【最新版】全12球団プロ野球公式戦の視聴方法→チェック

【野球用語】スクイズとは!?その種類やバントとの違いを徹底解説!!

【野球用語】スクイズとは!?その種類やバントとの違いを徹底解説!!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
お悩みくん

・野球でよくスクイズって聞くけど、どういう意味なの!?
・スクイズとバンドの違いって具体的には何が違うの!?

 

今回の記事では、上記の2つの疑問に答えていきます。

 

野球観戦をする際に、スクイズという言葉をよく聞くことがあると思います。

 

また、スクイズはバントと同様の構え方をするため、見分けがつかないという方もいるかと思います。

 

今回の記事では、そのような方向けに記事を執筆していきます。

 

記事の本筋に入る前に、信頼性を担保すると、この記事を書いている私はプロ野球観戦歴15年を超えていて、毎年ひいきチームの試合を中心に全試合観戦しています。

 

また、本ブログでもプロ野球に関する情報を中心に320記事以上執筆しているので、信頼性はあるはず。

 

そこで、今回の記事ではスクイズについての基本知識を解説しつつ、記事の後半ではスクイズとバンドの違いをプロ野球観戦の立場から執筆していきます。

 

それでは、最後までお付き合い下さい。

 

※音声ラジオで聴きたい方は下記からどうぞ。

 

スポンサードリンク
目次

【野球用語】スクイズとはどういう意味!?

意味

 

結論から言うと、野球の戦術のひとつで、三塁ランナーをバントでホームに返していき、一点をもぎ取っていく作戦のことを言います。

 

また、スクイズは英語で「squeeze」と言い、日本語訳をすると「絞りとる」と訳せます。

 

先ほど説明した通り、スクイズは一点をもぎ取っていく戦法になります。

 

これほど、日本語訳の意味とマッチするものはないというほど、スクイズという名付けがあっていますよね。

 

余談なんですけど、受験生時代に英単語の勉強をしていて、よくsqueezeという英単語が単語帳とかに出てきました。

 

その際に、私は野球のスクイズを連想して英単語を覚えたりしていましたね。(どうでもいい😅)

 

それでは、次にスクイズの種類について解説していきます。

 

大きく3つの種類があり、具体的には下記の通りです。

 

  • スーサイドスクイズ
  • セーフティスクイズ
  • ツーランスクイズ

 

それでは、上記の3つのスクイズについて具体的に解説していきます。

 

スーサイドスクイズ

 

スーサイドスクイズとは、ピッチャーが投げ始めるのと同時に、三塁ランナーがスタートしてスクイズを決める戦法になります。

 

スーサイドとは、英語でsuicideと英訳することができ、意味は「自殺」を表しています。

 

イメージとしては、ギャンブルに近いスクイズと言っても間違い無いでしょう。

 

スーサイドスクイズは、動画のように0-0の緊迫した試合展開の時に成功することができると、チームは勝利に近づきます。

 

しかし、これが失敗してしまうと、相手チームに流れが行ってしまうので、この作戦を使う際は注意が必要ですね。

 

セーフティスクイズ

 

セーフティスクイズとは、その名の通り安全なスクイズという意味になります。

 

具体的には、打者がバントが成功したのを見て、三塁ランナーがスタートしてホームに帰るという戦法になります。

 

先ほど紹介したスーサイドスクイズよりかは、リスクがグッと下がるので、成功率の高いスクイズになります。

 

しかし、セーフティスクイズも難しいところがあって、三塁ランナーの状況判断能力が問われます。

 

スーサイドスクイズの場合は、投球動作と同時にランナーがスタートするので、状況判断はそこまでする必要はありません。(全くないわけではない)

 

しかし、セーフティスクイズの場合は、バントがしっかりと決まったか否かを判断してからスタートしなければいけないので、中途半端なバントではスタートはできません。

 

この決まるバントと決まらないバントを三塁ランナーは瞬時に見分けなければいけないので、名前の割には難易度が高めのスクイズになります。

 

ツーランスクイズ

 

ツーランスクイズは、スクイズで1点ではなく2点をもぎ取ろうという戦法になります。

 

野球観戦をしていると、よくツーランホームランって言ったりしますよね?

