、雰囲気はそこまであるわけでもないです。




しかし、これはあくまで私の意見であるので、あなたに合った試合の種類を見極めつつ、野球観戦することをオススメします。




ぜひ、それぞれの試合をリサーチしてどの試合を見たいかを見極めていきましょう。



野球観戦をする席が内野席なのか外野席なのか



野球観戦をする際は、内野席なのか外野席なのかで雰囲気はだいぶ変わります。




これについては、以前下記の記事で解説しています。





ちなみに少しネタバレをしてしまうと、内野席は主にじっくりと野球を見たい方や静かな環境で見たい方に向いています。




逆に外野席はと言うと、バリバリ声を出して応援したい人や盛り上げていきたいと言う人に向いています。




外野席と内野席でそれぞれ向き不向きがあるので、あなたのニーズに合わせて席選びをしていきましょう。



試合時間が延びても、我慢できるかどうか



野球の試合時間は、とても長いです。




通常は2時間30分から3時間ほど。延長になると4時間コースはザラにあります。




こうなると、問題になってくるのがこの長時間に耐えることができるかどうかですよね。




野球をもともと見るのが好きな方は、問題ないと思いますが、少し興味がある程度の方には注意が必要ですよね。




したがって、これについても野球観戦のチケットをプレゼントする前に、相手に確認する必要がありますよね。



プレゼントする際は事前調査が必須になってくるので、この作業を怠らないようにしましょう。



野球観戦のチケットは日付指定なしでは購入できない



野球観戦のチケットを購入する際は、日付をあらかじめ決めておきましょう。




ちなみに、野球観戦のチケットを買う方法については下記の記事で解説しているので、合わせてお読みになると理解が深まります。





話を戻すと、野球観戦のチケットは日付を決めないと購入することができません。




これは、日付を決めていないと、転売目的でチケットを購入する人が出てくるからです。



また、野球観戦のチケットは一度購入するとキャンセルは効きません。




なので、野球観戦のチケットを購入する際は相手から入念に聞き取り調査などした上で購入を踏み切りましょう。




買った後に「いらなかった!!」では、遅いですからね。




スポンサードリンク

野球観戦のチケットをプレゼントしたい時は何か付加価値を付けよう

チケット



野球観戦のチケットをプレゼントしたい時は、何か付加価値をつけましょう。



付加価値とは何か、あなたはわかりますか?



付加価値とは、あるものに対して自身で新たな価値やサービスを付け加えることを言います。



例えば、私が飲んでいる某サプリは、初回購入の際に、追加で1週間分のサプリがついてきます。



これを付加価値と言います。



つまり、私が言いたいことは野球観戦のチケットをプレゼントするときに、チケットだけではなく、何かをつけようと言うことです。



これを聞いたあなたはこう思うのではないでしょうか。



「付加価値って聞くと何か難しそう」



「自分で何か作るの?」



上記のような疑問が飛んできそうですが、そんな難しく考えなくてもいいです。



ほんのちょっとした気遣いで、相手は喜んでくれます。



それでは、野球観戦のチケットをプレゼントする時の付加価値の例をパターン別に深堀していきます。



渡す相手が友達の時



普段よく遊んでいる方や野球の話で盛り上がる方などに対してチケットを渡す時ですね。



この時は相手にもよるのですが、何か言葉を送るといいと思います。



例えば、「当日楽しもうね!!」だったり「野球観戦楽しみだね」だったりですね。



付加価値と聞くと、難しく聞こえるかもしれませんが、これも十分に付加価値に値します。



チケット+言葉ができれば、相手も悪い気はしないですし、当日の野球観戦はもっと楽しいものになるはずです。



こう言う気遣いができると、よりいいのではないかと思いますね。




渡す相手が恋人の時



渡す相手が恋人の場合は、言葉でもいいと思いますが、手紙の方が効果的だと思います。




イメージとしては、誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントの時を思い浮かべて見てください。




この時、プレゼントと一緒に手紙を渡したりすることが多いと思うのですが、それを野球観戦のチケットをプレゼントするときに使うと、より好感度が上がりますね。




手紙の内容に関しては、普段の感謝の気持ちを伝えればいいと思います。




チケット+手紙をすることで、通常よりも2倍、3倍喜んでくれることでしょう。



渡す相手が両親の時



渡す相手が、両親の場合も言葉がいいでしょう。




「いつもありがとう」だったり、「二人で楽しんできてね」のような言葉をかけたら喜んでくれるのではないでしょうか。



普段は、家事だったり仕事でなかなか時間が取れない両親に、気分転換の時間を与えてあげることは大事ですね。




それに加えて、これまでの感謝の言葉を告げることができたらよりいいとおもいます。



ほんの小さなことでも相手は喜んでくれます【真理】

喜ぶ



付加価値と聞くと、何か小難しいことをするのかなと言うイメージを抱かれそうですが、そんな印象はなくなったのではないかと思います。




付加価値とは、別にきっちりとしたものを作ったり、ものを追加で渡すことではないです。



手紙だったり、言葉だけでも立派な付加価値ですよね。




むしろ、手紙や言葉の方が相手により伝わり、喜んでくれるのではないかと思います。



これは、野球観戦のチケットに限らず様々なことに応用できそうですよね。




本記事を読んでいただいたことで、野球とは少しずれた話にはなりましたが、ちょっとした気配りや心遣いが大事であることを理解してもらえたら嬉しいです。




記事を読んだあなたが、野球観戦のチケットを上手くプレゼントできることを心から祈っています。



野球観戦のチケットをプレゼントしたい時に注意すべき点とは!?:まとめ

スポンサードリンク



それでは今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

今回の記事の重要POINT
  • 野球観戦のチケットを渡す際は、大きく5つの注意点がある。
  • 野球観戦のチケットを渡す前に、相手が好きor興味あるのかをリサーチする必要がある。
  • プレゼントを渡す時は、言葉や手紙のような付加価値をつけられたらもっと良くなる。



本記事では、主に野球観戦のチケットをプレゼントしたい時の注意点やその際のひと工夫について解説してきました。





野球観戦のチケットをプレゼントすることは特に問題ないのですが、果たして相手も共有できるのかどうかですよね。



つまり、相手が野球観戦が好きなら大丈夫ですが、そうでないのならもしかしたら別のプレゼントの方がいいかもですよね。



このように、野球観戦のチケットに限らずどのプレゼントでもそうですが、相手の立場に立って考えることが大事ですね。




それは記事の後半で紹介した、プレゼントを渡す際のひと工夫にも通じることですね。



プレゼントの内容を気にする事はもちろんですが、それにプラス相手に対して何ができるのかを考えられたら、きっと相手も喜んでくれるはずです。




このような心構えを持つよう心がけていきましょう。



少し話がズレてきそうなので、この辺で今回の記事は終わりです。




楽しい野球観戦ライフをお送りください。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

プロ野球観戦歴13年を迎えるベースボールライター。

そして、草野球歴9年の野球経験もあります。

ブログでは、野球ファン向けの情報や野球が上達するための有益情報(初心者向け)を発信しています。

野球ファンや野球実践初心者の方にうけるブログサイトを目指しています。

Twitterでは、阪神タイガースの情報を中心にツイートをしていて、今の日本プロ野球界をぶった切っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる