≫【最新版】おすすめのプロ野球ネット中継サービスはこちら

ウィルソングローブの評判・特徴・種類まとめ!おすすめも紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。
ウィルソングローブの評判・特徴・種類まとめ!おすすめも紹介!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
お悩みくん

今度ウィルソンのグローブを購入しようとしているのですが、種類が多すぎてわかりません。どのグローブがおすすめでしょうか?

 

今回の記事では、このような疑問に答えていきます。

 

本記事でわかること

  • ウィルソングローブの特徴
  • ウィルソングローブの種類・グレード・ランク
  • ウィルソングローブのよくない評判・口コミ
  • ウィルソングローブのいい評判・口コミ
  • ウィルソングローブおすすめ4選

 

今回の記事では、ウィルソングローブの特徴・グレード・評判などを解説しつつ、後半ではおすすめのウィルソングローブを4つ紹介していきます。

 

記事の本筋に入る前、私の自己紹介しておきましょう。

 

信頼性の担保

  • 草野球歴9年
  • Twitterフォロワー数4000人超
  • 月刊閲覧数は100000PV超(上位1%代)

 

それでは、記事の最後までお付き合いください。

 

スポンサードリンク
目次

ウィルソングローブの特徴

ウィルソングローブの特徴

 

ウィルソンは、アメリカに本社を置くスポーツメーカーです。

 

テニスやバスケットボールなどといった数々のスポーツ用品を製作していて、野球用品においても有名なスポーツメーカーになります。

 

ウィルソンの野球グローブに関しては、アメリカに本社を置いているメーカーであることから、古くからメジャーリーガーの間で愛用されています。

 

また、後述しますが、ウィルソンのグローブは5種類あるうちの上位グレードの3種類は日本製のグローブになります。

 

そのため、日本製のグラブがメジャーリーガーの間で使われていることも多いです。

 

日本の野球グローブの製造技術は非常に高いので、ウィルソングローブの中でも上位3種のグレードはさらに高品質と言えます。

 

ウィルソングローブのサイズ

3J4J5J
大きさ27.0cm27.5cm28.0cm
少年野球用のサイズ
サイズ5サイズ6サイズ7サイズ8サイズ9〜12
大きさ28.0cm28.5cm29.0cm29.5cm30.0cm〜
一般用のサイズ

 

ウィルソンの野球グローブは、少年野球用と一般用(中学生〜大人)に分けられています。

 

グローブ選びにおいてサイズは非常に大事なので、自分に合ったサイズを慎重に選ぶ必要があります。

 

必要があれば、事前にグローブをはめてみてフィットするかどうかを確認するといいでしょう。

 

ウィルソングローブの種類・シリーズ

ウィルソングローブの種類・シリーズ

 

主なウィルソングローブの種類・シリーズは以下の通り。

 

  • Wilson Staff DUAL (ウイルソンスタッフ デュアル)
  • Wilson Staff(ウイルソンスタッフ)
  • The Wannabe Hero(ワナビーヒーロー)
  • BASIC LAB (ベーシックラボ)
  • EZC(イージーキャッチ)

 

それでは、上記の5つを深掘りしていきます

 

Wilson Staff DUAL (ウイルソンスタッフ デュアル)

シリーズ名Wilson Staff DUAL (ウイルソンスタッフ デュアル)
価格3万円台~6万円台
種類
操作性
耐久性
Wilson Staff DUAL (ウイルソンスタッフ デュアル)の特徴

 

ウィルソングローブの最上級グレードに位置するのが、この「Wilson Staff DUAL (ウイルソンスタッフ デュアル)シリーズ」です。

 

他のグローブにはない特徴の1つが、デュアル構造になります。

 

デュアル構造については、以下の動画がわかりやすいので、参考にしてみてください。

 

 

要するに、従来のグローブには指部分の背面に1本線が入っているのですが、ウイルソンスタッフデュアルシリーズのグラブには2本入っています。

 

これによって、グローブ全体の形状がラウンド型(球型)になり、捕球域の拡大と捕球からスローイングまでの安定性の向上が実現可能です。

 

「少し自分は球際が弱いな」と思うような方におすすめのグローブです。

 

Wilson Staff(ウイルソンスタッフ)

シリーズ名Wilson Staff(ウイルソンスタッフ)
価格3万円台~6万円台
種類
操作性
耐久性
Wilson Staff(ウイルソンスタッフ)シリーズの特徴

 

Wilson Staff(ウイルソンスタッフ)は、ウィルソングローブの中でも非常に人気のシリーズになります。

 

一番の特徴は、各ポジションごとに使われている素材や設計がそれぞれ異なるところです。

 

例えば、ピッチャー用とキャッチャー用でグローブの役割が違うと思います。

 

ピッチャー用であれば投げることに特化したグローブ。

 

キャッチャー用であれば、ボールを捕ることに特化したグローブといった感じ。

 

適材適所に合わせた素材と設計を各グローブに施し、丁寧に日本のグローブ職人さんが作っています。

 

とにかく、手につけた時のフィット感は段違いですね。

 

BASIC LAB (ベーシックラボ)

シリーズ名BASIC LAB (ベーシックラボ)
価格2万円台~3万円台
種類
操作性
耐久性
BASIC LAB (ベーシックラボ)の特徴

 

BASIC LAB (ベーシックラボ)は、トレンドや奇抜さ、個性などを排除して、使いやすさのみを追求したグローブになります。

 

グレードとしては、ウィルソングローブの中でも中級に位置するグローブで、ベーシックの極みみたいなグローブと思っていただいて問題ありません。

 