 

ツーランホームランとは、ランナーが1人いる状況でホームランを打ち、2点獲得することを言います。

 

そのスクイズ版だと思えば、理解しやすいかと思います。

 

動画を見ていただくと、ツーランスクイズがどんなものかを理解していただけると思います。

 

2点取られてうなだれる近江高校のナインを見ると、ツーランスクイズの恐ろしさがわかるかと思います。

 

一寸先は闇とは、よく言ったものですよね。

 

スポンサードリンク

【野球用語】スクイズとバントの違いは何なのか!?【プロ野球観戦の立場から解説】

違い

 

これは、よく疑問としてあげられたりしますよね。

 

実は、私にもこのような質問をよく受けたりもします。

 

なので、この場を借りてスクイズとバントの違いについて解説していきます。

 

結論から言うと、スクイズはバントの一種になります。

 

図に表すと、下記の通りですね。

 

バントとスクイズの関係性

 

なので、スクイズとバントはこの図から分かる通り、同列ではないです。

 

かし、全く違うわけでもないですね。

 

似ているようで似ていないと言う表現方法が一番合うのではないかと思います。

 

スクイズとバントの見た目はほぼ同じ

 

スクイズとバントについて見た目について言うと、ほとんど同じです。

 

スクイズは先ほど動画で掲載しているので、ここではセーフティバントを見てみましょう。

 

 

動画を見ていただくと分かる通り、スクイズとほとんど見た目が変わらないことがわかりますよね。

 

そもそもスクイズとは、バントをすることで1点をもぎ取っていく戦法になるので、違うはずがないですよね。

 

先ほども説明した通り、スクイズはバントという大きなくくりの中に存在する作戦です。

 

なので、見た目においてはさほど変わりはないですね。

 

見分け方はランナーが3塁にいるかどうか【例外あり】

 

では、バントとスクイズはどのように見分けたらいいでしょうか?

 

答えを言うと、三塁ランナーがいるかいないかの違いですね。

 

基本的には、三塁ランナーがいればスクイズ、いなければバントと思っていただけたらいいです。

 

しかし例外があって、三塁にランナーがいてもバントと言う時があります。

 

例えば、ランナーが一塁と三塁にいて、バントをした際に、三塁ランナーがホームに突っ込めばスクイズになります。

 

しかし、一塁ランナーを二塁に進めることを目的とするのなら、それは送りバントと言い、バントの一種に分類されます。

 

なので、三塁にランナーがいるからと言って全てがスクイズとなるわけではないです。

 

つまり、スクイズかバントかは、ランナーがどのような動きをするかによって変わってくると言うことですね。

 

【余談】個人的にスクイズの時の盛り上がりが好き

 

これは超余談になるので、聞き流してください。

 

個人的に、スクイズした瞬間の盛り上がり具合が好きですね。

 

特にプロ野球を見ていると、スクイズをするとアナウンサーの声がいつもよりもうわづっていることがわかるんですよね。

 

これを聞くと、こっちも自然と盛り上がるんですよね。

 

「試合が動くぞ!!」と言う合図を表しているかのようでいいですよね。

 

これは、少しコアすぎるネタにはなってしまうのですが、少しでも共感してくれる人がいたら嬉しいです。

 

【野球用語】スクイズとは!?その種類やバントとの違いを徹底解説!!:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • スクイズとは、バントで三塁ランナーをホームに返す戦術のことを言う。
  • バントとスクイズの違いは、三塁ランナーがいるかいないかである。
  • スクイズの種類は大きく3つある。
  • スクイズとバントの構え方はほとんど変わりがない。

 

今回の記事を読んで、スクイズについての大まかな概要がわかったと思います。

 

しかし、この記事をただ読んで理解するだけでは、野球観戦をこれまで以上に楽しむことはできませんね。

 

今よりももっと楽しむのであれば、実際にリアルタイムでプロ野球を観戦していくことが必要になります。

 

上記については、私の経験論から生まれた結論になるので、実践してみて損はないと思いますよ。

 

また本ブログでは、これからよりプロ野球観戦を楽しみたいという方を後押しする記事も執筆しています。

 

 

上記の記事を読むことで、プロ野球観戦を楽しむためのエッセンスがギッシリと詰まっているので、合わせてお読みになることをオススメします。

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球観戦ライフをお送りください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次