【最新版】全12球団プロ野球公式戦の視聴方法→チェック

【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TIの試打評価

【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TIの試打評価
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

 

こんにちは、ヒロトニン(@tiger_blog7240)です。

 

今回は、中西さんに「【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TI」の試打とレビューをお願いしました。

 

草野球歴の非常に長い事に加えて、カタリスト2TIの使用歴もあるため、こちらからご依頼させていただきました。

 

以下、Yaonakamura9さんのカタリスト2TIの試打レビューとなります。

 

 

こんばんは!野球歴12年のYaonakamura9と申します。

 

本記事でわかること

  • 【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TIのスペック 
  • 【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TIの試打評価 
  • 【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TIがおすすめの人 

 

ルイスビルスラッガーの軟式バットといえば、カタリスト2TIと言っても過言ではないですよね。

 

そして、この間ルイスビルスラッガーのカタリスト2TIのバットを試打してきました。

 

ちなみに、カタリスト2TIのデザインは下記の通り。

 

 

詳細を知りたい方は、このまま本記事を読み進めていきましょう。

 

今回の記事では、カタリスト2TIのスペックや試打レビューを解説しつつ、後半ではどのような方に向いているバットなのかについても解説していきます。

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

目次

【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TIのスペック・特徴

商品名【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TI
価格38,500円
カラーブラック×レッド
質量710g
サイズ84cm/710g
85cm/710g
素材100%パフォーマンスコンポジット

 

ルイスビルスラッガーのカタリスト2TIのスペック・特徴について紹介します。

 

ミート部分にチタンが巻かれている 

 

カタリスト2TIは、カーボン製のバットです。

 

ミート部分にチタンが巻かれていて、しなりを抑えています。

 

このしなりを抑えることで、バットの反発力を極限まで高めています。

 

使えば使うほど飛距離が伸びる

 

カタリスト2TIは、打てば打つほどカーボンが変化してトランポリン効果を生み、飛距離が伸びていきます。

 

カーボンが揉みほぐされると、カーボン本来の性能が引き出されるのが理由です。

 

デザインがかっこいい

 

このバットは、デザインがかっこいいのも特徴です。

 

最近のモデルは、白を基調としているものが多いです。

 

カーボンの部分や目立つ配色等が目を引き、近未来なデザインです。

 

アメリカらしいデザインで、実際に使用している人も「デザインがかっこいい」と評価している人も多いです。

 

昔は、ちょっと奇抜な毒々しいデザインではありましたが、最近のものは非常にスタイリッシュで、カッコいいバットが多いです。

 

【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TIの試打評価

【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TIの試打評価 

 

ここからは、私が、Yaonakamuraが実際に試打してみた感想を書いていきます。

 

  • 打感の良さ
  • 使っていくと打球がホントに伸びる 
  • しなりを利用して飛ばしたい人

 

これらについて、以下で詳しく解説していきます。

 

打感の良さ

 

打って思ったのは、カタリスト2TIは打感がいいのが印象的です。

 

カタリスト2TIは、性質がカーボンなので、打った音や打感がすごく良いです。

 

持った感じの重量感だけで判断せず、実際に振ってみて感触を確かめることをおすすめします。

 

バットには、様々な材質のバットがあるので、自分にあった打感のバットを選びましょう

 

使っていくと打球がホントに伸びる 

 

私の友人は、カタリスト2TIを買いましたが、木製バットに変えたので私が買ってすぐのバットをもらうことになりました。

 

だんだん使っていくと、打球がホントに飛ぶようになりました。

 

今でも覚えているのが、購入して間もない時にいい感じに打てた打球が、フェンスワンバウンドで当たります。

 

この時の打感を覚えていて、3か月後の試合で同じような打感で打った打球が、なんとフェンス直撃で当たったのです。

 

ホントに使っていくと、カーボンが変化してトランポリン効果を生み、飛距離が伸びていくんだと感じました。

 

なので、買ってすぐに合わないといってバットを変えるのではなく、何日か使うのをおすすめします。

 

バットのしなりが良い

 

しなりを利用して飛ばしたい人には、非常に良いバットです。

 

カタリスト2TIは、グリップ付近の根本が硬く、グリップより上の部分柔らかくなっています。

 

この硬度の差がしなりを生み出します。

 

このしなりが、バットにボールを乗せるようにして反発するため、大きな飛距離を生むことにつながります。

 

もし、あなたが長打力を欲しているのであれば、ぜひ使って欲しいバットですね。

 

ここまでを読んで、カタリスト2TIを使ってみたいという方や、草野球で活躍したいという方は、下記のリンクからどうぞ。

 

【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TIがおすすめの人

【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TIがおすすめの人

 

結論から言うと、大きく3つあります。

 

具体的には、下記の通り。

 

  • 長期的に同じバットを使う人 
  • カーボン製が好きな人 
  • カッコよさを重視したい人 

 

それでは、上記の3つを深堀りしていきます。

 

長期的に同じバットを使う人

 

先ほどもいいましたが、カタリスト2TIは、さらに打てば打つほどカーボンが変化します。

 

そして、その変化がトランポリン効果を生みだし、飛距離が伸びていきます。

 

なので、長期的に使うと、カーボンが揉みほぐされてカーボン本来の性能が引き出されるので打球が飛びます。

 

バットをすぐコロコロ変える人より、買ったバットを長く使う人におすすめです。

 

カーボン製のバットが好きな人 

 

カタリスト2TIは、カーボン製なので、カーボン製が好きな人におすすめです。

 

実際にカーボン製のバットを使っている人で、カタリスト2TIの打感がいいと評価している人が私の周りには多いです。

 

絶対カーボン製のバットしか使いたくないという人に、ぜひ使って欲しいバットですね。

 

カッコよさを重視したい人 

 

カッコよさを重視している人に、このバットはおすすめです。カタリスト2TIは、ルイスビルスラッガー社が作っているバットです。

 

この会社は、100年以上の歴史があるアメリカの会社で、今でもMLBの選手が使用しているバットを製造しています。

 

アメリカの会社が作っているので日本製のものより、デザインがカッコいいです。

 

カッコいいバットを持って、周りの人にチヤホヤされたい人にもおすすめです。

 

【ルイスビルスラッガー】カタリスト2TIの試打評価:まとめ

 

それでは、今回の記事の重要ポイントを改めてまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • 使っていくとカーボンが変化して飛距離が伸びる 
  • グリップ付近の根本は硬く、グリップより上はやや柔らかいので、しなりを生み出します。

 

カタリスト2TIは、長期的にバットを利用したい方におすすめのバットです。

 

このバットは、カーボンが揉みほぐされると本来の性能が引き出せます。

 

また、打てば打つほどカーボンが変化するので、トランポリン効果を生みだして大きな打球を飛ばせるバットです。

 

なので、長期的にバットを使う人にもおすすめのバットです。

 

ぜひ実際にバットを使ってみて、打球の変化を感じてください!

 

本記事を読んで興味を持った方や実際に手にとってみたい方は下記のリンクから購入をどうぞ。

 

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球ライフをお送りください。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次