ベーシックとはいえ、各部分にしっかりとした素材と技術が施されているため、品質と機能面は担保されています。

 

価格も上位グレードと比較すると、安価に設定されているので、上級グレードには手が届かないけど、ウィルソンのグローブを使いたい方におすすめです。

 

The Wannabe Hero(ワナビーヒーロー)

シリーズ名The Wannabe Hero(ワナビーヒーロー)
価格2万円台~3万円台
種類
操作性
耐久性
三方親シリーズの特徴

 

The Wannabe Hero(ワナビーヒーロー)は、デュアル構造とオーダーグラブのようなデザインを掛け合わせたオリジナリティ溢れるグローブになります。

 

機能面に関しては、最上級グレードのウィルソンスタッフデュアルシリーズを受け継いでいるため、申し分なし。

 

デザインに関しては、すこし派手目な印象と言えるでしょう。

 

機能面とデザイン面を追求したい方におすすめですが、取り扱いが軟式のみであることと公式戦で使用できないことの2点は注意が必要です。

 

草野球用として使用するのがベストですね。

 

EZC(イージーキャッチ)

シリーズ名EZC(イージーキャッチ)
価格1万円台~2万円台
種類
操作性
耐久性
三方親シリーズの特徴

 

EZC(イージーキャッチ)は、ウィルソングローブの中でも主に初心者向けに作られたグローブです。

 

種類も豊富で、軟式用と硬式用、少年野球用と一般用、そしてポジション別といった感じで、ニーズに合わせて選ぶことができます。

 

初心者の方はまずイージーキャッチシリーズを使ってみるのがいいですね。

 

ウィルソングローブの評判・口コミ

ウィルソングローブの評判・口コミ

 

ここでは、ウィルソングローブの評判・口コミを紹介していきます。

 

ウィルソングローブの悪い評判・口コミ

 

全体的にウィルソンのグローブに関する悪い口コミ・評判はありませんでした。

 

ただ、やはりコスト面で「高くて手が出ない」といった声がいくつかありました。

 

無理して購入するのではなく、財布と相談したり、今自分に絶対必要なのかどうかを検討して購入することが大事ですね。

 

ウィルソングローブの良い評判・口コミ

 

まとめると、以下の通り

 

  • 多くのプロ野球選手が使っている
  • 球際に強い
  • デザインがかっこいい

 

多くのメジャーリーガーや日本人プロ野球選手が使っているメーカーなので、憧れを感じて購入する人が多い感じです。

 

また、機能面も申し分なく、打球速度の速い打球であったり、球際のプレーでもウィルソンのグローブであれば、しっかりとアシストしてくれる部分も好評なポイントの1つかなと思います。

 

スポンサードリンク

【軟式&硬式用】ウィルソングローブおすすめ4選

【軟式&硬式用】ウィルソングローブおすすめ4選

 

ウィルソンでおすすめのグローブは以下の4つです。

 

  • ウィルソンスタッフ デュアル
  • ワナビーヒーローデュアル
  • ベーシックラボ デュアル
  • イージーキャッチ

 

それでは、上記の4つを深掘りしていきます。

 

ウィルソンスタッフ デュアル

 

ウィルソングローブの最上級グレードに位置するグローブです。

 

デュアル構造を採用することで、手のフィット感と球際に対する強さの向上を実現してくれます。

 

個人的には最推し商品です。

 

 

The Wannabe Hero DUAL(ワナビー ヒーロー デュアル)

 

最上級グレードで設計されているデュアル構造と独特なデザインを掛け合わせたグローブです。

 

気持ち一回りぐらい小さいですが、操作性が高く、ポケットが深い分補給もしやすいモデルとなっています。

 

上級グレードよりも値段が安価なので、コスパを求めるのであれば、ワナビーヒーローシリーズですね。

 

 

ベーシックラボ デュアル

 

ウィルソングローブの中でも、中級グレードに位置するグローブで、使いやすさのみを追求したグローブになります。

 

ベーシックという名前がついているものの、各部分にしっかりとした素材と技術が施されているため、品質と機能面は申し分なし。

 

「誰にとっても使いやすいグラブ」というポリシーのもと作られたグローブなので、万人受け間違いなしです。

 

イージーキャッチ

 

イージキャッチシリーズは、入門用のウィルソングローブという位置付けで、初心者向けのグローブになります。

 

これから、野球を始めるお子様や最初どのグローブを選べば良いかわからない方におすすめのグローブです。

 

 

ウィルソングローブの評判・特徴・種類まとめ!おすすめも紹介!:まとめ

スポンサードリンク

 

それでは、今回の記事の重要POINTをまとめていきます。

 

今回の記事の重要POINT
  • ウィルソングローブは幅広い年代で使用されている人気商品でプロの間でもよく使われている
  • ウィルソングローブの種類・グレードは、全部で5つ存在
  • ウィルソングローブの評判は個人差はあるものの、好評な感じが伺える

 

当サイト(プロ野球観戦の巣)では、本記事のように草野球をする上で知っておきたい知識、ノウハウ、野球用具情報を発信しておりますので、ぜひお読みください。

 

それでは、今回の記事はここまでにしたいと思います。

 

楽しい野球ライフをお送りください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
ヒロトニン
野球ブロガー
野球ブロガーのヒロトニンです。
実績は以下の通り。

・Twitterフォロワー数4000人超
・当サイト(プロ野球観戦の巣)総閲覧回数200万回超
・月間平均10万アクセス

当サイトでは、プロ野球観戦を10倍楽しくする方法や草野球初心者が走攻守の面で上達することをテーマに試筆しています。好きな球団は、阪神タイガースです。
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次